68件中 51 - 60件表示
  • 伊東勤

    伊東勤から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    2004年より西武監督に就任。伊東本人の引退、松井稼頭央のメジャー移籍、アレックス・カブレラの死球による長期離脱などで苦戦が予想されたが、伊東の穴を細川亨が、松井の穴を中島裕之が、カブレラの穴をロッテから移籍したホセ・フェルナンデスが埋めたことにより、チームはレギュラーシーズン2位からプレーオフ、日本シリーズを勝ち進み、2年ぶりのリーグ優勝、12年ぶりの日本一を達成。現役引退後即監督となったのは5人(藤田宗一、稲尾和久、長嶋茂雄、広瀬叔功、有藤道世)いるが、いずれも成績は5位か最下位(藤田、有藤が5位、稲尾、長嶋、広瀬が6位)しかなく、このジンクスを破っての快挙だった。この年の中日との日本シリーズは「レオ流」対落合の「オレ流」決戦と言われた。伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    1990年と2005年にほとんどの選手の応援歌の変更がなされている(1990年の変更は関東地区のみで九州では従前の応援歌のまま)。しかし、チャンスでの打席になると、その選手の変更前の応援歌や以前同じ背番号をつけていた選手の応援歌などが演奏されることもある。西武ドームで細川亨がチャンスで打席に立ったとき、伊東勤元監督の選手時代の応援歌が演奏されたこともあった。2008年時点ではチャンステーマとして片岡易之及び中島裕之の打席で石毛宏典の応援歌、クレイグ・ブラゼルの打席でアレックス・カブレラの応援歌、ヒラム・ボカチカの打席でホセ・フェルナンデスの応援歌が使用されている。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • チェロソナタ

    チェロソナタから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    1906年 ホセ・フェルナンデス :ソナタチェロソナタ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンデス

    フェルナンデスから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    ホセ・フェルナンデス (José Fernández) - 東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手。フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    、開幕当初こそ不調が続いたが、5月は打率.342、12本塁打、27打点と復調。チーム初の月間MVPを獲得。自身にとっては中日に在籍していた1996年6月以来10年11か月ぶりで、この期間は史上最長でもある。また、両リーグでの月間MVP受賞は史上13人目。5月27日の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で両リーグ最速で20号に到達。那須野巧から放った場外本塁打は露天の商品(Yes! プリキュア5のキュアアクアのお面)に命中。その後、主にビジター球場の外野スタンドでは当てたお面と同じ物を持って応援するファンの姿が見受けられるようになった。この店主は「長いことやってきたけど、場外ホームランが飛んできたのは初めて。私は運が良いよ」と喜んでいたという。6月14日、史上152人目となる通算1,500試合出場を達成する。この本塁打量産時はホセ・フェルナンデスの不振もあって4番に座ることが多かった。指名打者として選出されたオールスターゲーム第1戦(東京ドーム)に代打で出場し、続く第2戦(フルスタ宮城)では第1打席に先制の2ラン本塁打、第2打席でも二塁打を放ち、優秀選手賞とガリバー賞に選ばれ、賞品としてポルシェ・カイエンを獲得した。前半の好調は、配球を読むようになった事と構える手の遊びを大きくしたことを本人は挙げている。配球を読むようになったきっかけは、野村監督が試合中にベンチで若いピッチャー、キャッチャーに打者心理の指示をしているのを傍らで聞き、それを打撃に応用したということである。手の遊びを大きくしたきっかけは5月2日のヤフードームでの試合であった。これにより、この年のセ・パ交流戦終了時点で27本塁打、シーズン55本塁打という日本記録ペースで本塁打を量産した。4月1日のオリックス戦で3回に吉井理人からヒットで出塁、4番フェルナンデスの満塁本塁打で得点する。更に満塁となった場面で本塁打を打った。1イニング2満塁本塁打は史上3度目。パ・リーグでは2度目(2本とも柵越え本塁打はパ・リーグ初)。同一投手から2本は史上初。開幕後1か月間程は安打の半分が本塁打という「ホームランか三振か」状態で、打率は規定打席到達者内で最低ながら本塁打数は1位という時もあった。5月2日の対ソフトバンク戦(ヤフードーム)、先発は苦手な和田毅だったが「どうせ打てないならダラダラ打ってやろう」と体の力を抜いて(手の遊びを大きくして)打ったところ和田相手に2打席連続本塁打という結果に繋がった(加えて和田の配球の傾向を野村監督から指摘されたことも本塁打に繋がった)。この力を抜いて打つ打法を山?自身はこんにゃく打法と呼んでいた(梨田昌孝のこんにゃく打法との繋がりは不明)8月27日にはこの日誕生日を迎えた娘の前で39号・40号を放つ。9月15日には11年ぶりとなる100打点を記録。最終的に43本108打点の自己最高記録でタフィ・ローズを上回りタイトルを獲得、ベストナイン指名打者部門にも選出された。打点王は初、本塁打王・ベストナインは11年ぶりとなる。21年目での40本塁打・100打点・本塁打王・打点王は史上初。なお山?は一軍の試合に出場していない年が2年あり、実働19年目での40本塁打・本塁打王は王貞治、門田博光に並び、100打点・打点王は王、衣笠祥雄の20年目に次ぐ記録である。なお、両リーグでの本塁打王の獲得は落合博満、タフィ・ローズに次ぐ3人目。また39歳での本塁打王、打点王の獲得は40歳で両タイトルを獲得した門田に次ぐ歴代2位の記録である。この年、フェラーリ・F512Mを楽天オークションに出展。1450万999円で落札されたが、落札者が直後にオークション会員を退会したため不成立となった。この年のタイトル獲得を記念し、愛車ランボルギーニ・ムルシエラゴがドイツのミニチャンプス社によって特別にミニカー化され、「ミニカーファン」にて抽選販売が行われた。パッケージには楽天のコーポレートカラーのラインとチームロゴと自身のサインのプリントが入った特別仕様である。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ズレータ

    フリオ・ズレータから見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    2004年限りで消滅した大阪近鉄を含む13球団からの本塁打は、史上2人目(2011年5月22日時点での他の達成者は、フェルナンド・セギノール、アレックス・カブレラ、谷佳知、和田一浩、小笠原道大、ホセ・フェルナンデスフリオ・ズレータ フレッシュアイペディアより)

  • 草野大輔

    草野大輔から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    開幕戦の西武ライオンズ戦(グッドウィルドーム)で、「2番・三塁手」として先発出場し、西口文也からプロ初本塁打を放つなど幸先の良いスタートとなった。前半戦は「落ちるとこまで落ちた」と自身も語るほどの打撃不振に陥り、その間に渡辺直人の台頭もあって先発を外れ、代打に回る機会が多くなる。しかし、その代打で結果を残すようになり、ホセ・フェルナンデスの不振から交流戦終了後より三塁手でのスタメン出場が増えてきた(ただし、相手先発が左投手の時は先発をを外れることが多かった)。7月には池山隆寛からアドバイスを受け、腰を低く落とした打撃練習に取り組む。 この練習が功を奏し、チェンジアップなど縦に変化するボールに対応できるようになった8月ごろから打率が上がり始め、8月10日の千葉ロッテマリーンズ戦(クリネックススタジアム宮城)でプロ初のサヨナラ安打を放ち、8月21日のロッテ戦(千葉マリンスタジアム)でソロ本塁打を放った。この試合後、監督の野村克也は「(草野は)勝負強いし、(打撃に関しては)天才的なところがある。草野を3番に」とコメントし、これ以降は先発投手の左右に関係なく「3番・三塁手」で先発出場が定着する。9月には15日・21日・24日・27日・29日・30日と続けざまに猛打賞を記録してチームの勝利に貢献する殊勲打を度々叩き出し、楽天の最下位脱出(単独4位)の立役者の一人となった。最終的には規定打席不足ながら、打率.320を記録する一方、守備面ではリーグ5位の14失策を記録してしまった。草野大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    同年7月15日、対日本ハム(東京ドーム)戦で監督として通算3,000試合出場を達成、選手としても通算3,017試合に出場しており、日米ともに前例のない、選手・監督両方での通算3,000試合出場を達成した。この年は序盤に球団初の単独首位になるものの交流戦後半から失速、かろうじて最終戦で勝利して最下位脱出をしたものの5位に終わる。2007年とはうって変わり、得失点差はプラスとなり、エース岩隈久志が21勝を挙げて復活するなど戦力の整備は進んだものの、順位には反映されなかった。同年シーズンを以って3年契約が終了。去就が注目されたが、球団から戦力の整備を評価され、1年契約での続投要請を受ける。野村自身もそれを受諾し、も引き続き楽天を指揮することになったが、ドミンゴ・グスマンとホセ・フェルナンデス(中村紀洋をFA獲得)が退団。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 中村剛也

    中村剛也から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    からホセ・フェルナンデスに代わり三塁手のレギュラーとなった。セ・パ交流戦では12球団最多の12本塁打を放ち優秀選手賞(日本生命賞)を受賞。80試合に出場し、自己最多の22本塁打を打った。長打率は6割を越えた。中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 杉内俊哉

    杉内俊哉から見たホセ・フェルナンデスホセ・フェルナンデス

    1000奪三振:2009年4月5日、対オリックス・バファローズ3回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、4回表にホセ・フェルナンデスから ※史上122人目杉内俊哉 フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「ホセ・フェルナンデス」のニューストピックワード