113件中 91 - 100件表示
  • 入来祐作

    入来祐作から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    井元の勧めで亜細亜大学に進学後は、1年生から硬式野球部のエースとして活躍。同級生に沖原佳典、1年後輩に養父鉄がいた。在学中には、東都大学1部リーグの公式戦で、通算54試合登板、23勝21敗、防御率3.22、234奪三振を記録。一時はプロ野球ドラフト会議の上位指名候補に挙げられたが、4年生(1994年)の秋に右肩の血行障害が生じたことから評価が急変。同年のドラフト会議でどの球団からも指名されなかったため、右肩の手術を経て、卒業後に本田技研へ入社した。入来祐作 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼崎智史

    鬼崎智史から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    その後、主にクリーンアップを任されるが、攻撃的布陣を組むときは1番を務めることもある。外野手としての守備力は平均的。2004年以降、かずさマジックは都市対抗野球大会の出場を逃しているが、鬼崎は主にその打撃力を買われ、2004年にはJFE東日本、2006年にはホンダの補強選手として本大会に出場している。鬼崎智史 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東昭光

    伊東昭光から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    社会人野球は本田技研に在籍。にエースとしてロサンゼルスオリンピック野球日本代表に参加し、金メダルを獲得する。の日本選手権では本田技研の初優勝に貢献し、自身は4試合で完投し、防御率0.79の好成績を残し、MVPを獲得。1985年のドラフト会議でヤクルトスワローズから1位で指名されたことを機に、入団へ至った。担当スカウトは片岡宏雄で、背番号は18。伊東昭光 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸たかの

    瀬戸たかのから見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    2006年11月18日には京セラドーム大阪にて、同ドラマのPRも兼ねて、主催者から招待を受けて第33回社会人野球日本選手権大会の開幕試合(ホンダ対和歌山箕島球友会戦)の始球式を務めた。瀬戸たかの フレッシュアイペディアより)

  • 第45回都市対抗野球大会

    第45回都市対抗野球大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    河本昭人投手(日産自動車(本田技研))第45回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 行澤久隆

    行澤久隆から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    大阪市立春日出小学校、大阪市立春日出中学校卒。PL学園高校では2年の時、の夏の甲子園で決勝に進むが、東海大相模に敗れ準優勝に留まる。同年秋の岩手国体では、決勝で大分商を降し優勝。1学年上のチームメートに新美敏、新井宏昌がいた。翌年の夏の甲子園にも、同期のエース田代克業(中大?本田技研)を擁し連続出場するが、1回戦で郡山高に敗退。行澤久隆 フレッシュアイペディアより)

  • 三沢今朝治

    三沢今朝治から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    以後は日本ハム球団スカウトとして活躍し、島田誠、岡部憲章、松浦宏明など多くの新人選手獲得に貢献した。特に駒大OBということで同大学からの獲得することが多く、白井一幸・河野博文・広瀬哲朗と駒大選手(広瀬は駒大を経て本田技研所属だった)を3年連続でドラフト1位指名したこともあった。三沢今朝治 フレッシュアイペディアより)

  • 西森将司 (野球)

    西森将司 (野球)から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    高校卒業後は、社会人野球のホンダに入社。との2年間所属する。西森将司 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業フットボールクラブ

    本田技研工業フットボールクラブから見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    ホンダの各事業所にはそれまでも同好の士を集めたサッカー部は活動していた。社員に共通の話題を提供し、社員の意識を強化を図り、士気を高めるという目的でいえば、埼玉製作所の野球部(現Honda硬式野球部)や、鈴鹿製作所の野球部(現Honda鈴鹿硬式野球部)が既に実績を挙げており、浜松製作所でも当初、野球部をという声も出たが、既に埼玉と鈴鹿に野球部があること、そして何よりも静岡という土壌を考え、サッカー部創設が決定した。まず監督・保崎昌訓、主将・望月修司の浜友会のメンバーを中心に、1971年春新入社の関東大学リーグ経験者を大量に加え、それまで浜友会が所属していた静岡県リーグ2部西部リーグからスタートを切った。翌1972年には、名相銀の中心選手だった桑原勝義が、日本サッカー協会の幹部・長沼健に口説かれ、銀行職を捨てて郷里のチームに加入。桑原は翌1973年にプレイングマネージャーとなり、桑原を中心にチームは強化された。本田技研工業フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 寺村友和

    寺村友和から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    千葉商高から、本田技研を経て、1997年度ドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから2位指名を受けて入団。寺村友和 フレッシュアイペディアより)

113件中 91 - 100件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード