前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示
  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    1995年に就任したドイツ人監督ホルガー・オジェックの下で躍進を遂げる。前年に入団した元ドイツ代表のDFブッフバルトの活躍によって守備が安定し、1995年の1stステージ(サントリーシリーズ)では3位になった。この年には創設時からの中心メンバーで、「ミスターレッズ」の愛称を持つ福田正博が日本人初のJリーグ得点王となった。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の浦和レッドダイヤモンズ

    1995年の浦和レッドダイヤモンズから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    新監督にオジェックが就任。2年連続最下位だったチームが4位に躍進した。32得点をあげた福田正博が、日本人初の得点王に輝いた。また、福田正博とブッフバルトがベスト11に選出された。1995年の浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の浦和レッドダイヤモンズ

    1996年の浦和レッドダイヤモンズから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    監督は前年、チームを躍進させたオジェックが務めた。前年の4位から順位を2つ落とし6位となったが、失点はリーグ最少の31失点だった。守備の要のブッフバルトは2年連続でベスト11に選出された。11得点をあげた岡野雅行もベスト11初選出となり、フェアプレイ個人賞も受賞した。1996年の浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • ホルスト・ケッペル

    ホルスト・ケッペルから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    指導者としては1979年に1.FCフィーアゼンの監督兼選手となったのを皮切りにボルシア・ドルトムント、FCヴァッカー・チロルなどで監督を歴任。1997年にJリーグの浦和レッドダイヤモンズの監督に就任した。浦和では前任のホルガー・オジェックが根付かせた堅守に加えて攻撃的スタイルを植えつけることが期待されたが、成績は思うように伸びず、選手・ファンからの信任も得られず1年で退任。その後、古巣ボルシアMGの監督を務めた。ホルスト・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • 土橋正樹

    土橋正樹から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    国士舘大学を経て1995年に浦和レッドダイヤモンズに入団。ホルガー・オジェック監督の下でボランチとしてレギュラーの座を掴むと、前年まで2年連続最下位に終わった浦和の1stステージ3位に貢献、翌1996年には日本代表にも選出された。土橋正樹 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・カーニー

    デヴィッド・カーニーから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    AFCアジアカップ2011決勝で自身のミスでフリーにしてしまい李忠成に決勝ゴールを決められ優勝を逃した。このミスは、オーストラリア紙に今後のキャリアに一生つきまとうだろうと報じられ 当時、監督だったホルガー・オジェックは「失点の場面は、この試合で唯一ともいえる位置取りのミスだった」と発言した。デヴィッド・カーニー フレッシュアイペディアより)

  • サッカーカナダ代表

    サッカーカナダ代表から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    そして、ホルガー・オジェック監督が就任以降は世代交代を進め、象徴的な躍進として知られる2000年のゴールドカップでは、メキシコなどの強豪を破り、決勝のコロンビア戦でも守護神ゴールキーパーのグレイグ・フォレストの活躍もあり完勝し見事初制覇した。翌年のコンフェデレーションズカップでは北中米王者として出場、ブラジルと引き分け試合を演じるなどし、北米の雄として日本のサッカーファンからも注目を集めた。しかし、2002年のワールドカップ予選で日韓大会の出場権を逃して以降は、再び長く低迷が続いている。サッカーカナダ代表 フレッシュアイペディアより)

  • 藤口光紀

    藤口光紀から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2006年6月28日の、浦和レッズ臨時株主総会後の臨時取締役会で、犬飼基昭前社長の後を継いで同クラブ社長に就任、2007年にはAFCチャンピオンズリーグを制するところまで実績を挙げたものの、翌年のホルガー・オジェック監督解任に端を発したクラブの成績不振の責任を取る形で、2009年4月3日には社長を退任した(クラブ低迷等の経緯から、事実上の解任であるという見方もある)。藤口光紀 フレッシュアイペディアより)

  • サーシャ・オグネノヴスキ

    サーシャ・オグネノヴスキから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    ナショナルチームではオーストラリア代表に所属する。2009年、オグネノブスキはマケドニア代表からの招集を受けるも、国籍問題もあって試合には出場できなかった。その後、城南での活躍がオーストラリア代表監督のホルガー・オジェックに認められ、2010年秋に初めてA代表として招集された。続くAFCアジアカップ2011の代表チーム入りも果たし、準決勝の対ウズベキスタン戦で代表初ゴールを決めた。サーシャ・オグネノヴスキ フレッシュアイペディアより)

  • アダム・サロタ

    アダム・サロタから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    父親が30年前にポーランドから移住してきたことで、オーストラリアとポーランドのパスポートを2つ所持していたためだった。サロタの父トニーは、ホルガー・オジェック新監督にオーストラリア代表に招集されることがなければ、ポーランドもオプションとしてあると語った。アダム・サロタ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示

「ホルガー・オジェック」のニューストピックワード