101件中 31 - 40件表示
  • 谷真一

    谷真一から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    広島商高から法政大・本田技研を経て、1982年のプロ野球ドラフト会議で近鉄バファローズから2位指名を受け入団。谷真一 フレッシュアイペディアより)

  • 第38回IBAFワールドカップ日本代表

    第38回IBAFワールドカップ日本代表から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    代表選考の合宿等は行わず、大会に先立つように行われていた第80回都市対抗野球大会での活躍をもとに選手が選抜された。そのため、選手全員が同大会に出場しており、大会出場を逃したチームからの選抜は行われなかった。同大会で橋戸賞を獲得した筑川利希也投手(Honda)は当初代表入りしていたが、大会中に故障したことから、発表後に代表入りを辞退した。主に20代後半の選手が選出され、学生と社会人の混成であった前回大会代表に比べて、年齢が若干高くなった。第38回IBAFワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 第54回全国高等学校野球選手権大会

    第54回全国高等学校野球選手権大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    金本誠吉(中京?本田技研鈴鹿?阪急?三星?サンバンウル)第54回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋信夫

    高橋信夫から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    利根商業高から流通経済大学を経て、に本田技研入社。高橋信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第77回全国高等学校野球選手権大会

    第77回全国高等学校野球選手権大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    尾形佳紀(日大藤沢?日本大学?ホンダ?広島)第77回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会 (埼玉県勢)

    都市対抗野球大会 (埼玉県勢)から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    1957年(第28回大会)に浦和市・日本通運が本大会に出場し、1967年(第38回大会)に大和町・本田技研がこれに続くと、埼玉県からはこの2チームが頻繁に出場を果たしている。両チームとも優勝経験、準優勝経験を有し、2004年以降は2チーム揃っての出場が続いている。都市対抗野球大会 (埼玉県勢) フレッシュアイペディアより)

  • 林尚克

    林尚克から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    ベテランの域に入っても強力な打棒が衰えることはなく、第75回都市対抗野球大会(2004年)では王子製紙の補強に選ばれた林は、主に1番・レフトを任され、攻撃的布陣の切り込み隊長の役割を担うこととなった。林は準々決勝から3試合連続のホームランを放った。特に決勝戦(対ホンダ(狭山市)戦)では、延長10回裏1死無走者で打席に入り、恩田寿之(かずさマジックより補強)からライトスタンドに都市対抗野球大会史上初の優勝決定サヨナラホームランを叩き込んだ。この一発は王子製紙に初優勝をもたらしたのみならず、愛知県勢にとって初めての黒獅子旗獲得につながるものであった。林は大会優秀選手に選ばれるばかりでなく、その年の社会人ベストナイン(外野手部門)を初受賞した。林尚克 フレッシュアイペディアより)

  • 金子誠一

    金子誠一から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    社会人野球の本田技研を経て1989年ドラフト3位で阪神入り。「和製カンセコ」(KANEKOにSを加えるとKANSEKOになるため。日刊スポーツなどで取り上げられた)と呼ばれ、チームでは貴重な右のスラッガーとして主に代打で活躍した。また191センチと大柄な体に似合わず守備はかなり上手だった。しかし持病の腰痛の為レギュラー獲得までには至らず、1995年限りで現役引退。金子誠一 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬和夫

    相馬和夫から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    プロ野球ドラフト会議で、競合した目玉選手の交渉権を見事獲得するそのクジ運から「黄金の左手」と呼ばれた。1982年の1位競合の荒木大輔(早稲田実業学校高等部)、1983年の1位競合の高野光(東海大学)、1983年の2位競合の池山隆寛(尼崎市立尼崎高等学校)、1984年の1位競合の広沢克己(明治大学)、1985年の1位競合の伊東昭光(本田技研)、1987年の1位競合の長嶋一茂(立教大学)、1992年の1位競合の伊藤智仁(三菱自動車工業京都)の各選手をドラフト上位の競合で交渉権を獲得して、入団にこぎつけた。ドラフトの抽選において、「迷ったら駄目、最初に触ったものを引く」と発言している。しかし、すべてにおいて交渉権を得たわけではなく、1989年の野茂英雄の時のように相馬がクジを引いて外した例もある。相馬和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬哲朗

    広瀬哲朗から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    静岡県立富士宮北高校から駒澤大学に進学。同野球部では東都大学リーグ通算99試合出場、352打数100安打、打率.284、2本塁打、32打点。ベストナイン4回。1982年のプロ野球ドラフト会議にヤクルトスワローズから4位で指名されたが拒否し、本田技研工業に就職し同野球部で活動。駒澤大から本田技研に移る段階では卒業単位を満たしていなかったが、本田技研時代に単位を取得し、卒業している。その後、1985年のプロ野球ドラフト会議で日本ハムファイターズに1位指名され入団した。ヤクルト指名時は川相昌弘の外れ4位、日本ハム指名時は清原和博の外れ1位という二度の代役指名を経験した。広瀬哲朗 フレッシュアイペディアより)

101件中 31 - 40件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード