1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見たメジロティターン

    上記の通り、ホクトスルタンにはメジロアサマ?メジロティターン?メジロマックイーンに続き、親子四代天皇賞制覇という偉業が掛けられていた。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た日本

    ホクトスルタンは日本の競走馬。おもな勝ち鞍は2008年の目黒記念。馬名の由来は「北斗+君主」。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た朝日チャレンジカップ

    2011年7月31日の小倉記念で復帰。道中は1000m通過57秒1のハイペースで他馬を引っ張る展開になったが直線で失速して17着という結果に終わった。続く9月10日の朝日チャレンジカップではスタートからハナを奪って逃げるも失速し9着、アイルランドトロフィーでは2番手追走も8着に敗れた。パラダイスステークスでは14着と殿負けに終わった。ディセンバーステークスではいつも通りの逃げで他馬を引っ張ったが失速し14着に敗れた。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た予後不良 (競馬)

    2012年5月5日の障害未勝利戦に1番人気で出走、先行するも直線で失速し8着に敗れた。7月14日の障害未勝利戦は先行して3着に粘る。8月4日の障害未勝利戦は先行するもいっぱいになり5着。10月7日の障害未勝利戦は逃げるも左第1指関節脱臼を発症し10着。予後不良となった。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見たヤマニンメルベイユ

    2008年3月16日のサンシャインステークスを制した日は、父のメジロマックイーンが菊花賞を制していたときに騎乗していた騎手の内田浩一が騎手として最後の騎乗日でもあった。さらにサンシャインステークスの次レースである第11レースの中山牝馬ステークス (GIII) も同じくメジロマックイーンを父にもつヤマニンメルベイユが制した。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た若葉ステークス

    半弟にシンザン記念を制したドリームシグナル、おじに若葉ステークス勝ちがあるダイイチダンヒルがいる。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た中山牝馬ステークス

    2008年3月16日のサンシャインステークスを制した日は、父のメジロマックイーンが菊花賞を制していたときに騎乗していた騎手の内田浩一が騎手として最後の騎乗日でもあった。さらにサンシャインステークスの次レースである第11レースの中山牝馬ステークス (GIII) も同じくメジロマックイーンを父にもつヤマニンメルベイユが制した。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見た阿寒湖特別

    その後、福島市制施行100周年記念(3歳上1000万下)をクランエンブレムの2着に惜敗した後、それまでの加藤和宏厩舎(美浦)から庄野靖志厩舎(栗東)に転厩した。転厩初戦として出世レースといわれている阿寒湖特別(3歳上1000万下)に出走して勝利し、2戦で1000万下を勝ち上がった。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

  • ホクトスルタン

    ホクトスルタンから見たアサクサキングス

    次走の菊花賞では逃げの手を打ち、直線で粘ったものの、最後は後続に捕まりアサクサキングスからコンマ6秒差の6着に終わった。ホクトスルタン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「ホクトスルタン」のニューストピックワード