前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • ミチェル・ランゲラク

    ミチェル・ランゲラクから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    オーストラリア代表U-20に選出され、AFCユース選手権2006に参加した。フル代表に招集されたのは2011年3月で、ドイツと戦う「17-man squad」と、ホルガー・オジェックに名付けられた一員となった。ミチェル・ランゲラク フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の浦和レッドダイヤモンズ

    1995年の浦和レッドダイヤモンズから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    新監督にオジェックが就任。2年連続最下位だったチームが4位に躍進した。32得点をあげた福田正博が、日本人初の得点王に輝いた。また、福田正博とブッフバルトがベスト11に選出された。1995年の浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の浦和レッドダイヤモンズ

    1996年の浦和レッドダイヤモンズから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    監督は前年、チームを躍進させたオジェックが務めた。前年の4位から順位を2つ落とし6位となったが、失点はリーグ最少の31失点だった。守備の要のブッフバルトは2年連続でベスト11に選出された。11得点をあげた岡野雅行もベスト11初選出となり、フェアプレイ個人賞も受賞した。1996年の浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • ホルスト・ケッペル

    ホルスト・ケッペルから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    指導者としては1979年に1.FCフィーアゼンの監督兼選手となったのを皮切りにボルシア・ドルトムント、FCヴァッカー・チロルなどで監督を歴任。1997年にJリーグの浦和レッドダイヤモンズの監督に就任した。浦和では前任のホルガー・オジェックが根付かせた堅守に加えて攻撃的スタイルを植えつけることが期待されたが、成績は思うように伸びず、選手・ファンからの信任も得られず1年で退任。その後、古巣ボルシアMGの監督を務めた。ホルスト・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のJリーグ ディビジョン1

    2008年のJリーグ ディビジョン1から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    前年のアジア王者・浦和が開幕2連敗で、ホルガー・オジェックが監督を解任された。序盤戦の主役となったのが、ドラガン・ストイコビッチ新監督に率いられた、名古屋である。サイドからの崩しを中心とした攻撃サッカーは多くのメディアで「美しい」と評され、勝ち点を積み重ねた。しかし、首位争いをリードするまでには至らず、鹿島やFC東京、柏、さらには監督交代後に立ち直った浦和などとの団子状態となる。2008年のJリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬治

    広瀬治から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    しかし、1995年にホルガー・オジェックが監督に就任すると守備的MFにコンバート。新人の土橋正樹とのコンビでレッズの中盤を構築すると、冷静な読みを武器にサントリーシリーズ3位に貢献しオジェック体制で欠かすことの出来ない存在となっていった。翌1996年にはギド・ブッフバルトを負傷で欠いたこともありリベロへコンバート。ブッフバルトの復帰後もこのポジションを務め、最後尾からチームを統率した。2000年に引退するまでいぶし銀のプレーで、前身の三菱時代を含め17シーズンにわたって同クラブの中盤を支え続けた。広瀬治 フレッシュアイペディアより)

  • エルサン・ギュリュム

    エルサン・ギュリュムから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    U-23代表としてグラハム・アーノルド監督の下で2試合に出場するも、A代表での出番は一向に訪れず、ホルガー・オジェック新監督体制の初戦のエジプトとの親善試合にも未招集に終わると、見過ごされていると感じたため、2010年11月に自身のルーツであるトルコ代表を選択することを表明した。エルサン・ギュリュム フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ベネディット・ダ・シルバ

    アントニオ・ベネディット・ダ・シルバから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    1992年のナビスコカップからは清水エスパルスに移籍し、ポジションはFWではなく攻撃的なMFを務めた。1993年は負傷のためほぼ1年棒に振ったが、翌1994年の前期は16得点を挙げチームは優勝争いに絡んだが、シジマールの負傷もあり終盤で失速した。一方で、後期はロベルト・リベリーノへの監督交代劇もあり精彩を欠いた。1995年のサントリーシリーズでは、堀池巧や長谷川健太が序盤で負傷し戦線を離脱。その為チームは低迷していたがトニーニョは11得点を挙げる働きを見せた。同シリーズ終了後、外国籍選手枠の関係で浦和レッズに期限付き移籍し、監督のホルガー・オジェックの発案でディフェンダーも務めた。1996年には清水に復帰したが、同年に監督に就任したオズワルド・アルディレスは、フェルナンド・オリバを主軸に据えていたため目立った活躍は出来なかった。トニーニョとオリバは定位置が同じく1.5列目であるため、トニーニョは必然的に出場機会が減少した。アントニオ・ベネディット・ダ・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢丹浦和店

    伊勢丹浦和店から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    平成8年度 - ホルガー・オジェック監督、岡野雅行、ウーベ・バイン伊勢丹浦和店 フレッシュアイペディアより)

  • 堤俊輔

    堤俊輔から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2008年、オジェック監督解任後に発足したエンゲルス体制において、第3節の新潟戦でリーグ戦初出場すると、チームのリーグ戦初勝利に貢献し、坪井慶介に変わりレギュラーに定着。ユース出身選手初となるA契約を締結した。堤俊輔 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示