1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • 2012年の日本競馬

    2012年の日本競馬から見たホクトスルタンホクトスルタン

    10月7日 - ホクトスルタン(2008年目黒記念優勝馬)2012年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 阿寒湖特別

    阿寒湖特別から見たホクトスルタンホクトスルタン

    その後も不思議と本競走を優勝した3歳馬から活躍馬が出ており、マンハッタンカフェとファインモーションがGIに勝ち、ホクトスルタンとスマートロビンはともに翌年の目黒記念を制している。8月終わりの芝長距離戦である。阿寒湖特別 フレッシュアイペディアより)

  • サンデーサイレンス

    サンデーサイレンスから見たホクトスルタンホクトスルタン

    ホクトスルタン:目黒記念(父メジロマックイーン)サンデーサイレンス フレッシュアイペディアより)

  • 馬なり1ハロン劇場

    馬なり1ハロン劇場から見たホクトスルタンホクトスルタン

    地味で自己主張の少ないのんびり屋。彼いわく「長距離それは『忍耐』」。夢は親子4代の天皇賞制覇を、できれば芦毛の子供で達成すること。生前芦毛の子・ホクトスルタンに英才教育を施しており、希望の種となっていた。馬なり1ハロン劇場 フレッシュアイペディアより)

  • メジロマックイーン

    メジロマックイーンから見たホクトスルタンホクトスルタン

    先に初年度産駒がデビューしたメジロライアンがGI優勝馬を2頭出し、マックイーンにも同様の期待が寄せられた。しかし、初年度産駒にクイーンカップ優勝、エリザベス女王杯3着などの成績を残したエイダイクイン(母ユキノサンライズ)を出したものの、以降は散発的に重賞勝利馬を出すに留まり、当初の期待度ほどの成績は収めていない。2012年10月にホクトスルタンが予後不良となり登録を抹消されたことで、JRAに登録しているメジロマックイーン産駒はいなくなった。メジロマックイーン フレッシュアイペディアより)

  • トウカイトリック

    トウカイトリックから見たホクトスルタンホクトスルタン

    2010年は万葉ステークスから始動。中団待機から最後の直線で先頭に立つと後方から追い込んできたモンテクリスエスの追撃をクビ差振り切り2年ぶりに同競走を制覇した。続くダイヤモンドステークスでは中団のやや後ろからレースを進め、最後の直線で脚を伸ばすものの5着に敗れた。阪神大賞典ではホクトスルタンが逃げてレースの流れを作る中、後方待機策から直線に出たときには先頭から5番手の位置であったが、そこから差し脚が伸び、ゴール前で1番人気のメイショウベルーガなどを交わして1着となった。なお、この勝利は転厩した野中賢二にとって初の重賞勝ちとなった。5年連続での出走となった天皇賞(春)では後方追走も2周目4コーナーでトーセンクラウンに進路を妨害され、直線では伸びず9着に敗れた。放牧のあと、メルボルンカップの斤量が54.5kgと発表され、コーフィールドカップをステップに挑戦を決定し、オーストラリアに出発した。ステップレースのコーフィールドカップでは道悪馬場に苦しみ12着と大敗を喫した。本番のメルボルンカップでは中団を追走し、直線入り口で最内をついて一旦は先頭に抜け出すも残り200mで失速し12着に敗れた。トウカイトリック フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示