前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • ドリームシグナル

    ドリームシグナルから見たホクトスルタンホクトスルタン

    ドリームシグナル () は日本中央競馬会に登録されていた元競走馬である。半兄にホクトスルタン、近親にローゼンカバリーがいる。馬名の由来は冠名の「ドリーム」と両親の名前からの連想で熱い走りの信号を伝えたいを意味する「シグナル」が由来となっている。ドリームシグナル フレッシュアイペディアより)

  • 第68回菊花賞

    第68回菊花賞から見たホクトスルタンホクトスルタン

    前年の2歳王者のドリームジャーニー、第74回東京優駿2着のアサクサキングス、第67回皐月賞を制したヴィクトリー、第41回共同通信杯など重賞3勝を制したフサイチホウオー、第14回青葉賞を制したヒラボクロイヤル、第55回京都新聞杯を制したタスカータソルテ、当年の阿寒湖特別を制したホクトスルタンなどは、後述の第55回神戸新聞杯を経て本競走に出走。第68回菊花賞 フレッシュアイペディアより)

  • 庄野靖志

    庄野靖志から見たホクトスルタンホクトスルタン

    2006年に調教師免許を取得。翌2007年に自身の厩舎を開業した。管理馬初出走は重賞の中京記念で、伊藤雄二厩舎から引き継いだマチカネオーラであった(5着)。同6月2日にハリーコマンドが初勝利を挙げた。翌2008年、前年に加藤和宏厩舎から転厩してきたホクトスルタンが目黒記念を制し、管理馬の重賞初勝利を挙げた。2010年には、デビューから管理していたサマーウインドがJBCスプリントを制し、開業4年目でGI級(Jpn1)競走初制覇を果たしている。庄野靖志 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマニンメルベイユ

    ヤマニンメルベイユから見たホクトスルタンホクトスルタン

    2008年3月16日の中山牝馬ステークスを制した日は、父のメジロマックイーンが菊花賞を制していたときに騎乗していた騎手の内田浩一が騎手として最後の騎乗日でもあった。さらに中山牝馬ステークスの前レースである第10レースのサンシャインステークスも同じくメジロマックイーンを父にもつホクトスルタンが制していた。ヤマニンメルベイユ フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見たホクトスルタンホクトスルタン

    2008年の春には復帰してメトロポリタンステークスを6馬身差で圧勝。続く目黒記念はホクトスルタンの2着に入り、その後宝塚記念に出走。3番人気に支持されたが10着に敗れた。秋は京都大賞典から始動。重賞未勝利馬ながら1番人気に推されたが、5着に敗れた。続くアルゼンチン共和国杯でも1番人気に支持されたがトップハンデの58kgの影響もあってか直線伸びきれず3着に敗れた。その後、ジャパンカップへ出走を予定していたが、重賞勝利馬か、過去1年のGIで3着以内に入っていなければ出走できないため直前になって回避した。次走の有馬記念はオリビエ・ペリエとのコンビで出走したが、6着に敗れた。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • 馬なり1ハロン劇場

    馬なり1ハロン劇場から見たホクトスルタンホクトスルタン

    地味で自己主張の少ないのんびり屋。彼いわく「長距離それは『忍耐』」。夢は親子4代の天皇賞制覇を、できれば芦毛の子供で達成すること。生前芦毛の子・ホクトスルタンに英才教育を施しており、希望の種となっていた。馬なり1ハロン劇場 フレッシュアイペディアより)

  • メジロマックイーン

    メジロマックイーンから見たホクトスルタンホクトスルタン

    先に初年度産駒がデビューしたメジロライアンがGI優勝馬を2頭出し、マックイーンにも同様の期待が寄せられた。しかし、初年度産駒にクイーンカップ優勝、エリザベス女王杯3着などの成績を残したエイダイクイン(母ユキノサンライズ)を出したものの、以降は散発的に重賞勝利馬を出すに留まり、当初の期待度ほどの成績は収めていない。2012年10月にホクトスルタンが予後不良となり登録を抹消されたことで、JRAに登録しているメジロマックイーン産駒はいなくなった。メジロマックイーン フレッシュアイペディアより)

  • アサクサキングス

    アサクサキングスから見たホクトスルタンホクトスルタン

    秋に入り菊花賞へと駒を進めた同馬はダービー・神戸新聞杯の内容を買われ4番人気と支持を集め出走。先頭集団の様子を伺う形で5番手あたりにつけると、直線に向いてからは粘るホクトスルタンを交わし、後ろから追い込んでくるアルナスラインとの競り合いを制し、GIタイトルを獲得。この勝利のほか日本ダービー2着という実績、また同年のNHKマイルカップと日本ダービーは牝馬が優勝したことから、JRA賞最優秀3歳牡馬に選出されている。アサクサキングス フレッシュアイペディアより)

  • アイポッパー

    アイポッパーから見たホクトスルタンホクトスルタン

    2008年の京都記念で復帰するが最下位の16着に終わった。続く阪神大賞典では一変し、アドマイヤジュピタの2着に入った。4度目の挑戦となった天皇賞(春)では11着と惨敗したものの、続く目黒記念はトップハンデを背負いながらホクトスルタンの5着に健闘した。夏場はノーザンファームでリフレッシュ放牧、9月16日に栗東に帰厩した。迎えた秋初戦、京都大賞典では内から伸びて3着に入った。その後香港ヴァーズ、香港カップの予備登録を行ったが左後脚の裂蹄が悪化したことから回避した。左後脚の裂蹄は回復したものの負担がかかっていた両前脚の蹄を痛め、さらにそれを庇って右後脚の蹄を痛めることとなった。その後療養のため山元トレーニングセンターへ放牧に出されたが右後脚は重度の蹄葉炎を発症しており、さらに左後脚にも蹄葉炎を発症し起立不能の状態に陥った。引退が決まった矢先の11月26日、回復の見込みがないとして安楽死の措置が採られ、同日付で競走馬登録を抹消された。アイポッパー フレッシュアイペディアより)

  • 内田浩一

    内田浩一から見たホクトスルタンホクトスルタン

    2008年3月16日の騎手最終騎乗日に中山競馬場で、かつて内田自らが騎乗し菊花賞を制したメジロマックイーンの産駒であるホクトスルタンがサンシャインステークス(1600万下)を制し、同じくメジロマックイーンの産駒であるヤマニンメルベイユが中山牝馬ステークス (GIII) を制し、一部マスコミでは当日を「マックイーン・デー」と称した。内田浩一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「ホクトスルタン」のニューストピックワード