前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示
  • アスラポート

    アスラポートから見たどさん子どさん子

    株式会社アスラポート・ダイニングは、2017年2月22日に、資源効率の向上並びに、業務効率の向上を図るため、株式会社とり鉄を存続会社とした上で、株式会社プライム・リンク、レゾナンスダイニング株式会社、株式会社どさん子の3社をとり鉄に吸収合併することを発表した。アスラポート フレッシュアイペディアより)

  • どさん子

    どさん子から見たホッコクどさん子

    どさん子 フレッシュアイペディアより)

  • みそ膳

    みそ膳から見たどさん子どさん子

    みそ膳 フレッシュアイペディアより)

  • 裏口上場

    裏口上場から見たどさん子どさん子

    ホッコク(どさん子へ商号変更したのち、2017年4月にアスラポートへ吸収合併)裏口上場 フレッシュアイペディアより)

  • アプレシオ

    アプレシオから見たどさん子どさん子

    2009年7月1日 - ホッコクが支援先に内定。アプレシオ フレッシュアイペディアより)

  • 外食産業

    外食産業から見たどさん子どさん子

    ラーメン - どさん子、どさん娘、熊ッ子、満龍、壱鵠堂、らーめん山頭火、天下一品、九州じゃんがら、香月、寿がきや、本郷亭、グロービート・ジャパン、日高屋、幸楽苑、一風堂、桂花、むつみ屋、味の時計台、ラーメン二郎、元祖ニュータンタンメン本舗、味千ラーメン、こむらさき、古久家、秀穂、福しん、ちりめん亭、8番らーめん、びっくりラーメン一番、第一旭、サイカラーメン、神座、くるまやラーメン、ラーメンめん丸、東大外食産業 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌ラーメン

    札幌ラーメンから見たどさん子どさん子

    上記の花森安治の紹介記事を契機に、1950年代後半以降は、新聞や雑誌等が「龍鳳」や「味の三平」などの有名店を頻繁に取り上げるようになり、御当地グルメとしての「札幌ラーメン」の知名度が上がる。さらに、『サッポロ一番』(サンヨー食品)など、インスタントラーメンで「サッポロ」を冠した商品が数多く発売されたことによって、その人気は全国区のものとなった。1965年頃から、東京方面にも「札幌ラーメン」の看板を掲げた店が増えるようになり、1967年に青池保によって創業された「どさん子」は、全国チェーンとなった。札幌ラーメン フレッシュアイペディアより)

  • 味噌ラーメン

    味噌ラーメンから見たどさん子どさん子

    その後、1967年にはホッコク(後のアスラポートどさん子事業本部)が運営する「どさん子ラーメン」が全国にラーメン店のフランチャイズ展開を開始、1968年にはサンヨー食品がインスタントの味噌ラーメンである「サッポロ一番みそラーメン」の販売を開始するなど、フランチャイズとインスタントラーメンという流通形態が味噌ラーメンの全国的な知名度獲得を牽引し、これら一連の流れにより、味噌ラーメンは北海道のご当地ラーメンとして認識されるところとなった。味噌ラーメン フレッシュアイペディアより)

  • アスラポート・ダイニング

    アスラポート・ダイニングから見たどさん子どさん子

    2016年3月 - 株式会社フジタコーポレーションと業務資本提携し、同社株式の約25%を取得。HSIグローバル株式会社からラーメン店チェーン「どさん子」などを傘下に置く株式会社DSKグループの株式を取得し、連結子会社化。アスラポート・ダイニング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示