前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示
  • グレッグ・ラロッカ

    グレッグ・ラロッカから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    、ラロッカ側が大幅減俸の条件を飲み、1月28日に契約に合意。楽天からホセ・フェルナンデスの加入をうけ、チームの構想は二塁手だったが、開幕後は主に三塁手で出場。本拠地開幕戦である4月10日の対ロッテ戦では、清水直行・松本幸大・川崎雄介から自身3年ぶりに3打席連続本塁打を記録した(同日、阪神の金本知憲も3打席連続本塁打を放っている)。故障で離脱したアレックス・カブレラとタフィ・ローズ、不調のフェルナンデスの穴を埋め、一時は4番も任され、チーム最多の12本塁打を放つなど活躍を見せていた。だが、7月28日の対ソフトバンク戦で、プロ野球史上13人目となる100個目の死球を森福允彦から受けて右手を骨折し、残りシーズンを棒に振った。骨折でチームを離れたこともあり、翌年の去就は微妙だったが、推定年俸2700万円と格安なことからチームに残すことに支障はないと判断され、残留となった。グレッグ・ラロッカ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    6月25日 - 西武は2005年まで西武に在籍、前季はオリックスに在籍したホセ・フェルナンデスを獲得したことを発表2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    この年から新しく監督として野村克也が就任。4番の座は、この年西武から移籍してきたホセ・フェルナンデスに譲る。6月17日の対巨人戦では工藤から2打席連続本塁打を、7月29日の対西武戦では涌井秀章から楽天初となる逆転満塁本塁打を放つ。なお、この本塁打はパシフィック・リーグ通算900本目の満塁本塁打である。8月5日には日本プロ野球史上49人目となる通算250本塁打を達成。「開幕からの小さな目標として来たので、達成出来て嬉しいですね。」と喜びを語った。しかし、122試合に出場したものの打率.241に終わり、ホームランも19本しか打てず、不調だった。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤武敏

    後藤武敏から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ''はホセ・フェルナンデスの開幕出遅れでチャンスが巡ってきたが、それを生かせなかった。しかし二軍では打率.362・58打点で二冠、出塁率.464・長打率.580を合わせて4冠を獲得、優秀選手を受賞した。この成績にも関わらず、一軍には石井義人が首位打者に立つなど好調だったこともあり、なかなか昇格できず25試合・打率.205に留まり、8度の守備機会で4失策してしまった。9月24日の対福岡ソフトバンクホークス戦で、三瀬幸司から人生初となる逆転サヨナラ適時打を放ち、チームの24年連続Aクラスを決定させた。後藤武敏 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    4月2日 - 千葉ロッテマリーンズの新外国人選手のホセ・フェルナンデスの入団発表が行われた2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    1月19日にファームとネーミングライツを契約していた穴吹工務店との契約満了に伴い、10年ぶりにファームのチーム名が「サーパス」から一軍と同じ「オリックス・バファローズ」に変更された。2月23日、ビジター用ユニフォームと球団旗のデザイン変更が発表される(後述)。3月28日、関西プロ野球球団初の球団公式チアリーリングチームがデビューし、4月10日にチーム名「Bs Dreams(ビーズ・ドリームズ)」が発表された。この年は、楽天を退団したホセ・フェルナンデスを加えローズ・アレックス・カブレラ・グレッグ・ラロッカの4人でビッグボーイズを結成するなどし、開幕前の野球解説者の予想でも上位にあげられていたが、これら4人の外国人選手全員が死球などで全員が骨折するなど、極度の不運に見舞われ、主力選手の多くが怪我で離脱した。先発投手陣も、前年大活躍をした小松が開幕から大不振に陥ったのをはじめ、近藤が5月から不調に陥り、復帰した平野も開幕直後に体調不良で戦線離脱、開幕から金子と共に好調を維持していた岸田護も故障で離脱した。さらに、抑えの加藤を擁するリリーフ陣も不安定な投球が目立ち、9月以降は先発要員の金子が抑えに起用された。チームは5月に9連敗、6月に7連敗と大型連敗を繰り返し、6月は4勝14敗と大きく負け越して低迷。6月10日から1軍投手コーチ(ベンチ)の赤堀元之をブルペン、1軍投手コーチ(ブルペン)の清川栄治をベンチに配置転換した。6月18日からは1軍チーフ投手コーチの佐々木修を2軍投手コーチに降格、先日1軍投手コーチとなった清川栄治を1軍チーフ投手コーチに昇格する人事を発表している。しかし、これでも好調の兆しは最後まで見られず、優勝した日本ハムに6勝18敗、2位楽天には4勝19敗1分と大きく負け越すなど苦戦を強いられ、9月にはシーズン3度目の6連敗を喫した。9月9日の対楽天戦で敗戦を喫して2年ぶりにシーズン負け越しが決定。9月27日の対ロッテ戦で引き分けになり、勝率差でロッテに及ばなくなったため、2年ぶりに最下位となった。その責任を受けてGMの中村と監督の大石を解任、後任監督には岡田彰布が就任した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マヨバネクス・フェルナンデス・ロハス

    ホセ・マヨバネクス・フェルナンデス・ロハスから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・マヨバネクス・フェルナンデス・ロハス フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2010

    プロ野球スピリッツ2010から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス(埼玉西武ライオンズ)プロ野球スピリッツ2010 フレッシュアイペディアより)

  • 警告試合

    警告試合から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    5月13日・14日の同カードの試合では、2戦合わせて6個の死球を出した。特に2戦目では最後に西武・和田一浩への死球で巨人のタフィ・ローズと西武のホセ・フェルナンデスが睨み合うなど、険悪なムードを残して試合を終えたため、審判団が15日の試合を「パ・リーグ アグリーメント」に基づいて警告試合とした。警告試合 フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・バイナム

    フレディ・バイナムから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    2010年3月、オリックス・バファローズに入団。背番号は清原和博が引退して1年間空き番となっていた「5」。成績不振で解雇されたホセ・フェルナンデスと交渉決裂で退団したタフィ・ローズの後釜としてアーロム・バルディリスと共に期待された。開幕当初は主に代走要員として一軍に帯同。4月27日の対日本ハム戦で、前の試合で敗戦に繋がる痛恨の失策を犯した後藤光尊に替わって、二塁手として来日初スタメンを果たす。ところが、皮肉にも5回裏に痛恨のタイムリーエラーを犯し、そのまま決勝点となり試合も0-1で敗れた。また、5月3日のソフトバンク戦で、同点で迎えた6回裏の無死満塁の好機で代打で起用されるも、1球も振らず見逃し三振に終わり、翌日に二軍降格。チームのBクラスが決定した後、9月28日に一軍昇格を果たし、残りの3試合でスタメン出場を果たした。しかし、公式戦最終試合となった10月1日の対ロッテ戦で、初回に逆転を許す致命的な失策を犯した。最終打席では内野ゴロながら来日初打点を記録するも、結局は4-5と敗れた。この試合に敗れた事で、ロッテのクライマックス・シリーズ進出が決定した。フレディ・バイナム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示