前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • 後藤武敏

    後藤武敏から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    ホセ・フェルナンデスの開幕出遅れでチャンスが巡ってきたが、それを生かせなかった。しかし二軍では打率.362・58打点で二冠、出塁率.464・長打率.580を合わせて4冠を獲得、優秀選手を受賞した。このことから「二軍の帝王」と呼ばれ、この成績にも関わらず、一軍には石井義人が首位打者に立つなど好調だったこともあり、なかなか昇格できず25試合・打率.205に留まり、8度の守備機会で4失策してしまった。9月24日の対ソフトバンク戦で、三瀬幸司から人生初となる逆転サヨナラ適時打を放ち、チームの24年連続Aクラスを決定させた。後藤武敏 フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ラロッカ

    グレッグ・ラロッカから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    、ラロッカ側が大幅減俸の条件を飲み、1月28日に契約に合意。楽天からホセ・フェルナンデスの加入をうけ、チームの構想は二塁手だったが、開幕後は主に三塁手で出場。本拠地開幕戦である4月10日の対ロッテ戦では、清水直行・松本幸大・川崎雄介から自身3年ぶりに3打席連続本塁打を記録した(同日、阪神の金本知憲も3打席連続本塁打を放っている)。故障で離脱したアレックス・カブレラとタフィ・ローズ、不調のフェルナンデスの穴を埋め、一時は4番も任され、チーム最多の12本塁打を放つなど活躍を見せていた。だが、7月28日の対ソフトバンク戦で、プロ野球史上13人目となる100個目の死球を森福允彦から受けて右手を骨折し、残りシーズンを棒に振った。骨折でチームを離れたこともあり、翌年の去就は微妙だったが、推定年俸2700万円と格安なことからチームに残すことに支障はないと判断され、残留となった。グレッグ・ラロッカ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・セギノール

    フェルナンド・セギノールから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    ホセ・フェルナンデス(楽天でチームメイト)とは非常に交友が深い。フェルナンド・セギノール フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    西武・松坂大輔、日本ハム・金村曉の両エースの先発で始まったが3回裏、一死満塁からカブレラが左中間に走者一掃の二塁打を放ち3点を先制した。しかし4回表日本ハムは小笠原道大の三点本塁打ですぐに同点に追いついた。6回裏に西武はフェルナンデスが勝ち越し本塁打を放つが7回表に日本ハムはセギノールが同点本塁打を放ち、再び同点とした。7回裏、西武は佐藤友亮の本塁打で勝ち越すとフェルナンデスの満塁本塁打、細川亨の本塁打で6点を奪い試合を決めた。8回表に日本ハムは3点を返すものの9回は西武のクローザー・豊田清が締め、第1戦をものにした。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • ビッグボーイズ打線

    ビッグボーイズ打線から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    翌2009年には、東北楽天ゴールデンイーグルスを自由契約になったホセ・フェルナンデスを獲得。ローズ、カブレラ、ラロッカとあわせた4人の外国人選手の通算本塁打が1014発(2008年終了時点)という超重量カルテットが結成され、「」と呼ばれた。3月17日の北海道日本ハムファイターズとのオープン戦では、豊島明好から1イニングに4人全員がホームランを放ち、期待通りの破壊力を見せ付けた。しかし、カブレラが4月23日の埼玉西武ライオンズ戦で骨折。その後、ローズが5月13日の西武戦、ラロッカが7月28日の福岡ソフトバンクホークス戦、フェルナンデスが9月13日の西武戦と、次々に骨折して長期離脱。結局、チームは6位に逆戻りしてしまう。ビッグボーイズ打線 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・バレント

    エリック・バレントから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    楽天時代、同僚のホセ・フェルナンデスに、Mr.ビーンに似ているという理由で「ビーン」というあだ名を付けられた。エリック・バレント フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・バイナム

    フレディ・バイナムから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    2010年3月、オリックス・バファローズに入団。背番号は清原和博が引退して1年間空き番となっていた「5」。成績不振で解雇されたホセ・フェルナンデスと交渉決裂で退団したタフィ・ローズの後釜としてアーロム・バルディリスと共に期待された。開幕当初は主に代走要員として一軍に帯同。4月27日の対日本ハム戦で、前の試合で敗戦に繋がる痛恨の失策を犯した後藤光尊に替わって、二塁手として来日初スタメンを果たす。ところが、皮肉にも5回裏に痛恨のタイムリーエラーを犯し、そのまま決勝点となり試合も0-1で敗れた。また、5月3日のソフトバンク戦で、同点で迎えた6回裏の無死満塁の好機で代打で起用されるも、1球も振らず見逃し三振に終わり、翌日に二軍降格。チームのBクラスが決定した後、9月28日に一軍昇格を果たし、残りの3試合でスタメン出場を果たした。しかし、公式戦最終試合となった10月1日の対ロッテ戦で、初回に逆転を許す致命的な失策を犯した。最終打席では内野ゴロながら来日初打点を記録するも、結局は4-5と敗れた。この試合に敗れた事で、ロッテのクライマックス・シリーズ進出が決定した。フレディ・バイナム フレッシュアイペディアより)

  • 故意落球

    故意落球から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    9回表、ダイエーの攻撃。一死一・二塁の場面で打者の荒金久雄は三塁方向にライナーを打った。ホセ・フェルナンデス三塁手はこのライナーをグラブに当てて落とすと、すぐに拾って三塁を踏み、一塁に送球した。だがこの一塁送球は手前でバウンドし、アレックス・カブレラ一塁手がこれを確捕する前に荒金は一塁に到達した。この後、ダイエー側から「故意落球ではないか」と指摘があり、審判員もこれを認め、打者荒金がアウトとなって、二死一・二塁から試合が再開された。故意落球 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井忠晴

    酒井忠晴から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    、遊撃手、三塁手、二塁手の3つのポジションでレギュラーとして活躍した。しかし翌年のは、主砲ホセ・フェルナンデスの加入と若手主体へのチーム方針の転換により出番が激減。目立った衰えの無いまま、同年オフに戦力外通告を球団から受け、プロ野球からの引退を表明した。酒井忠晴 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    ホセ・フェルナンデス(ファーストステージ)2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示

「ホセ・フェルナンデス」のニューストピックワード