76件中 41 - 50件表示
  • エリック・バレント

    エリック・バレントから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    楽天時代、同僚のホセ・フェルナンデスに、Mr.ビーンに似ているという理由で「ビーン」というあだ名を付けられた。エリック・バレント フレッシュアイペディアより)

  • 内村賢介

    内村賢介から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    初出場:2008年8月3日、対北海道日本ハムファイターズ15回戦(クリネックススタジアム宮城)、7回裏にホセ・フェルナンデスの代走で出場内村賢介 フレッシュアイペディアより)

  • ディー・ブラウン (野球)

    ディー・ブラウン (野球)から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    シーズンは4月4日の日本ハム戦で日本プロ野球公式戦通算90,000号となる本塁打を放つなど、21本塁打76打点とまずまずの成績を残したが、打率は.241に終わった。交流戦では好調であったものの、パリーグの球団相手では楽天戦における対戦打率こそ.339を記録したが、それ以外の球団とは相性が悪く、特にソフトバンク戦では.184 0本塁打と全く打てなかった。2011年1月19日にホセ・フェルナンデスとともに契約が更新された。ディー・ブラウン (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ヘクター・カラスコ

    ヘクター・カラスコから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    4月28日の対日本ハム戦でフェルナンド・セギノールに決勝3ランを浴びる等6失点を喫すると、翌日に二軍降格となった。だが、一軍復帰後は中継ぎとしてなかなかの投球を見せ、特に7月は20イニングで自責点はわずか1と抜群の安定感を見せた。53試合の登板で76イニングスの投球回からもわかるように、主にロングリリーフとして起用されていたが、続投が裏目に出て逆転を許す事もあった。対西武戦は、4月にかなり打ち込まれた上に、8月7日の試合では4点リードの8回表2死満塁に登板してここは凌ぐも、9回表はアレックス・カブレラとホセ・フェルナンデスに2ランを打たれて同点にされ、結局逆転負けを喫する等、11試合の登板で2勝5敗、防御率12.66(自責点15)とかなり相性が悪かった。ヘクター・カラスコ フレッシュアイペディアより)

  • 井場友和

    井場友和から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    はチームの本拠地が東京ドームから札幌ドームに移転した。移転1年目の同年は39試合に登板したが、防御率4点台と安定感を欠いた。また、この年からパ・リーグに先行導入されたプレーオフでは第1ステージの西武ライオンズとの対戦で第1戦にホセ・フェルナンデスに満塁本塁打を打たれるなど、ここでも安定感を欠いた。結局第3戦でチームは敗れプレーオフ敗退となった。井場友和 フレッシュアイペディアより)

  • 豊島明好

    豊島明好から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    翌2009年3月17日のオリックス・バファローズとのオープン戦では6回表にグレッグ・ラロッカ、アレックス・カブレラ、タフィ・ローズ、ホセ・フェルナンデスの外国人カルテットに1イニング4本塁打を浴びるなど、低迷が続いた。その後も一軍出場が無く、10月1日に戦力外通告を受けた。本人は現役続行を望んでいたため合同トライアウトを受験する予定だったが、11月5日に自身のブログで現役引退と、横浜DeNAベイスターズの打撃投手就任を表明した。豊島明好 フレッシュアイペディアより)

  • ドミンゴ・グスマン

    ドミンゴ・グスマンから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    は自身初の2桁10勝を挙げてリーグ優勝に貢献した。しかし西武ライオンズとの日本シリーズ第3戦に先発するも先制点を与え5回4失点で降板した。ただしチームが一度は逆転したため負けはつかなかった。3勝3敗で迎えた第7戦にも先発し、2回までは無失点だったが3回に捉えられ、ホセ・フェルナンデスの適時打の後に井端弘和が送球をフェルナンデスに当ててしまいその間に走者が生還し3点目が入りここで降板した。その後2番手の山井大介が4番アレックス・カブレラに2ラン本塁打を打たれこの回5失点となった。最終的に2回2/3を4失点と第3戦の投球内容よりも悪化してチームは9回に2点を返すのが精いっぱいで日本一を逃した。ドミンゴ・グスマン フレッシュアイペディアより)

  • 貝塚政秀

    貝塚政秀から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    は3番指名打者で初の開幕スタメンの座をつかんだが序盤で失速し、ホセ・フェルナンデスが指名打者に回って出番がなくなった。後半はカブレラの離脱で、プレーオフで3番を任されたが打撃は振るわなかった。貝塚政秀 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    初奪三振:同上、1回表にホセ・フェルナンデスから空振り三振大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 吉井理人

    吉井理人から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    1イニング2満塁本塁打被弾:2007年4月1日、対東北楽天ゴールデンイーグルス2回戦(フルキャストスタジアム宮城)、3回裏にホセ・フェルナンデス・山崎武司に ※史上2人目(パ・リーグ初)吉井理人 フレッシュアイペディアより)

76件中 41 - 50件表示