101件中 21 - 30件表示
  • 河原井正雄

    河原井正雄から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    桐生市本町に生まれる。子どもの頃から稲川東一郎率いる群馬県立桐生高等学校硬式野球部に憧れ同校へ入学。1年生から中心選手として活躍するも甲子園への出場はならず。卒業後、青山学院大学(東都大学野球連盟)に進学。本田技研?青学大コーチを経て現職。河原井正雄 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤剛 (野球)

    佐藤剛 (野球)から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    埼玉県立川越工業高等学校卒業、本田技研(現:Honda硬式野球部)より1992年度新人選手選択会議1位で、広島東洋カープに入団。低めにコントロールされた速球とフォークボールが武器だった。佐藤剛 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 三沢今朝治

    三沢今朝治から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    以後は日本ハム球団スカウトとして活躍し、島田誠、岡部憲章、松浦宏明など多くの新人選手獲得に貢献した。特に駒大OBということで同大学からの獲得することが多く、白井一幸・河野博文・広瀬哲朗と駒大選手(広瀬は駒大を経て本田技研所属だった)を3年連続でドラフト1位指名したこともあった。三沢今朝治 フレッシュアイペディアより)

  • 中沢春雄

    中沢春雄から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    下妻一高校から立教大学へ進学し、卒業後に本田技研工業へ入社。中沢春雄 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木弥

    佐々木弥から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    大きな転機となったのは同年の第77回都市対抗野球大会。七十七銀行から補強した高橋利信、岩手21赤べこ野球軍団から補強した高倉啓司に挟まれるように4番に座った佐々木は打棒を爆発させる。1回戦(対伯和ビクトリーズ(東広島市)戦)ではノーヒットと振るわなかったが、2回戦(対JR東海(名古屋市)戦)では0?2のビハインドで迎えた7回裏に反撃ののろしとなるホームランを打ち、準々決勝(対ホンダ(狭山市)戦)では4四死球で出塁、準決勝(対日本通運(さいたま市)戦)では0?3で迎えた3回表に反撃の開始となるソロホームランを打ち込んだだけでなく、3?5で迎えた7回表には逆転のグランドスラムをレフトスタンドに叩き込んだ。そして決勝戦(対日産自動車(横須賀市)戦)でも1安打を放ち、チームの初優勝に貢献。橋戸賞(MVP)こそ5試合登板のエース・野田正義に譲ったが、3本塁打が評価され、打撃賞と大会優秀選手(一塁手部門)を受賞した。また、同年の社会人ベストナイン(一塁手部門)も受賞した。佐々木弥 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋祐司

    棚橋祐司から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    そして東海REXから補強した林尚克に対しても「無類の勝負強さを持っている」として1番レフトのポジションを任せ、林はその期待に応えて決勝戦の対ホンダ戦で延長10回裏に優勝を決めるサヨナラホームランを打ち込んだ。田中・林の両者とも、その年の社会人ベストナインを受賞している。棚橋祐司 フレッシュアイペディアより)

  • 田村勤

    田村勤から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    駒澤大学では東都大学リーグ通算29試合登板し3勝3敗。4年次にサイドスローに転向し、本田技研に入社。1年目の1988年には都市対抗野球大会に選手登録されるも出場はならなかったが、2年目の1989年に初出場。翌1990年にはチームは敗れるものの、補強選手として出場。1回戦に先発として起用される。同年ドラフト4位で阪神に入団。背番号は一貫して36を背負った。田村勤 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤義典

    斎藤義典から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    その後、周囲の強い勧めにより1997年から本田技研に入社をするが、翌1998年に富士重工業に移籍し、2002年まで5年間プレーをする。斎藤義典 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤崇明

    佐藤崇明から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    高校卒業後は日本大学に進学、野球部では衣川隆夫(その後ホンダを経て同校野球部コーチ)とバッテリーを組んだ。2001年の春季リーグ戦ではエースとして3勝を挙げ、チームの17季ぶりの優勝に大きく貢献した。リーグ戦通算7勝4敗。佐藤崇明 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部次男

    阿部次男から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    小柄で細身、しかもストレートは最速でも130km/h代前半しか出ないものの、それを補って余りある変化球の切れを持ち、富士重工業のエースとして活躍を続けている。投球術の巧みさは同い年の岡崎淳二(鷺宮製作所)、あるいは坂本保(Honda)と双璧をなす。阿部次男 フレッシュアイペディアより)

101件中 21 - 30件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード