68件中 11 - 20件表示
  • ヘクター・カラスコ

    ヘクター・カラスコから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    4月28日の対日本ハム戦でフェルナンド・セギノールに決勝3ランを浴びる等6失点を喫すると、翌日に二軍降格となった。だが、一軍復帰後は中継ぎとしてなかなかの投球を見せ、特に7月は20イニングで自責点はわずか1と抜群の安定感を見せた。53試合の登板で76イニングスの投球回からもわかるように、主にロングリリーフとして起用されていたが、続投が裏目に出て逆転を許す事もあった。対西武戦は、4月にかなり打ち込まれた上に、8月7日の試合では4点リードの8回表2死満塁に登板してここは凌ぐも、9回表はアレックス・カブレラとホセ・フェルナンデスに2ランを打たれて同点にされ、結局逆転負けを喫する等、11試合の登板で2勝5敗、防御率12.66(自責点15)とかなり相性が悪かった。ヘクター・カラスコ フレッシュアイペディアより)

  • 金森隆浩

    金森隆浩から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    1996年ウエスタンリーグ最多勝利投手を獲得し、シーズン終盤に1軍昇格。10月9日の阪神最終戦(甲子園)にプロ初先発した際、1イニング2本の満塁被弾を新庄剛志と塩谷和彦にくらい、1イニング8失点(ただしエラーが絡んでおり、金森本人の自責点は7)を喫し、当時の星野仙一監督の逆鱗に触れて突き放されてしまう。1イニング2満塁被弾はこの時点で唯一の記録だったが、2007年4月1日には吉井理人(オリックス)が、楽天戦でホセ・フェルナンデスと山崎武司に被弾、2010年6月20日には阿南徹(オリックス)が日本ハム戦で小谷野栄一と金子誠に被弾している。吉井は失策絡みのため自責点は0だったが、阿南は失策が絡んでいないので自責点は失点と同数の8である。金森隆浩 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・マクレーン

    スコット・マクレーンから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    に東尾修監督率いる西武ライオンズに入団。同じ年に入団したアレックス・カブレラとのコンビは「ツイン・バズーカ」と称され、この年は39本塁打を放った。翌は飛躍が期待されたが手首の故障でシーズンの大半を棒に振ってしまう。復活したは26本塁打を放つも、外角の変化球に弱いという弱点を覚えられたことで.225の低打率にあえぎ、ホセ・フェルナンデスと入れ替わりで西武を解雇された。スコット・マクレーン フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフィン・オビスポ

    ウィルフィン・オビスポから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    はプロ入り初の開幕一軍出場を果たしたが、シーズン初登板となった4月12日の対埼玉西武ライオンズ1回戦(札幌ドーム)でホセ・フェルナンデスに本塁打を浴びるなど、1回5失点だった。10月19日付けで加藤武治とともに戦力外通告を受け、10月31日に自由契約選手公示された。ウィルフィン・オビスポ フレッシュアイペディアより)

  • 警告試合

    警告試合から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    5月13日・14日の同カードの試合では、2戦合わせて6個の死球を出した。特に2戦目では最後に西武・和田一浩への死球で巨人のタフィ・ローズと西武のホセ・フェルナンデスが睨み合うなど、険悪なムードを残して試合を終えたため、審判団が15日の試合を「パ・リーグ アグリーメント」に基づいて警告試合とした。警告試合 フレッシュアイペディアより)

  • リック・ショート

    リック・ショートから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    開幕の時の打順は7番だったが、どの打順でもコンスタントに結果を残せること、高い出塁率を記録したことなどから、1、3、5、6番とさまざまな打順で先発出場している。ホセ・フェルナンデス、山崎武司の両主軸が怪我で先発できなかった6月1日には4番での先発出場もあった。2006年の先発出場104試合中、1番が9試合、3番が21試合、4番が1試合、5番が29試合、6番が25試合、7番が19試合だった。広角打法で活躍し、同年の最終打率は.314。チーム内では1位、パ・リーグでも3位であった。リック・ショート フレッシュアイペディアより)

  • ダレル・ラズナー

    ダレル・ラズナーから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    2009年4月5日の対日本ハム戦で来日初登板。3回までは相手打線を1安打に抑える上々の滑り出しを見せるも、4回裏に1死後に本塁打1本を含む6連打を浴び、一挙6失点を喫して降板。。続く4月12日の対西武戦で本拠地初登板を果たし、2回表に中村剛也のソロ本塁打を許した以外は7回まで1人の走者も出さない完璧な内容で、8回以降も大きく崩れることはなく、被安打3の無四球完投で堂々の来日初勝利をあげた。しかし、4月19日、対オリックス戦では、2回裏にタフィ・ローズ、ホセ・フェルナンデスに本塁打を許したのを皮切りに、4回裏にも集中打を浴びて、3回1/3を8失点で降板して来日初黒星、チームも0-15で惨敗した。その後、6月に一軍登録を抹消され二軍暮らし。9月に一軍復帰を果たすが、最終的には4勝7敗、防御率6.09という成績でシーズンを終えた。ダレル・ラズナー フレッシュアイペディアより)

  • 貝塚政秀

    貝塚政秀から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    2005年は3番指名打者で初の開幕スタメンの座をつかんだが序盤で失速し、ホセ・フェルナンデスが指名打者に回って出番がなくなってしまった。後半はカブレラの離脱で、プレーオフで3番を任されるなどしたが打撃は振るわなかった。貝塚政秀 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺正人

    渡辺正人から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    もベテランの堀幸一や守備に不安のあるホセ・フェルナンデスの守備固めとして重要な働きをしただけでなく、打撃面でも7本塁打と意外なパンチ力を見せ、「守備は良いが、打撃がいまいち」という評価を覆す活躍を見せた。シーズン終盤には肘に故障を抱えていた堀が指名打者に回ったことでおもに9番・二塁手としてのスタメン出場を続け、来季のレギュラー獲得の期待が高まった。渡辺正人 フレッシュアイペディアより)

  • 内村賢介

    内村賢介から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    初出場:2008年8月3日、対北海道日本ハムファイターズ15回戦(クリネックススタジアム宮城)、7回裏にホセ・フェルナンデスの代走として出場内村賢介 フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示

「ホセ・フェルナンデス」のニューストピックワード