113件中 11 - 20件表示
  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    2月5日 - 巨人はこの年のドラフト会議でHondaの長野久義の1位指名方針を発表。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の野球

    2013年の野球から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    3月14日 - 【社会人】第68回JABA東京スポニチ大会最終日が明治神宮野球場で行われ、決勝ではHondaが5体3でJX-ENEOSを破り初優勝。10月28日開幕の日本選手権出場権を獲得した(2大会連続17回目)2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の野球

    2008年の野球から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    7月1日 - 【社会人】都市対抗野球大会の関東代表決定リーグで、前年度優勝の東芝がホンダに4対3で敗れ、8月に開催される本大会への出場を逃す。前年度優勝チームの予選敗退は不祥事、休部を除けば8年ぶり。2008年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 中村隼人 (野球)

    中村隼人 (野球)から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    社会人野球の本田技研に進むと1年目からエースとして活躍。同年の日本選手権でも初戦に先発したが、敗戦投手となっている。2年目のには都市対抗に初めて出場するも、初戦で敗れた。には川鉄千葉の補強選手として都市対抗に出場し、初戦の対大阪ガス戦で2番手として好投したがチームは敗れた。同年のドラフト会議で4位指名を受け、日本ハムファイターズに入団。契約金、年俸はそれぞれ6,000万円、1,200万円(金額はいずれも推定)だった。中村隼人 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 新井潔

    新井潔から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    富岡市小野中出身。東農大二高では投手から遊撃手へ転向。2年秋の群馬県大会で優勝。卒業後は本田技研に入社、5番サードを打った。1990年度ドラフト会議にてヤクルトスワローズから4位指名を受けて入団。1992年は1A・サリナス・スパーズに野球留学した。新井潔 フレッシュアイペディアより)

  • 全開HONDA

    全開HONDAから見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    全開HONDA(ぜんかいホンダ)は、社会人野球の本田技研工業(HONDA)所有3チーム(ホンダ、ホンダ鈴鹿、ホンダ熊本)の共通応援歌である。全開HONDA フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木弥

    佐々木弥から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    大きな転機となったのは同年の第77回都市対抗野球大会。七十七銀行から補強した高橋利信、岩手21赤べこ野球軍団から補強した高倉啓司に挟まれるように4番に座った佐々木は打棒を爆発させる。1回戦(対伯和ビクトリーズ(東広島市)戦)ではノーヒットと振るわなかったが、2回戦(対JR東海(名古屋市)戦)では0?2のビハインドで迎えた7回裏に反撃ののろしとなるホームランを打ち、準々決勝(対ホンダ(狭山市)戦)では4四死球で出塁、準決勝(対日本通運(さいたま市)戦)では0?3で迎えた3回表に反撃の開始となるソロホームランを打ち込んだだけでなく、3?5で迎えた7回表には逆転のグランドスラムをレフトスタンドに叩き込んだ。そして決勝戦(対日産自動車(横須賀市)戦)でも1安打を放ち、チームの初優勝に貢献。橋戸賞(MVP)こそ5試合登板のエース・野田正義に譲ったが、3本塁打が評価され、打撃賞と大会優秀選手(一塁手部門)を受賞した。また、同年の社会人ベストナイン(一塁手部門)も受賞した。佐々木弥 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋信夫

    高橋信夫から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    利根商業高から流通経済大学を経て、に本田技研入社。高橋信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 野田正義

    野田正義から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    準々決勝(9月3日) TDK 5-2 ホンダ 野田リリーフ0.2回無失点野田正義 フレッシュアイペディアより)

  • 和田貴範

    和田貴範から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    2003年に新日鐵君津から衣替えした市民球団かずさマジックに入部。かずさ1期生となる。その年チームは2大大会(都市対抗野球大会・社会人野球日本選手権大会)に出場を果たすが、ほとんど出場機会がないまま初年度を終える。2年目からチームは2大大会の出場を逃し続けるが、和田はサードのレギュラーを獲得し、2004年にはホンダ、2005年にもホンダ、2006年にはJFE東日本の補強選手として3年連続で都市対抗でチームの上位進出に貢献。2006年には慣れないセカンドを東京ドームで守りながらチームの8強入りに貢献し、大会優秀選手に選出された。2007年は日本通運の補強選手となり、4年間で南関東地区のライバルチームすべてのユニフォームに袖を通した。和田貴範 フレッシュアイペディアより)

113件中 11 - 20件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード