74件中 31 - 40件表示
  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た山岸穣

    日本プロ野球公式戦通算85,000号本塁打:2006年8月11日、対埼玉西武ライオンズ12回戦(インボイスSEIBUドーム)、7回表に山岸穣から左越3ランホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見たマイケル・バレット

    1999年7月に怪我で離脱したマイケル・バレットに代わってメジャー初出場。同年は8試合にメジャー出場し、メジャー初安打も記録。のメジャー出場は無かったが、にはアナハイム・エンゼルス傘下のAAA級ソルトレイク・スティンガーズで打率.338・30本塁打・114打点を記録。2年ぶりのメジャー出場を果たし、13試合に出場したが目立った成績は残せなかった。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    2005年12月13日に東北楽天ゴールデンイーグルスと契約。背番号はロッテ時代と同じ「42」に決まった。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見たワシントン・ナショナルズ

    エバンジェリスコ工業高校を卒業後、マドレ・イ・マエストラカトリック大学に入学。1993年にモントリオール・エクスポズと契約。以降5年間はマイナーリーグでプレーし、からエクスポズ傘下のAAA級オタワ・リンクスで三塁手としてレギュラー出場した。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た千葉ロッテマリーンズ

    シーズン開幕直後の4月、千葉ロッテマリーンズに入団し、背番号は「42」に決まった。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た中日ドラゴンズ

    の開幕前に西武ライオンズに入団。背番号は伊東勤の「何でも1番になってほしい」という願いから1に決定した。前年を上回る132試合に出場し、打率.285・33本塁打・94打点・OPS.887を記録。プレーオフでは全8試合で満塁本塁打1本を含む4本塁打を放ち、チームの2年ぶりのリーグ優勝に貢献。中日ドラゴンズとの日本シリーズでは打率.310・1本塁打・6打点・OPS.858の成績を残し、チームは12年ぶりの日本一に返り咲いた。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見たピッツバーグ・パイレーツ

    、SKワイバーンズに入団し、打率.281・45本塁打・107打点を記録した。韓国では現地の発音からペルナンデスと呼ばれた。この年の本塁打数(45)は2015年ヤマイコ・ナバーロに抜かれるまで、1999年のダン・ローマイヤー(ハンファ・イーグルス)と並ぶ韓国プロ野球の外国人シーズン本塁打数タイ記録であった。オフに年俸契約で交渉が決裂し、SKを退団。SK退団後はメジャー復帰を目指してピッツバーグ・パイレーツのスプリングトレーニングに参加した。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た読売ジャイアンツ

    100本塁打:2006年5月21日、対読売ジャイアンツ2回戦(フルキャストスタジアム宮城)、7回裏にジェレミー・パウエルから左越ソロ ※史上240人目ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た西武ライオンズ

    の開幕前に西武ライオンズに入団。背番号は伊東勤の「何でも1番になってほしい」という願いから1に決定した。前年を上回る132試合に出場し、打率.285・33本塁打・94打点・OPS.887を記録。プレーオフでは全8試合で満塁本塁打1本を含む4本塁打を放ち、チームの2年ぶりのリーグ優勝に貢献。中日ドラゴンズとの日本シリーズでは打率.310・1本塁打・6打点・OPS.858の成績を残し、チームは12年ぶりの日本一に返り咲いた。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た福岡ソフトバンクホークス

    150本塁打:2008年6月27日、対福岡ソフトバンクホークス9回戦(北九州市民球場)、6回表に大隣憲司から中越ソロ ※史上148人目ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示