68件中 31 - 40件表示
  • プロ野球スピリッツ2010

    プロ野球スピリッツ2010から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    ホセ・フェルナンデス(埼玉西武ライオンズ)プロ野球スピリッツ2010 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    7月4日 - サンヨーオールスターゲーム2006の出場全選手発表。監督推薦により初出場となったのは、パ・リーグからは涌井秀章投手(西武)、平野佳寿投手(オリックス)、武田久投手、八木智哉投手(以上日本ハム)、福盛和男投手(楽天)、ホセ・フェルナンデス内野手(楽天)、森本稀哲外野手(日本ハム)、朝倉健太投手(中日)、石川雅規投手(ヤクルト)、内海哲也投手(巨人)、村田修一内野手(横浜)、東出輝裕内野手(広島)、アレックス・オチョア外野手(中日)の13選手。また、ボビー・バレンタイン監督(パ・リーグ、ロッテ)は選手・監督を通じて初のオールスターゲーム出場となる(チームを2位に引き上げた1995年の翌年には日本球界にいなかったため)。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 牧田明久

    牧田明久から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    シーズン開始前から中軸として期待され、開幕戦は3番でスタメン出場。その後もクリーンアップとして起用されるが、交流戦辺りから打撃不振と怪我によってレギュラーの座を剥奪され、以降準レギュラーとして下位打線を打つようになる。前半戦はサッパリだったものの後半戦になるとやや持ち直し、9月19日のロッテ戦(東京ドーム)では自身初の満塁本塁打を含む2本塁打7打点の活躍で、2008年にホセ・フェルナンデスが記録した1試合の打点の球団記録に並んだ。規定打席には僅か届かなかったものの、共にチームトップの9本塁打と53打点を記録した。一方で打率は.225という低さで、レギュラーを奪い返すまでには至らなかった。守備ではリーグ2位の捕殺数と守備率10割を記録した。牧田明久 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    大阪近鉄バファローズを含むセ・パ13球団から本塁打は、史上4人目(2011年5月22日時点での他の達成者は、フェルナンド・セギノール、フリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、和田一浩、小笠原道大、ホセ・フェルナンデス谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・オーティズ

    ホセ・オーティズから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    ファーストネームが「ホセ」であることから、千葉ロッテでの応援歌はかつてホセ・フェルナンデスの応援歌だったもの(原曲は『リパブリック讃歌』)が使用されていた。ホセ・オーティズ フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    2500投球回数:2012年7月6日、対東北楽天ゴールデンイーグルス8回戦(西武ドーム)、1回表3死目にホセ・フェルナンデスを三塁ゴロで達成 ※史上45人目西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • ディー・ブラウン (野球)

    ディー・ブラウン (野球)から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    右打者の多いチームにおいて貴重な大砲として期待されたが、三振が多くシーズン終盤は代打要員に回されるなどしばしばスタメンを外れた。4月4日の日本ハム戦で日本プロ野球公式戦通算90,000号となる本塁打を放つなど、シーズンは21本塁打76打点とまずまずの成績を残したが、打率は.241に終わった。交流戦では好調であったものの、パリーグの球団相手では楽天戦における対戦打率こそ.339を記録したが、それ以外の球団とは相性が悪く、特にソフトバンク戦では.184 0本塁打と全く打てなかった。2011年1月19日にホセ・フェルナンデスとともに契約が更新された。ディー・ブラウン (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 浅村栄斗

    浅村栄斗から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    はオープン戦で結果を残して開幕スタメン入りを果たしレギュラーの座を一年間守った。チーム事情もあって守備位置は固定されず、不慣れな外野もこなした。オープン戦は片岡易之の出遅れのためその復帰まで主に二塁手として出場、片岡が復帰してから交流戦までは主に一塁手、交流戦の指名打者が使えない試合ではファーストに回るホセ・フェルナンデスのために左翼手を務めることになった。発注していたファーストミットや外野用グラブが開幕に間に合わなかったため、序盤戦は中村剛也のミットを借りて出場し、外野手用のグラブは栗山巧のものを借りてプレーしていた。交流戦明けからは他の選手の入れ替わりにより、一塁手、二塁手、三塁手、左翼手に加え右翼手も守った。守備の負担があったためか中盤は打撃の調子を落としていたが、再び一塁手に固定された10月は打率が.460とリーグトップの成績を残し、チームのクライマックスシリーズ出場に貢献したとして初の月間MVPを獲得した。浅村栄斗 フレッシュアイペディアより)

  • 大石大二郎

    大石大二郎から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    2008年の秋季キャンプではかつて同僚だった野茂英雄を臨時投手コーチとして招聘した。また2009年は前年からの清川栄治、赤堀元之に加え、現役時代から長年の付き合いがある佐々木修を投手チーフコーチに迎え投手コーチ3人制としている。しかし同年のチーム防御率は12球団ワーストと低迷し、4人の外国人選手(ローズ、カブレラ、ラロッカ、フェルナンデス)が死球などで全員骨折・長期離脱するなどで長打力も不振だった。結局6月に4勝14敗、勝率.222と大きく負け越すなどシーズン終了まで再浮上のきっかけをつかむ事が出来ず2年ぶりの最下位に終わり、責任を取る形で中村球団本部長(9月30日限り)と共に解任された。大石大二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    初登板:2009年5月17日、対オリックス・バファローズ11回戦(京セラドーム大阪) - 7回裏開始時に3番手として救援、打者はホセ・フェルナンデス糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示

「ホセ・フェルナンデス」のニューストピックワード