113件中 41 - 50件表示
  • 佐藤剛 (野球)

    佐藤剛 (野球)から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    埼玉県立川越工業高等学校卒業、本田技研(現:Honda硬式野球部)より1992年度新人選手選択会議1位で、広島東洋カープに入団。低めにコントロールされた速球とフォークボールが武器だった。佐藤剛 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 高山健一

    高山健一から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    本田技研では1年目からクリーンナップを任され、第65回都市対抗野球大会では川崎製鉄千葉に補強されている。翌年は遊撃手にコンバートされ、第66回都市対抗野球大会の南関東大会の第二代表決定戦では3打席連続で本塁打を放った。本大会にはNTT関東の補強選手として出場した。また、アトランタ五輪の予選を兼ねたアジア野球選手権で日本代表に選ばれている。1995年度ドラフト会議にて広島東洋カープから5位指名を受けて契約金6,000万円、年俸1,000万円(金額はいずれも推定)で入団契約を結んでいる。高山健一 フレッシュアイペディアより)

  • 宇田東植

    宇田東植から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    拓殖大学第一高校では2年次の1964年、夏の甲子園東京都予選3回戦でノーヒットノーランを達成。高校卒業後は中央大学へ進学し、東都大学リーグで通算35試合に登板。9勝3敗を挙げる。大学同期には杉田久雄・石渡茂がいた。大学卒業後後は本田技研を経て、1971年のドラフト4位指名で東映フライヤーズに入団。デビュー当初から主に敗戦処理が中心だったが、イースタン・リーグでは1972年に最優秀防御率のタイトルを獲得。には新山隆史コーチとマンツーマンで腰の回転を研究。これまでアンダースローでありながら腰の回り方がオーバースローに近いものであったが、アンダースローに合った腰の回転に矯正。先発投手として39試合に登板し、規定投球回もクリア。防御率3.47・9勝3敗の成績を残し、リーグ投手ベストテンの7位に入った。1981年の日本シリーズでは、第4戦で4番手に登板している。1月、榊原良行との交換トレードで阪神タイガースに移籍。中継ぎとして29試合に登板したが、1年限りで退団。、韓国プロ野球(KBO)のヘテ・タイガースに移籍。その年は30試合登板、7勝7敗3セーブを挙げて韓国シリーズ優勝に貢献。に現役引退。宇田東植 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の読売ジャイアンツ

    2009年の読売ジャイアンツから見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    2月5日 - この年のドラフト会議でHondaの長野久義の1位指名方針を発表。2009年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ニチダイ硬式野球部

    ニチダイ硬式野球部から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    、前年は都市対抗野球近畿予選でNOMOベースボールクラブに敗れあと1歩のところで本戦出場を逃したが、同年は都市対抗野球京滋奈2次予選で日本新薬を破って波に乗り、悲願の本戦出場を果たした。本戦では、1回戦でホンダと対戦し、1対11で8回コールド負けを喫している。ニチダイ硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口健一

    矢口健一から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    2003年から市民球団のチームが生まれ変わる頃には中堅どころの選手となり、沢村通から引き継いで2004年・2005年シーズンは主将としてチームを牽引したが、チームは2大大会出場を逃した(ただし、矢口本人は2004年の第75回都市対抗野球大会でホンダの補強選手に選ばれ、チームの準優勝に貢献、大会優秀選手(指名打者部門)に選ばれた)。矢口健一 フレッシュアイペディアより)

  • 第71回都市対抗野球大会

    第71回都市対抗野球大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    山崎英紀(新日鐵君津(本田技研))第71回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 金子誠一

    金子誠一から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    社会人野球の本田技研を経て1988年のドラフト3位で阪神入り。「和製カンセコ」(KANEKOにSを加えるとKANSEKOになるため。日刊スポーツなどで取り上げられた)と呼ばれ、チームでは貴重な右のスラッガーとして主に代打で活躍した。また191センチと大柄な体に似合わず守備はかなり上手だった。しかし持病の腰痛の為レギュラー獲得までには至らず、1995年限りで現役引退。金子誠一 フレッシュアイペディアより)

  • 第87回都市対抗野球大会

    第87回都市対抗野球大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    予選では、有力チームがおおむね順当に勝ち上がったが、前年まで12年連続で出場していたHonda(狭山市)は予選で敗退した。また、門真市・パナソニックは、日本生命(大阪市)以来史上2チーム目となる50回目(前身の「松下電器野球部」時代も含む)の本戦出場を勝ち取った。東北地区では、活動66年目の山形市・きらやか銀行が第1代表を獲得し、初の本戦出場を決めた。山形県勢の本選出場は1950年大会の山形ハッピーミシン以来66年ぶり。第87回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    2004年の第75回都市対抗野球大会では68年ぶりの8強入り、2005年の第76回都市対抗野球大会では69年ぶりの4強入りを果たし、2010年の第81回都市対抗野球大会では準優勝に輝いた。これと前後して、2009年の第36回社会人野球日本選手権大会で、同年の都市対抗優勝チームのHondaを決勝で破り優勝。国鉄分割民営化後にJRグループチームで初めて全国大会を制した。JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

113件中 41 - 50件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード