113件中 31 - 40件表示
  • 高田博久

    高田博久から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    卒業後は日本楽器(現ヤマハ)に入社。1984年の都市対抗ではエースとして2勝をあげ準決勝に進出するが、日本鋼管に敗退した。1985年の第13回アジア野球選手権大会日本代表に選出される。同年の日本選手権でも順調に勝ち進み、決勝で本田技研と対戦。伊東昭光投手と投げ合い1-7で敗退、準優勝にとどまるが同大会の敢闘賞を受賞した。高田博久 フレッシュアイペディアより)

  • 田村勤

    田村勤から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    駒澤大学では東都大学リーグ通算29試合登板し3勝3敗。4年次にサイドスローに転向し、本田技研に入社。1年目の1988年には都市対抗野球大会に選手登録されるも出場はならなかったが、2年目の1989年に初出場。翌1990年にはチームは敗れるものの、補強選手として出場。1回戦に先発として起用される。同年ドラフト4位で阪神に入団。背番号は一貫して36を背負った。田村勤 フレッシュアイペディアより)

  • アジア都市対抗野球大会

    アジア都市対抗野球大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    埼玉県チームは埼玉県の企業チーム(ホンダ、日本通運)の選抜チーム。アジア都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 谷真一

    谷真一から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    広島商では1975年の夏の甲子園に出場、準決勝に進むが習志野に敗れる。法政大学に進学。遊撃手として活躍し、東京六大学リーグでは1979年春季にベストナイン選出。同年の日米大学野球選手権大会日本代表。本田技研に入社し、1981年、1982年の都市対抗野球大会に連続出場。1982年のプロ野球ドラフト会議で近鉄バファローズから2位指名を受け入団。谷真一 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪部貴大

    諏訪部貴大から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    実績を残せなかったため野球を辞めることも考えていたが、高山健一の紹介でHonda野球部の練習に参加し卒業後入社。シーズンオフとなる12月から2月は社員として組み立て作業等に従事した。3年目のから先発に定着し、3月のJABA東京スポニチ大会では1回戦の先発を任され6回無失点。準優勝した4月のJABA静岡大会で最優秀新人賞を受賞。5月のJABA九州大会では決勝のトヨタ自動車戦で1失点完投するなど2勝をあげ、MVPに選ばれた。8月の第80回都市対抗野球大会では準々決勝の対東芝戦で勝利投手となる。諏訪部貴大 フレッシュアイペディアより)

  • 山越吉洋

    山越吉洋から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    卒業後は本田技研に進む。チームメートに広瀬哲朗遊撃手がおり、二塁手としての出場が多かった。1985年の社会人野球日本選手権大会では伊東昭光の好投もあって初優勝、この大会の打撃賞、優秀選手賞を受賞した。また同年から都市対抗に2年連続出場(1986年は日本通運の補強選手)。山越吉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    、都市対抗九州地区2次予選で他の投手の調子が悪かったこともあって敗者復活戦に登板し好投。チームは本大会出場を逃したが、JR九州の補強選手に選ばれて出場した。準々決勝では強打のホンダ相手に好投するなど3試合に登板して優秀選手賞を受賞し、スカウトの評価を高めた。同年オフの大学・社会人ドラフトで千葉ロッテマリーンズに4巡目で指名され入団。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    本戦では前回大会優勝の狭山市・Hondaと準優勝の豊田市・トヨタ自動車がともに2回戦で敗れる中、コールドゲームが1試合も起こらない実力伯仲の試合が続いた。活発な打線を擁する川崎市・東芝と豊富な投手力と継投を見せる北九州市・JR九州が決勝で対戦し、東芝が3年ぶり7回目の優勝を果たした。JR九州は前年の日本選手権優勝に続く史上初の秋・夏連覇を目指したが、準優勝に終わった。橋戸賞は3試合に登板して2完封を記録した藤田卓史(東芝)が受賞した。第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第33回社会人野球日本選手権大会

    第33回社会人野球日本選手権大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    この大会から、日本選手権改革の一環としてその年の都市対抗、クラブ選手権の優勝チームが推薦出場することとなった。よって出場チーム数が28チームに増加。それぞれ推薦出場の第1号となったTDK、和歌山箕島球友会はいずれも初戦でホンダに敗れた。また、NOMOベースボールクラブが近畿予選を勝ち上がって本戦初出場し、前年の都市対抗・クラブ選手権に続き史上初の3大大会出場を果たした。近畿地区からクラブチームが本戦に出場するのは史上初。第33回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第41回社会人野球日本選手権大会

    第41回社会人野球日本選手権大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    同年夏の都市対抗で躍進を見せた近畿勢は本戦も席巻し、8強のうち4チームを占めた。大会唯一のコールドゲームを決めた日本生命が勝ち上がり、第29回大会と同じ顔合わせの決勝でHonda相手に9回逆転サヨナラ勝ちで3度目の優勝を遂げ、東芝、JX-ENEOSに次ぐ3チーム目の夏秋連覇を達成した。最優秀選手賞は決勝でサヨナラタイムリーヒットを放った古川昌平捕手が獲得した。第41回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

113件中 31 - 40件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード