37件中 21 - 30件表示
  • 細貝萌

    細貝萌から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    前橋育英高校時代は背番号10をつけトップ下を本職としていた。高校卒業後の2005年、前年に特別指定選手として加入していた浦和レッドダイヤモンズに加入。デビュー1年目のシーズンは天皇杯でセンターバックとして出場した際、安定した守りを見せた。U-22日本代表では右サイドバックでもプレーし、新境地を開いている。ブッフバルト監督体制下においては主にCB、オジェック監督体制下においてはCB、SB、WBで、エンゲルス監督体制下では本職のボランチで起用されていた。フィンケ監督就任後は、本職である堤俊輔が負傷した影響もあり、左SBとして起用されていたが、2010年は堤俊輔の復帰と宇賀神友弥の加入で左SBにある程度の人員が揃った事もあり、キャンプや練習試合でもボランチで固定され、Jリーグ第1節、対鹿島アントラーズ戦ではキャプテンの鈴木啓太を押しのける形で先発出場を果たした。これ以降もボランチとしてレギュラーポジションを確保し、前年までと同様にチーム事情、試合展開によっては右SB、左SBを務めることもあった。細貝萌 フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュア・ケネディ

    ジョシュア・ケネディから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    名古屋グランパスに移籍してからは単なるクロスボールのターゲット(背の高いハイボールの処理係)ではなく、ポストプレーや時にはサイドに移る動きを見せ、オーストラリア代表においても監督のホルガー・オジェックからも同じくJリーグに在籍したアレックス・ブロスケと共に「Jリーグに行ってからスキル(技術)が上がった」と唸らせた。元々、オジェックは浦和レッドダイヤモンズでも監督を経験をしているため、Jリーグではテクニカルなサッカーが主体なのを知っており、Jリーグから招集する選手も多い。ジョシュア・ケネディ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ステカネロ・セルケイラ

    ワシントン・ステカネロ・セルケイラから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    しかし2007年、浦和の監督に就任したホルガー・オジェックと起用法などで対立し、以下の様な造反行為を繰り返した。ワシントン・ステカネロ・セルケイラ フレッシュアイペディアより)

  • 堀孝史

    堀孝史から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    1992年にJリーグの浦和へ移籍。加入当初はフォワードや攻撃的ミッドフィールダーとしてプレーしていたが結果を残すことが出来ず、堀の決定力不足はチームの低迷の要因の一つと評された。横山謙三監督時の1994年に「ピッチで上下動を繰り返す運動量と、パスの正確性」を買われて右サイドバックに転向。1995年に監督に就任したホルガー・オジェックの下ではボランチを務め、チーム事情によってセンターバックやトップ下まで幅広く務めていた。1999年のベルマーレ平塚(翌年に湘南ベルマーレと改称)移籍後は主に守備的MFでプレーしていたが2001年限りで現役引退。堀孝史 フレッシュアイペディアより)

  • 田中マルクス闘莉王

    田中マルクス闘莉王から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    一方で浦和入団の際にラブコールを出してくれたギド・ブッフバルト監督の退任以降に就任したホルガー・オジェック、フォルカー・フィンケら後任監督と相次いで衝突した。オジェックの後任監督のゲルト・エンゲルスとは良好な関係を築いており、解任に際して惜しむコメントを残している。田中マルクス闘莉王 フレッシュアイペディアより)

  • サーシャ・オグネノヴスキ

    サーシャ・オグネノヴスキから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    ナショナルチームではオーストラリア代表に所属する。2009年、オグネノブスキはマケドニア代表からの招集を受けるも、国籍問題もあって試合には出場できなかった。その後、城南での活躍がオーストラリア代表監督のホルガー・オジェックに認められ、2010年秋に初めてA代表として招集された。続くAFCアジアカップ2011の代表チーム入りも果たし、準決勝の対ウズベキスタン戦で代表初ゴールを決めた。サーシャ・オグネノヴスキ フレッシュアイペディアより)

  • 田口禎則

    田口禎則から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    1995年、ホルガー・オジェックが監督に就任すると意識改革に成功。フィジカルの強さを生かしながら反則を犯さずに相手からボールを奪取するクリーンなプレーが可能となり、サントリーシリーズでの上位進出の原動力となった。一方、ニコスシリーズ第9節の横浜M戦から3連敗を喫すると同年9月23日の名古屋グランパスエイト戦後にサポーターへの暴行事件を引き起こし、4ヶ月の出場停止処分を受けた。埼玉県内のリハビリ施設や養護施設でのボランティア活動を経て、復帰後はオジェックの下で再び出場機会を得てギド・ブッフバルトやバジール・ボリと共に堅固な守備陣を形成した。田口禎則 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーカナダ代表

    サッカーカナダ代表から見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    そして、ホルガー・オジェック監督が就任以降は世代交代を進め、象徴的な躍進として知られる2000年のゴールドカップでは、メキシコなどの強豪を破り、決勝のコロンビア戦でも守護神ゴールキーパーのグレイグ・フォレストの活躍もあり完勝し見事初制覇した。翌年のコンフェデレーションズカップでは北中米王者として出場、ブラジルと引き分け試合を演じるなどし、北米の雄として日本のサッカーファンからも注目を集めた。しかし、ワールドカップは1990年大会以降北中米カリブ海予選を突破できていない。サッカーカナダ代表 フレッシュアイペディアより)

  • アンジェ・ポステコグルー

    アンジェ・ポステコグルーから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    ポステコグルーは、2013年10月23日に、前任のドイツ人監督、ホルガー・オジェックのブラジル、フランス戦での連戦の0-6での、惨敗の責任を取らされる形で解任された後を受けて、5年契約でオーストラリア代表監督を引き受けた。彼には代表チームの世代交代が課せられ、2006年ワールドカップ出場の黄金世代に頼りすぎて以来、成績も停滞していた。彼の最初の試合はホームでのコスタリカ戦で、ティム・ケーヒルのゴールで1-0で勝利した。アンジェ・ポステコグルー フレッシュアイペディアより)

  • ロビー・クルーズ

    ロビー・クルーズから見たホルガー・オジェックホルガー・オジェック

    2010年12月28日、Aリーグでの優れたプレーを認められ、クルーズはAFCアジアカップ2011への、ホルガー・オジェック監督率いるオーストラリア代表のメンバーに選ばれた。そして、2011年1月5日、アジアカップに向けた親善試合の対UAE戦で代表デビューを飾った。本大会に入ると同25日、アジアカップ本大会決勝トーナメント準決勝、対ウズベキスタン戦でチーム6点目となる代表初得点を決めている。ロビー・クルーズ フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示