76件中 51 - 60件表示
  • 大石大二郎

    大石大二郎から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    2008年の秋季キャンプではかつて同僚だった野茂英雄を臨時投手コーチとして招聘。また2009年は前年からの清川栄治、赤堀元之に加え、現役時代から長年の付き合いがある佐々木修を投手チーフコーチに迎え投手コーチ3人制とする。しかし、同年のチーム防御率は12球団ワーストと低迷し、4人の外国人選手(ローズ、カブレラ、ラロッカ、フェルナンデス)の死球などで全員骨折・長期離脱するなどで長打力も不振。結局6月に4勝14敗、勝率.222と大きく負け越すなどシーズン終了まで再浮上のきっかけをつかめる事が出来ず2年ぶりの最下位に終わり、責任を取る形で球団本部長の中村勝広(9月30日限り)とともに解任される。大石大二郎 フレッシュアイペディアより)

  • チャンステーマ

    チャンステーマから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    元マイク・パグリアルーロ、元アレックス・カブレラ、元ホセ・フェルナンデスの応援歌チャンステーマ フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    同年7月15日、対日本ハム(東京ドーム)戦で監督として通算3,000試合出場を達成、選手としても通算3,017試合に出場しており、日米ともに前例のない、選手・監督両方での通算3,000試合出場を達成した。この年は序盤に球団初の単独首位になるものの交流戦後半から失速、かろうじて最終戦で勝利して最下位脱出をしたものの5位に終わる。2007年とはうって変わり、得失点差はプラスとなり、エース岩隈久志が21勝を挙げて復活するなど戦力の整備は進んだものの、順位には反映されなかった。同年シーズンを以って3年契約が終了。去就が注目されたが、球団から戦力の整備を評価され、1年契約での続投要請を受ける。野村自身もそれを受諾し、も引き続き楽天を指揮することになったが、ドミンゴ・グスマンとホセ・フェルナンデス(中村紀洋をFA獲得)が退団。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 熊代聖人

    熊代聖人から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    も代走・守備固め要員として4月の一時期を除き一軍に帯同。左投手相手にはスターティングメンバーとしての起用も多かった。8月17日の対楽天戦では、ホセ・フェルナンデスの大飛球をキャッチし、トリプルプレーを成立させた1。スイッチヒッターにも挑戦したが左打席の完成度は低く、右投手相手には代打を出されることが多かった。二軍落ちの理由も左打席の習熟であった(現在は右打ちのみ)。熊代聖人 フレッシュアイペディアより)

  • 金澤岳

    金澤岳から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ''には一軍の正捕手である里崎智也、第三捕手である田中雅彦が2人とも故障で戦線離脱した影響で一軍昇格。5月9日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でその里崎・田中の穴を埋めていた橋本将もが、初回のクロスプレーでホセ・フェルナンデスにタックルを受けて負傷退場したため、2回表に初出場を果たした。その後も里崎が復帰する5月25日まで毎試合スタメン出場を続け、この期間中の得点圏打率は4割を超え勝負強さを発揮した。しかし、橋本交代後から里崎の復帰までに金沢が出場した12試合でチームは合計75失点と、リード面で課題を残した。金澤岳 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマイコ・ナバーロ

    ヤマイコ・ナバーロから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデスらを抜いて、韓国プロ野球の外国人選手シーズン新記録となる48本塁打を記録。また、史上初めて外国人選手として韓国プロ野球ゴールデングラブ二塁手部門を受賞した。条件面で折り合いがつかず三星を退団。ヤマイコ・ナバーロ フレッシュアイペディアより)

  • 中村剛也

    中村剛也から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ''はホセ・フェルナンデスに代わり三塁手のレギュラーとなった。セ・パ交流戦では12球団最多の12本塁打を放ち優秀選手賞(日本生命賞)を受賞。80試合に出場し、自己最多の22本塁打を打った。長打率は6割を越えた。中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東勤

    伊東勤から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    2004年より西武の監督に就任、伊東本人の引退、松井稼頭央のメジャー移籍、アレックス・カブレラの死球による長期離脱などで苦戦が予想されたが、伊東の穴を細川亨が、松井の穴を中島裕之が、カブレラの穴をロッテから移籍したホセ・フェルナンデスが埋めたことにより、チームはレギュラーシーズン2位からプレーオフ、日本シリーズを勝ち進み、2年ぶりのリーグ優勝、12年ぶりの日本一を達成。現役引退後即監督となったのは6人(藤田宗一、稲尾和久、長嶋茂雄、広瀬叔功、有藤道世、高橋由伸)いるが、2004年当時まではいずれも成績は5位(藤田、有藤)か最下位(稲尾、長嶋、広瀬)しかなく、このジンクスを破っての快挙だった(高橋は2位)。この年の中日との日本シリーズは「レオ流」対落合の「オレ流」決戦と言われた。伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県営大宮公園野球場

    埼玉県営大宮公園野球場から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    しかし、スコアボード改修への要望が非常に強かったことから、埼玉県では2009年のシーズンオフに、総工費2億円を投入して全面改修を行った。この改修により得点表示部と選手・審判員名はLED式になり、6文字までの表示が可能となり、スピード測定器による球速表示も新設された。サービスエリアはフルカラーの映像装置を新設して映像による様々な演出やリプレー映像を流せるようになる。またカウント表示が2010年からのコール順変更に対応してBSO表記となる。2010年5月18日の試合では「ブラウン」、「シコースキー」、「デントナ」、「ガイエル」がきちんと表示された(同年9月1日の試合では「フェルナンデス」も表示)。埼玉県営大宮公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年

    1974年から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    11月2日 - ホセ・フェルナンデス、プロ野球選手1974年 フレッシュアイペディアより)

76件中 51 - 60件表示