113件中 101 - 110件表示
  • 下水流昂

    下水流昂から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    大学卒業後は、社会人野球のHondaに入団。普段は工場に勤務し、自動車製造の心臓部といえるエンジンの鋳造や不具合のチェックなどの社業に携わった。1年目のから公式戦に出場。同年の第82回都市対抗野球大会は初戦敗退に終わった。2年目のは、第83回都市対抗野球大会の2回戦で新垣勇人擁する東芝に0-3で敗れた。在籍時のチームメイトには、佐藤達也や諏訪部貴大がいる。下水流昂 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    優勝:Honda(初優勝)2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • Honda熊本硬式野球部

    Honda熊本硬式野球部から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    Honda硬式野球部 - 埼玉県狭山市を本拠地としている。Honda熊本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車硬式野球部

    トヨタ自動車硬式野球部から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    の都市対抗野球では、今まで突破できなかった準々決勝で勝利し初めて決勝まで駒を進めたが、西郷泰之や長野久義擁するHondaの前に屈し準優勝に終わった。トヨタ自動車硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 王子硬式野球部

    王子硬式野球部から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    、5回目の出場となった同年の都市対抗野球では、決勝でホンダと対戦し、大会史上初となるサヨナラホームランで優勝を決めた。この優勝はチームのみならず、愛知県勢として初の黒獅子旗獲得であった。王子硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    に本田技研工業へ入社。同社のノンプロチームHonda硬式野球部へ入部した。Hondaでは第62回JABA東京スポニチ大会で社会人デビュー。主に3番・右翼手としてチームのベスト4入りに貢献し、同大会で新人賞。また4月の第55回JABA静岡大会では準決勝で先制本塁打を放つ活躍が認められ、大会最優秀選手に選出された。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 森山正義

    森山正義から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    佼成学園高校ではエース猪狩志郎(駒大?本田技研)を擁し、右翼手として1968年春の選抜に出場。1回戦でこの大会に準優勝した尾道商の井上幸信に抑えられ1-2で惜敗。高校同期に遊撃手の清水透がいた。森山正義 フレッシュアイペディアより)

  • 和光市

    和光市から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    Honda硬式野球部は1960年の創部から2000年まで本田技術研究所本社のある和光市を本拠地としていたが、2001年から本田技研工業埼玉製作所のある狭山市へ本拠地を移転した。和光市 フレッシュアイペディアより)

  • 河本育之

    河本育之から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    高校卒業後、に社会人野球の新日本製鐵光に入社してから硬式野球を始めた。翌には日本鋼管福山の補強選手として、初めて都市対抗に出場した。その後、にはチームの都市対抗連続出場に貢献し、には協和発酵の補強選手として本田技研との一回戦で4回を無失点に抑え、勝利投手となっている。1991年のプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから2位指名を受けて入団。契約金、年俸はそれぞれ6,800万円、720万円(いずれも推定)だった。河本育之 フレッシュアイペディアより)

  • 達川光男

    達川光男から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    1977年のドラフト会議で広島東洋カープから4位指名を受け、入団。テレビでドラフトの様子を2巡目までは見ていたが、自分の名前が出ないためパチンコに行ってしまい、指名されたと後輩が伝えに来たときは大当たりの途中で台から動けなくなっていた。また、指名がなかった場合は本田技研の野球部に進むことが内定していたという。背番号は40。達川光男 フレッシュアイペディアより)

113件中 101 - 110件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード