113件中 21 - 30件表示
  • 田中明 (野球)

    田中明 (野球)から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    決勝 対ホンダ(狭山市) 8回表1死から登板(2回2/3)、無失点、勝ち投手田中明 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 林尚克

    林尚克から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    ベテランの域に入っても強力な打棒が衰えることはなく、第75回都市対抗野球大会(2004年)では王子製紙の補強に選ばれた林は、主に1番・レフトを任され、攻撃的布陣の切り込み隊長の役割を担うこととなった。林は準々決勝から3試合連続のホームランを放った。特に決勝戦(対ホンダ(狭山市)戦)では、延長10回裏1死無走者で打席に入り、恩田寿之(かずさマジックより補強)からライトスタンドに都市対抗野球大会史上初の優勝決定サヨナラホームランを叩き込んだ。この一発は王子製紙に初優勝をもたらしたのみならず、愛知県勢にとって初めての黒獅子旗獲得につながるものであった。林は大会優秀選手に選ばれるばかりでなく、その年の社会人ベストナイン(外野手部門)を初受賞した。林尚克 フレッシュアイペディアより)

  • 赤井喜代次

    赤井喜代次から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    享栄商業高校では、一塁手、投手として夏の甲子園愛知県予選の決勝に進出するが、山中巽、江藤省三らのいた中京商に敗れ、甲子園には届かなかった。卒業後は本田技研に入社。に国鉄スワローズに入団。赤井喜代次 フレッシュアイペディアより)

  • 小手川喜常

    小手川喜常から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    小手川 喜常(こてがわ よしのぶ、1985年3月15日 - )は社会人野球の選手(ポジションは外野手)である。Honda所属。170cm、68kg。背番号5。右投げ左打ち。小手川喜常 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会 (埼玉県勢)

    都市対抗野球大会 (埼玉県勢)から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    1957年(第28回大会)に浦和市・日本通運が本大会に出場し、1967年(第38回大会)に大和町・本田技研がこれに続くと、埼玉県からはこの2チームが頻繁に出場を果たしている。両チームとも優勝経験、準優勝経験を有し、2004年から9年間、2チーム揃っての出場が続いた。都市対抗野球大会 (埼玉県勢) フレッシュアイペディアより)

  • 尾形佳紀

    尾形佳紀から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    卒業後、ホンダに入社。当時のホンダは都市対抗野球大会に出場できない低迷期にあり、2002年には新日鐵君津、2003年には日本通運の補強選手として都市対抗野球大会に出場した。のドラフト4巡目で広島東洋カープに指名され入団。尾形佳紀 フレッシュアイペディアより)

  • 中沢春雄

    中沢春雄から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    卒業後は1970年に本田技研工業へ入社し、同年の都市対抗に出場。準々決勝に進むが、住友金属に延長11回サヨナラ負け。この大会の南関東予選では首位打者となる。この時のチームメートに黒田正宏、藤村哲也がいた。中沢春雄 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原道臣

    吉原道臣から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    大学卒業後には、ホンダを経て、2006年の大学・社会人ドラフト会議で横浜ベイスターズから6巡目で指名。同年11月28日に入団契約を結んだ。背番号は45。吉原道臣 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の野球

    2004年の野球から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    9月6日 - 第75回都市対抗野球大会の決勝戦が東京ドームで行われ、春日井市の王子製紙が狭山市のホンダに勝利し、初優勝達成2004年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 創価大学硬式野球部

    創価大学硬式野球部から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    中村隼人(本田技研 - 日本ハムファイターズ・北海道日本ハムファイターズ - 読売ジャイアンツ - 千葉熱血MAKING - 中信エレファンツ)創価大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

113件中 21 - 30件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード