76件中 61 - 70件表示
  • 浅村栄斗

    浅村栄斗から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    は開幕スタメン入りを果たし、レギュラーの座を一年間守った。守備位置は固定されず、不慣れな外野もこなした。オープン戦では片岡易之の出遅れのため片岡の復帰まで主に二塁手として試合に出場、片岡が復帰してから交流戦までは主に一塁手、交流戦の指名打者が使えない試合ではファーストに回るホセ・フェルナンデスのために左翼手を務めることになった。交流戦明けからは他の選手の入れ替わりにより、一塁手、二塁手、三塁手、左翼手に加え右翼手も守った。守備の負担があったためか中盤は打撃の調子を落としたが、再び一塁手に固定された10月は打率が.460とリーグトップの成績を残し、初の月間MVPを獲得した。浅村栄斗 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ

    ホセから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス \(1974年生の内野手\) - ドミニカ共和国の野球選手ホセ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    1990年と2005年にほとんどの選手の応援歌の変更がなされている(1990年の変更は関東地区のみで九州では従前の応援歌のまま)。しかし、チャンスの打席になると、その選手の変更前の応援歌や以前同じ背番号をつけていた選手の応援歌などが演奏されることもある。西武ドームで細川亨がチャンスで打席に立ったとき、伊東勤元監督の選手時代の応援歌が演奏されたこともあった。チャンステーマとしては背番号7の選手(2008年から2013年までは片岡易之、2014年から2015年までは脇谷亮太)及び中島裕之の打席で石毛宏典の応援歌、外国人選手の打席でアレックス・カブレラの応援歌やホセ・フェルナンデスの応援歌が使用されている。2005年に選手の応援歌の一斉変更がなされる前は新しい応援歌がほとんどといっていいほど作られず、過去の選手の流用ばかりであった。投手の応援歌だったものを野手用に使う例も見られた(小関竜也や佐藤友亮など)。実際に2005年の応援歌変更の対象とならなかったアレックス・カブレラの応援歌はマイク・パグリアルーロ以降、ダリン・ジャクソン、ドミンゴ・マルティネスなど歴代の外国人選手に使用されていた曲(歌詞も名前部分以外そのまま)、和田一浩の応援歌は仲田秀司の曲の流用(歌詞は異なる)である。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 平井正史

    平井正史から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    は序盤は先発、中盤は中継ぎ、岩瀬がアテネオリンピックで抜けた夏は抑えを務め、チームを支え、リーグ優勝に貢献した。中日移籍後初の埼玉西武ライオンズとの日本シリーズでは第2戦、第4戦、第7戦に登板した。第2戦は1回を投げ無失点だったが、第4戦は勝ち試合ではあったが、中島裕之にソロ本塁打を打たれ、第7戦ではホセ・フェルナンデスに適時打、平尾博嗣にソロ本塁打を打たれるなど2失点するなどやや苦しんだ。平井正史 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    は石井弘寿の故障のため、2次リーグから2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出されたが、代表に選出された選手では久保田智之とともに出場機会がなかった。シーズンでは初めて年間通して抑えを務め、51試合で防御率1.65で29セーブの数字を残した。8月23日のオリックス戦では自己最速の156km/hを計測。被本塁打は9月2日の楽天戦でホセ・フェルナンデスに打たれた1本のみだった。シーズンオフには日米野球の抑え投手部門にファン投票1位で選出され、第2戦、第5戦に登板し計3イニングを無失点。第5戦では4試合で4本塁打していたライアン・ハワードに全球ストレートで勝負し、空振り三振に仕留めた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフィン・オビスポ

    ウィルフィン・オビスポから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    はプロ入り初の開幕一軍出場を果たしたが、シーズン初登板となった4月12日の対埼玉西武ライオンズ1回戦(札幌ドーム)でホセ・フェルナンデスに本塁打を浴びるなど、1回5失点だった。結局2試合しか登板できず、10月19日付けで加藤武治と共に戦力外通告を受け、10月31日に自由契約選手公示された。ウィルフィン・オビスポ フレッシュアイペディアより)

  • 阪神甲子園球場

    阪神甲子園球場から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    2006年 - フェルナンデス(楽天、「フェル(改行、右へ二文字下げて)ナンデス」)とオクスプリング(阪神、「オク(改行、右へ一文字下げて)スプリング」)の2名が改行されて表示された。阪神甲子園球場 フレッシュアイペディアより)

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    弱者の戦略として「無形の力を養おう!」をスローガンに掲げ、チーム力の育成を図った。この年は前年より補強を進め、西武を自由契約となったホセ・フェルナンデス、同じく横浜ベイスターズからセドリック・バワーズ、台湾からは林英傑、元ロッテのリック・ショートを獲得。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 満塁本塁打

    満塁本塁打から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    1イニングで複数の満塁本塁打が4度達成されている。史上初の1イニング2満塁本塁打が記録されたのは1996年10月9日で、阪神の新庄剛志と塩谷和彦が中日の金森隆浩から記録した。塩谷は代打起用でプロ初本塁打である。1999年8月20日にはダイエーの秋山幸二と小久保裕紀が記録した。小久保はランニング本塁打である。2007年4月1日には東北楽天のホセ・フェルナンデスと山崎武司が記録した。2010年6月20日には日本ハムの小谷野栄一と金子誠がオリックスの阿南徹から記録した。満塁本塁打 フレッシュアイペディアより)

  • 北川博敏

    北川博敏から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデスの加入、グレグ・ラロッカの復調により前年より更にスタメン出場が困難になった。主に右の代打を務めつつも、外国人4人が次々に戦線離脱したため、シーズン最後までスタメンに名を連ねた。しかし、打率以外のほとんどの面で前年の成績を下回り、本塁打は2本に終わった。北川博敏 フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示