前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た藤田伸二

    2月5日に放牧先から帰厩し、3月28日の日経賞で復帰。中間10本の調教で乗り込まれたが放牧中に緩んだ体を十分に立て直すまでに至らず休み明けながら前走比-8kgの馬体減、鞍上乗替りの藤田伸二騎手で果敢に逃げの戦法を取るも、やはり本調子ではなく10着に敗れた。続く5月3日の天皇賞・春では小牧太騎手に乗り替って出走。道中は2番手から競馬を進め、3コーナー付近で一旦先頭に立つも直線で失速、15着という結果に終わった。その後、連覇を懸けて挑んだ5月31日の目黒記念に2番人気で出走。レースでは2番手で進み、最後の直線で一旦先頭に立つも失速し9着に敗れた。その後、休養を挟んで9月6日の札幌日経オープンに1番人気で出走。スタートからハナを奪って逃げるも最後の直線で後続馬に捕らえられ4着に敗れた。続く10月17日のアイルランドトロフィーでは2番手追走も直線で後退し8着に終わった。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た小牧太

    2月5日に放牧先から帰厩し、3月28日の日経賞で復帰。中間10本の調教で乗り込まれたが放牧中に緩んだ体を十分に立て直すまでに至らず休み明けながら前走比-8kgの馬体減、鞍上乗替りの藤田伸二騎手で果敢に逃げの戦法を取るも、やはり本調子ではなく10着に敗れた。続く5月3日の天皇賞・春では小牧太騎手に乗り替って出走。道中は2番手から競馬を進め、3コーナー付近で一旦先頭に立つも直線で失速、15着という結果に終わった。その後、連覇を懸けて挑んだ5月31日の目黒記念に2番人気で出走。レースでは2番手で進み、最後の直線で一旦先頭に立つも失速し9着に敗れた。その後、休養を挟んで9月6日の札幌日経オープンに1番人気で出走。スタートからハナを奪って逃げるも最後の直線で後続馬に捕らえられ4着に敗れた。続く10月17日のアイルランドトロフィーでは2番手追走も直線で後退し8着に終わった。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た内田浩一

    2008年3月16日のサンシャインステークスを制した日は、父のメジロマックイーンが菊花賞を制していたときに騎乗していた騎手の内田浩一が騎手として最後の騎乗日でもあった。さらにサンシャインステークスの次レースである第11レースの中山牝馬ステークス (GIII) も同じくメジロマックイーンを父にもつヤマニンメルベイユが制した。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見たブエナビスタ (競走馬)

    2月20日の京都記念から始動。いつも通りの逃げで他馬を引っ張る展開になったが、直線でブエナビスタに捕らえられるものの4着に入った。続く阪神大賞典でも軽快に逃げるも最後の直線で後続馬に捕らえられ5着に敗れた。その後、天皇賞(春)に出走登録を行っていたが除外され、5月9日の都大路ステークスに出走。レースでは終始2番手で進めたが、逃げるシルポートを捉えることができず3着に敗れた。一息入れて8月7日のみなみ北海道ステークスでは果敢に逃げたが最後の直線で中団から脚を伸ばしてきたトウカイメロディにかわされ2着に敗れた。続く9月5日の札幌日経オープンでも前走同様のレース内容でまたしても2着に敗れた。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見たアドマイヤジュピタ

    古馬初戦は3月16日のサンシャインステークス(4歳上1600万下)であった。これをあっさりと逃げ切り、6馬身差の圧勝をおさめる。次走にはメジロアサマから続く天皇賞父子4代制覇のかかる、天皇賞(春)を選択。血統背景から話題を集め、オープンレースの勝ち鞍が無いにも関わらず、6番人気に推された。レースでも逃げ粘ったものの、アドマイヤジュピタの4着に敗れた。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た競走馬

    ホクトスルタンは日本の競走馬。おもな勝ち鞍は2008年の目黒記念。馬名の由来は「北斗+君主」。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た菊花賞

    次走の菊花賞では逃げの手を打ち、直線で粘ったものの、最後は後続に捕まりアサクサキングスからコンマ6秒差の6着に終わった。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た天皇賞

    古馬初戦は3月16日のサンシャインステークス(4歳上1600万下)であった。これをあっさりと逃げ切り、6馬身差の圧勝をおさめる。次走にはメジロアサマから続く天皇賞父子4代制覇のかかる、天皇賞(春)を選択。血統背景から話題を集め、オープンレースの勝ち鞍が無いにも関わらず、6番人気に推された。レースでも逃げ粘ったものの、アドマイヤジュピタの4着に敗れた。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た競走馬の血統

    半弟にシンザン記念を制したドリームシグナル、おじに若葉ステークス勝ちがあるダイイチダンヒルがいる。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た青葉賞

    そして、ダービートライアルの青葉賞 (JpnII) に挑戦するも12着に終わった。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示