76件中 11 - 20件表示
  • スコット・マクレーン

    スコット・マクレーンから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    に東尾修監督率いる西武ライオンズに入団。同じ年に入団したアレックス・カブレラとのコンビは「ツイン・バズーカ」と称され、この年は39本塁打を放った。翌は飛躍が期待されたが手首の故障でシーズンの大半を棒に振ってしまう。復活したは26本塁打を放つも、外角の変化球に弱いという弱点を覚えられたことで.225の低打率にあえぎ、ホセ・フェルナンデスと入れ替わりで西武を解雇された。スコット・マクレーン フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2013

    プロ野球スピリッツ2013から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス(オリックス・バファローズ)プロ野球スピリッツ2013 フレッシュアイペディアより)

  • 金森隆浩

    金森隆浩から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    プロ入り2年目の、ウエスタンリーグで最多勝利のタイトルを獲得し、シーズン終盤に一軍昇格。10月9日の阪神最終戦(甲子園)にプロ初先発した際、1イニング2本の満塁被弾を新庄剛志と塩谷和彦に受け、1イニング8失点(ただしエラーが絡んでおり、金森本人の自責点は7)を喫し、当時の星野仙一監督の逆鱗に触れて突き放されてしまう。1イニング2満塁被弾はこの時点で唯一の記録だったが、4月1日には吉井理人(オリックス・バファローズ)が、東北楽天ゴールデンイーグルス戦でホセ・フェルナンデスと山崎武司に被弾、2010年6月20日には阿南徹(オリックス)が北海道日本ハムファイターズ戦で小谷野栄一と金子誠に被弾している。吉井は失策絡みのため自責点は0だったが、阿南は失策が絡んでいないので自責点は失点と同数の8である。金森隆浩 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス(ファーストステージ)2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 早坂圭介

    早坂圭介から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    初出場:2003年7月11日、対オリックス・ブルーウェーブ17回戦(Yahoo! BBスタジアム)、12回表にホセ・フェルナンデスの代走で出場早坂圭介 フレッシュアイペディアより)

  • 牧田明久

    牧田明久から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    シーズン開始前から中軸として期待され、開幕戦は3番でスタメン出場。その後もクリーンアップとして起用されるが、交流戦辺りから打撃不振と怪我によってレギュラーの座を外され、以降準レギュラーとして下位打線を打つようになる。前半戦はサッパリだったものの後半戦になるとやや持ち直し、9月19日の対ロッテ戦(東京ドーム)では自身初の満塁本塁打を含む2本塁打7打点の活躍で、2008年にホセ・フェルナンデスが記録した1試合の打点の球団記録に並んだ。規定打席にはわずかに届かなかったものの、共にチームトップの9本塁打と53打点を記録した。一方で打率は.225という低さで、レギュラーを奪い返すまでには至らなかった。守備ではリーグ2位の補殺数と守備率10割を記録した。牧田明久 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    初登板で対戦した第1打者に被本塁打:上記「初登板」の項を参照、7回裏無死にホセ・フェルナンデスに左中間へソロ ※史上56人目(パ・リーグ30人目、日本ハムの投手では10月5日の江尻慎太郎以来3人目)糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグボーイズ打線

    ビッグボーイズ打線から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    2009年はローズ、カブレラ、ラロッカは全員残留し、さらに東北楽天ゴールデンイーグルスを自由契約になったホセ・フェルナンデスを獲得。4人の外国人選手の通算本塁打が1014発(2008年終了時点)という超重量カルテットが結成され、「」と呼ばれた。本来4人の外国人野手を同時に一軍登録することはできないが、ローズはオリックス加入前の2004年に国内FA権を取得して外国人枠を外れており、さらにカブレラも前年に国内FA権を取得してこの年から外国人枠を外れたため、4外国人野手を同時に一軍登録することが可能となっていた。ビッグボーイズ打線 フレッシュアイペディアより)

  • 平野将光

    平野将光から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    初奪三振:同上、1回表にホセ・フェルナンデスから見逃し三振平野将光 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のオリックス・バファローズ

    2013年のオリックス・バファローズから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    7月21日 - 昨季は楽天に在籍、2009年にオリックスに在籍した事もあるホセ・フェルナンデスと、新外国人選手として3Aのブラッド・ミルズの獲得を発表2013年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

76件中 11 - 20件表示