37件中 11 - 20件表示
  • アダム・サロタ

    アダム・サロタから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    父親が30年前にポーランドから移住してきたことで、オーストラリアとポーランドのパスポートを2つ所持していたためだった。サロタの父トニーは、ホルガー・オジェック新監督にオーストラリア代表に招集されることがなければ、ポーランドもオプションとしてあると語った。アダム・サロタ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のサッカー

    2008年のサッカーから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    3月16日 - 浦和レッドダイヤモンズはホルガー・オジェック監督を成績不振を理由に解任し、ゲルト・エンゲルスコーチが監督に昇格した。2008年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • ディーノ・ジュルビッチ

    ディーノ・ジュルビッチから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    中国サッカー・スーパーリーグでのプレーが認められ、2012年にホルガー・オジェック監督率いるオーストラリア代表に招集され、東アジアカップ2013予選2次リーグのグアム戦で代表デビューをした。ディーノ・ジュルビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 小野剛 (サッカー指導者)

    小野剛 (サッカー指導者)から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2007年11月16日に脳梗塞で倒れたイビチャ・オシム日本代表監督の後任としてホルガー・オジェックらが候補に上がる中、旧知の仲である岡田武史に就任を打診し同年12月に正式契約を結んだ。小野剛 (サッカー指導者) フレッシュアイペディアより)

  • マット・マッカイ

    マット・マッカイから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2006年8月16日に行われたAFCアジアカップ2007 (予選)・クウェート戦でオーストラリア代表デビューした。しかし、次に出場機会が巡ってきたのは2009年1月28日のAFCアジアカップ2011 (予選)・インドネシア戦であった。2010 FIFAワールドカップのメンバーからは落選したが、監督がホルガー・オジェックに変わってから、再び代表に選出される。AFCアジアカップ2011本大会では5試合に出場し、アシストを記録するなど大きな活躍を見せた。マット・マッカイ フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・カーニー

    デヴィッド・カーニーから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    AFCアジアカップ2011決勝で自身のミスでフリーにしてしまい李忠成に決勝ゴールを決められ優勝を逃した。このミスは、オーストラリア紙に今後のキャリアに一生つきまとうだろうと報じられ 当時、監督だったホルガー・オジェックは「失点の場面は、この試合で唯一ともいえる位置取りのミスだった」と発言した。デヴィッド・カーニー フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    シーズン開幕前にヴァンフォーレ甲府から獲得オファーを受けるが、監督が変わることを理由に残留を選択。新監督として就任したホルガー・オジェックからは、FWとしてのフリーランニングや囮の動きを第一に考えることを求められた。それまでのドリブル重視のプレースタイルからは変化したが、オジェック監督の信頼を得た永井は一貫してFWで起用された。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 土橋正樹

    土橋正樹から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    国士舘大学を経て1995年に浦和レッドダイヤモンズに入団。ホルガー・オジェック監督の下でボランチとしてレギュラーの座を掴むと、前年まで2年連続最下位に終わった浦和の1stステージ3位に貢献、翌1996年には日本代表にも選出された。土橋正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 藤口光紀

    藤口光紀から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2006年6月28日の、浦和レッズ臨時株主総会後の臨時取締役会で、犬飼基昭前社長の後を継いで同クラブ社長に就任、2007年にはAFCチャンピオンズリーグを制するところまで実績を挙げたものの、翌年のホルガー・オジェック監督解任に端を発したクラブの成績不振の責任を取る形で、2009年4月3日には社長を退任した(クラブ低迷等の経緯から、事実上の解任であるという見方もある)。藤口光紀 フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2004年から4年2ヶ月の間、浦和レッドダイヤモンズのヘッドコーチを務める。エンゲルス自身監督経験豊富にもかかわらず、一歩下がって当時の監督であったギド・ブッフバルト、ホルガー・オジェックの片腕としてサポートする浦和にとって貴重な存在であった。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示