34件中 21 - 30件表示
  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    シーズン開幕前にヴァンフォーレ甲府から獲得オファーを受けるが、監督が変わることを理由に残留を選択。新監督として就任したホルガー・オジェックからは、FWとしてのフリーランニングや囮の動きを第一に考えることを求められた。それまでのドリブル重視のプレースタイルからは変化したが、オジェック監督の信頼を得た永井は一貫してFWで起用された。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 田口禎則

    田口禎則から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    1995年、ホルガー・オジェックが監督に就任すると意識改革に成功。フィジカルの強さを生かしながら反則を犯さずに相手からボールを奪取するクリーンなプレーが可能となり、サントリーシリーズでの上位進出の原動力となった。しかし同年9月23日の名古屋グランパスエイト戦後にサポーターへの暴行事件を引き起こし、4ヶ月の出場停止処分を受け再びチーム関係者とサポーターの信頼を失う結果となった。埼玉県内のリハビリ施設や養護施設でのボランティア活動を経て復帰後はオジェックの下で再び出場機会を得てギド・ブッフバルトやバジール・ボリと共に堅固な守備陣を形成した。田口禎則 フレッシュアイペディアより)

  • 堀孝史

    堀孝史から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    1992年にJリーグの浦和へ移籍。加入当初はフォワードや攻撃的ミッドフィールダーとしてプレーしていたが結果を残すことが出来ず、堀の決定力不足はチームの低迷の要因の一つと評された。横山謙三監督時の1994年に「ピッチで上下動を繰り返す運動量と、パスの正確性」を買われて右サイドバックに転向。1995年に監督に就任したホルガー・オジェックの下ではボランチを務め、チーム事情によってセンターバックやトップ下まで幅広く務めていた。1999年のベルマーレ平塚(翌年に湘南ベルマーレと改称)移籍後は主に守備的MFでプレーしていたが、2001年限りで現役引退。堀孝史 フレッシュアイペディアより)

  • 細貝萌

    細貝萌から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    前橋育英高校時代は背番号10をつけトップ下を本職としていた。高校卒業後の2005年、前年に特別指定選手として加入していた浦和レッズに入団。デビュー1年目のシーズンは天皇杯でセンターバックとして出場した際、安定した守りを見せた。U-22日本代表では右サイドバックでもプレーし、新境地を開いている。ブッフバルト監督体制下においては主にCB、オジェック監督体制下においてはCB、SB、WBで、エンゲルス監督体制下では本職のボランチで起用されていた。フィンケ監督就任後は、本職である堤俊輔が負傷した影響もあり、左SBとして起用されていたが、2010年は堤俊輔の復帰と宇賀神友弥の加入で左SBにある程度の人員が揃った事もあり、キャンプや練習試合でもボランチで固定され、Jリーグ第1節、対鹿島アントラーズ戦ではキャプテンの鈴木啓太を押しのける形で先発出場を果たした。これ以降もボランチとしてレギュラーポジションを確保し、前年までと同様にチーム事情、試合展開によっては右SB、左SBを務めることもあった。細貝萌 フレッシュアイペディアより)

  • ディーノ・ジュルビッチ

    ディーノ・ジュルビッチから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    中国サッカー・スーパーリーグでのプレーが認められ、2012年にホルガー・オジェック監督率いるオーストラリア代表に招集され、東アジアカップ2013予選2次リーグのグアム戦で代表デビューをした。ディーノ・ジュルビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のサッカー

    2008年のサッカーから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    3月16日 - 浦和レッドダイヤモンズはホルガー・オジェック監督を成績不振を理由に解任し、ゲルト・エンゲルスコーチが監督に昇格した。2008年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ロマン・リケルメ

    フアン・ロマン・リケルメから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    FIFA技術部門トップであったホルガー・オジェックが『世界のファンタジスタ6傑』に指名した事もある。(フランス代表ジダン、イタリア代表トッティ、ポルトガル代表デコ、『アルゼンチン代表リケルメ』、日本代表中村俊輔、ガーナ代表アッピアー)フアン・ロマン・リケルメ フレッシュアイペディアより)

  • ロビー・クルーズ

    ロビー・クルーズから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2010年12月28日、Aリーグでの優れたプレーを認められ、クルーズはAFCアジアカップ2011への、ホルガー・オジェック監督率いるオーストラリア代表のメンバーに選ばれた。そして、2011年1月5日、アジアカップに向けた親善試合の対UAE戦で代表デビューを飾った。本大会に入ると同25日、アジアカップ本大会決勝トーナメント準決勝、対ウズベキスタン戦でチーム6点目となる代表初得点を決めている。ロビー・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・ベッケンバウアー

    フランツ・ベッケンバウアーから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    同年8月、フランスのオリンピック・マルセイユのスポーツディレクターに就任した。契約金は300万マルク(約2億8000万円)。これはベッケンバウアー自身がアディダスとの長いつながりがあったことと、マルセイユの会長を当時務めていたベルナール・タピがアディダスの経営権を握っていた縁によるものだった。当初、ベッケンバウアーはタピの「マルセイユを世界一のクラブにする」計画に興味を持ち、西ドイツ代表時代にコーチを務めたホルガー・オジェックと共にチームに参加したが、就任から2週間後に監督のジェラール・ジリが辞任したことを受けて1990-91シーズン途中の同年9月に監督に就任した。なおジリは1988年から監督を務めリーグ2連覇、1990-91シーズンも開幕から負けなしで首位に立っていた。ベッケンバウアーの初采配は第10節のASカンヌ戦となったが0-1で敗戦。サポーターからは非難のブーイングと前任のジリを求めるコールが鳴り響いた。フランツ・ベッケンバウアー フレッシュアイペディアより)

  • 岡田武史

    岡田武史から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    その際、小野剛は、元浦和監督のホルガー・オジェックらがオシムの後任日本代表監督候補に上がる中、岡田に打診した理由として、(1) オシムが築いてきた土台の上に新しい色、個性を積み上げられる、(2) 強烈なリーダーシップ、求心力を持っている、(3) 翌年2月6日の予選まで与えられた時間が少ないためにコミュニケーション能力がある監督としての3点を挙げている。岡田武史 フレッシュアイペディアより)

34件中 21 - 30件表示

「ホルガー・オジェック」のニューストピックワード