74件中 21 - 30件表示
  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た埼玉西武ライオンズ

    1月15日にオリックス・バファローズと契約。背番号は「3」に決まった。開幕前に右足指を骨折するが、開幕からレギュラーを任される。他に故障者が続出した事情もあって、カブレラとローズが共に戦線離脱した間は4番を任された事もあったが、一向に調子が上向かなかった。9月13日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)では、7回裏に後藤武敏の打球を顔面に受けて左頬骨を骨折。全治約3ヵ月の重傷で戦線離脱した。117試合に出場して打率.261・15本塁打・47打点・OPS.740と不振に終わり、11月17日にライアン・ボーグルソンと共に退団した。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見たオリックス・バファローズ

    4月1日の対オリックス・バファローズ戦(フルキャストスタジアム宮城)では、3回裏に1イニング2本の満塁本塁打が出たが、1本をフェルナンデスが打った(もう1本は山?武司)。しかし、前半戦で打率.250を下回り、夏場でも一向に調子が上がらず、自身も「人生最大のスランプ」と漏らす程の低空飛行が続いた。オールスター明け以降は11本塁打・43打点と復調し、8月は打率.279・6本塁打・21打点の成績で月間MVPを獲得。8月以降は打率.350を残した。5年連続20本塁打を記録したが、打率.270・22本塁打・79打点・OPS.804と来日以来ワーストの成績に終わった。守備面では、一塁手・三塁手として12失策ずつを記録。一塁手と三塁手の両部門で同時に失策数リーグ最多になるという不名誉な珍記録を作ってしまった。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た阪神タイガース

    は7月に本塁打を1本も打てないなど、最終的には本塁打こそ18本にとどまったが、打率.301・99打点、OPS.843の成績を残した。しかしシーズン終了後、打撃はもちろん守備も定評のある中村紀洋のFAによる楽天入団が決定、自身の失策数が多くこれがネックとなり、12月1日に自由契約となった。オフにオリックス・バファローズや阪神タイガースが獲得に興味を示したが、年内は契約がまとまらなかった。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た中村剛也

    は復帰したカブレラが4番の座を守り、同じ三塁手の中村剛也や石井義人の活躍もあり指名打者での出場が多かった。来日以来最少の120試合の出場ながら、打率.293・26本塁打・OPS.911を記録したが、オフの12月2日に自由契約となった。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た谷佳知

    2004年限りで消滅した大阪近鉄バファローズを含む13球団からの本塁打は、史上7人目(他の達成者はフェルナンド・セギノール、フリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、谷佳知、和田一浩、小笠原道大の6人)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た小林宏 (野球)

    初安打・初本塁打・初打点:2003年4月19日、対オリックス・ブルーウェーブ4回戦(千葉マリンスタジアム)、4回裏に小林宏から左越決勝2ランホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た李承ヨプ (野球)

    は4月中旬よりクリーンナップに定着し、シーズンを通して126試合に出場。打率.303・32本塁打・100打点・OPS.947を記録。来日1年目ながら日本の野球に適応し、3割30本100打点をクリアする好成績を残したがボビー・バレンタイン新監督からの評価は低く(「守備が疑問。指名打者だけなら構想には入れない」とのこと)、李承燁の獲得もありオフの11月28日に自由契約となる。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た許銘傑

    初盗塁:2003年5月9日、対西武ライオンズ6回戦(千葉マリンスタジアム)、5回裏に二盗(投手:許銘傑、捕手:伊東勤)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見たウィリン・ロサリオ

    のオフから、正式契約ではないが阪神タイガースの中南米担当スカウトに就任し、2017年オフにウィリン・ロサリオの獲得に尽力。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見たフリオ・ズレータ

    2004年限りで消滅した大阪近鉄バファローズを含む13球団からの本塁打は、史上7人目(他の達成者はフェルナンド・セギノール、フリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、谷佳知、和田一浩、小笠原道大の6人)ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

74件中 21 - 30件表示