76件中 31 - 40件表示
  • 2006年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2006年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    5月21日 - ホセ・フェルナンデスが対巨人戦でNPB史上246人目の通算100本塁打2006年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンデス

    フェルナンデスから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス \(1974年生の内野手\) - ドミニカ共和国の野球選手。フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • リック・ショート

    リック・ショートから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    開幕の時の打順は7番だったが、どの打順でもコンスタントに結果を残せること、高い出塁率を記録したことなどから、1、3、5、6番とさまざまな打順で先発出場している。ホセ・フェルナンデス、山崎武司の両主軸が怪我で先発できなかった6月1日には4番での先発出場もあった。2006年の先発出場104試合中、1番が9試合、3番が21試合、4番が1試合、5番が29試合、6番が25試合、7番が19試合だった。広角打法で活躍し、同年の最終打率は.314。チーム内では1位、パ・リーグでも3位であった。リック・ショート フレッシュアイペディアより)

  • ダレル・ラズナー

    ダレル・ラズナーから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    2009年4月5日の対日本ハム戦で来日初登板。3回までは相手打線を1安打に抑える上々の滑り出しを見せるも、4回裏に1死後に本塁打1本を含む6連打を浴び、一挙6失点を喫して降板。続く4月12日の対西武戦で本拠地初登板を果たし、2回表に中村剛也のソロ本塁打を許した以外は7回まで1人の走者も出さない完璧な内容で、8回以降も大きく崩れることはなく、被安打3の無四球完投で堂々の来日初勝利をあげた。しかし、4月19日、対オリックス戦では、2回裏にタフィ・ローズ、ホセ・フェルナンデスに本塁打を許したのを皮切りに、4回裏にも集中打を浴びて、3回1/3を8失点で降板して来日初黒星、チームも0-15で惨敗した。その後、6月に一軍登録を抹消され二軍暮らし。9月に一軍復帰を果たし、チームが球団初のAクラス及びクライマックスシリーズ進出を決めた翌日の10月4日の埼玉西武ライオンズ戦に先発するも6回途中4失点で敗戦投手となり、同時にチームは1シーズンの対戦成績で西武戦に勝ち越せず、五分に終わった(2014年まで楽天は西武に1シーズンでの対戦成績で勝ち越したことが一度もない)。最終的には4勝7敗、防御率6.09という成績でシーズンを終えた。ダレル・ラズナー フレッシュアイペディアより)

  • 酒井忠晴

    酒井忠晴から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    は遊撃手、三塁手、二塁手の3つのポジションをこなし84試合に先発出場。しかし翌は、主砲ホセ・フェルナンデスの加入と若手主体へのチーム方針の転換により出番が激減。目立った衰えのないまま、同年オフに戦力外通告を球団から受け、プロ野球からの引退を表明。酒井忠晴 フレッシュアイペディアより)

  • 自責点

    自責点から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    【例2】: 4月1日に行われた東北楽天ゴールデンイーグルス対オリックス・バファローズ戦(フルキャストスタジアム宮城)の3回裏、二死二塁でオリックスの吉井理人投手は打者に内野ゴロを打たせたがその打球をグレッグ・ラロッカ三塁手が失策、次の打者に四球を与えて満塁とし、続く打者のホセ・フェルナンデスに本塁打を打たれ、さらに第三アウトを取れずに再び満塁とされてから山?武司にも満塁本塁打を許した。この例において吉井の失点は8であるが、自責点は0である。三塁ゴロを三塁手が失策していなければ、この3回裏は無失点で終了するはずだったからである。自責点 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺正人

    渡辺正人から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    もベテランの堀幸一や守備に不安のあるホセ・フェルナンデスの守備固めとして重要な働きをしただけでなく、打撃面でも7本塁打と意外なパンチ力を見せ、「守備は良いが、打撃がいまいち」という評価を覆す活躍を見せた。シーズン終盤には肘に故障を抱えていた堀が指名打者に回ったことでおもに9番・二塁手としてのスタメン出場を続け、来季のレギュラー獲得の期待が高まった。渡辺正人 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    西武・松坂大輔、日本ハム・金村曉の両エースの先発で始まったが3回裏、一死満塁からカブレラが左中間に走者一掃の二塁打を放ち3点を先制した。しかし4回表日本ハムは小笠原道大の3ラン本塁打ですぐに同点に追いついた。6回裏に西武はフェルナンデスが勝ち越しソロ本塁打を放つが7回表に日本ハムはセギノールが同点ソロ本塁打を放ち、再び同点とした。7回裏、西武は佐藤友亮の本塁打で勝ち越すとフェルナンデスの満塁本塁打、細川亨のソロ本塁打で6点を奪い試合を決めた。8回表に日本ハムは3点を返すものの9回は西武のクローザー・豊田清が締め、第1戦をものにした。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス

    ホセ・フェルナンデスから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス \(1974年生の内野手\) - NPBで活躍したプロ野球選手。ホセ・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • 草野大輔

    草野大輔から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    開幕戦の西武ライオンズ戦(グッドウィルドーム)で、「2番・三塁手」として先発出場し、西口文也からプロ初本塁打を放つなど幸先の良いスタートとなった。前半戦は「落ちるとこまで落ちた」と自身も語るほどの打撃不振に陥り、その間に渡辺直人の台頭もあって先発を外れ、代打に回る機会が多くなる。しかし、その代打で結果を残すようになり、ホセ・フェルナンデスの不振から交流戦終了後より三塁手でのスタメン出場が増えてきた(ただし、相手先発が左投手の時は先発を外れることが多かった)。7月には池山隆寛からアドバイスを受け、腰を低く落とした打撃練習に取り組む。 この練習が功を奏し、チェンジアップなど縦に変化するボールに対応できるようになった8月ごろから打率が上がり始め、8月10日の千葉ロッテマリーンズ戦(クリネックススタジアム宮城)でプロ初のサヨナラ安打を放ち、8月21日のロッテ戦(千葉マリンスタジアム)でソロ本塁打を放った。この試合後、監督の野村克也は「(草野は)勝負強いし、(打撃に関しては)天才的なところがある。草野を3番に」とコメントし、これ以降は先発投手の左右に関係なく「3番・三塁手」で先発出場が定着する。9月には15日・21日・24日・27日・29日・30日と続けざまに猛打賞を記録してチームの勝利に貢献する殊勲打を度々叩き出し、楽天の最下位脱出(単独4位)の立役者の一人となった。最終的には規定打席不足ながら、打率.320を記録する一方、守備面ではリーグ5位の14失策を記録した。草野大輔 フレッシュアイペディアより)

76件中 31 - 40件表示