34件中 11 - 20件表示
  • マシュー・レッキー

    マシュー・レッキーから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2012年11月14日、ホルガー・オジェック監督に韓国との親善試合に招集され、途中出場でデビューをした。マシュー・レッキー フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2004年から4年2ヶ月の間、浦和レッドダイヤモンズのヘッドコーチを務める。エンゲルス自身監督経験豊富にもかかわらず、一歩下がって当時の監督であったギド・ブッフバルト、ホルガー・オジェックの片腕としてサポートする浦和にとって貴重な存在であった。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ステカネロ・セルケイラ

    ワシントン・ステカネロ・セルケイラから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    しかし2007年、浦和の監督に就任したホルガー・オジェックと起用法などで対立し、以下の様な造反行為を繰り返した。ワシントン・ステカネロ・セルケイラ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ベネディット・ダ・シルバ

    アントニオ・ベネディット・ダ・シルバから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    1992年のナビスコカップからは清水エスパルスに移籍。ポジションはFWではなく攻撃的なMFだったがその得点力は驚異的で、93年は負傷のためほぼ1年棒に振ることになるが、翌94年の前期は絶好調で16得点を挙げチームは優勝戦線に躍り出るものの、シジマールが終盤で負傷し失速した。一方で、後期はロベルト・リベリーノへの監督交代劇もあり精彩を欠いた。1995年のサントリーシリーズでは、堀池巧や長谷川健太が序盤で負傷し戦線を離脱。その為チームは低迷していたがトニーニョは獅子奮迅の働きを見せ11得点を挙げている。同シリーズ終了後、外国籍選手枠の関係で浦和レッズに期限付き移籍した。浦和では監督のホルガー・オジェックの発案でディフェンダーも務めた。1996年には清水に復帰するが、目立った活躍は出来なかった。アントニオ・ベネディット・ダ・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    ホルガー・オジェック(浦和 1995-1996、2007-2008シーズン途中)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • マット・マッカイ

    マット・マッカイから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2006年8月16日に行われたAFCアジアカップ2007 (予選)・クウェート戦でオーストラリア代表デビューした。しかし、次に出場機会が巡ってきたのは2009年1月28日のAFCアジアカップ2011 (予選)・インドネシア戦であった。2010 FIFAワールドカップのメンバーからは落選したが、監督がホルガー・オジェックに変わってから、再び代表に選出される。AFCアジアカップ2011本大会では5試合に出場し、アシストを記録するなど大きな活躍を見せた。マット・マッカイ フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬治

    広瀬治から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    しかし、1995年にホルガー・オジェックが監督に就任すると守備的MFにコンバート。新人の土橋正樹とのコンビでレッズの中盤を構築すると、冷静な読みを武器にサントリーシリーズ3位に貢献しオジェック体制で欠かすことの出来ない存在となっていった。翌1996年にはギド・ブッフバルトを負傷で欠いたこともありリベロへコンバート。ブッフバルトの復帰後もこのポジションを務め、最後尾からチームを統率した。2000年に引退するまでいぶし銀のプレーで、前身の三菱時代を含め17シーズンにわたって同クラブの中盤を支え続けた。広瀬治 フレッシュアイペディアより)

  • 中村祐也

    中村祐也から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    しかし、昇格後は負傷がちで、満足に練習すらできないまま2年を過ごした。3年目は、トップ下のほかセカンドトップでもプレーし、サテライトの大宮戦でハットトリックを記録したが、当時の監督であるホルガー・オジェックからは全く評価されなかった。中村祐也 フレッシュアイペディアより)

  • 堤俊輔

    堤俊輔から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2008年、オジェック監督解任後に発足したエンゲルス体制において、第3節の新潟戦でリーグ戦初出場すると、チームのリーグ戦初勝利に貢献し、坪井慶介に変わりレギュラーに定着。ユース出身選手初となるA契約を締結した。堤俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュア・ケネディ

    ジョシュア・ケネディから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    名古屋グランパスに移籍してからは単なるクロスボールのターゲット(背の高いハイボールの処理係)ではなく、ポストプレーや時にはサイドに移る動きをみせオーストラリア代表に置いても監督のホルガー・オジェックからも同じくJリーグに在籍するアレックス・ブロスケと共に「Jリーグに行ってからスキル(技術)が上がった」と唸らせた。元々、オジェックは浦和レッドダイヤモンズでも監督を経験をしており、Jリーグではテクニカルなサッカーが主体なのを知っており、Jリーグから招集する選手も多い。ジョシュア・ケネディ フレッシュアイペディアより)

34件中 11 - 20件表示

「ホルガー・オジェック」のニューストピックワード