101件中 51 - 60件表示
  • 第67回都市対抗野球大会

    第67回都市対抗野球大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    日本代表はアトランタで銀メダルを獲得したことから、メダリストたちが自らのチームに戻って都市対抗に出場する選手(松中信彦(新日鐵君津)、谷佳知(三菱自動車岡崎、今大会はJR東海の補強で出場)、福留孝介(日本生命)、川村丈夫(日本石油)ら)が集結し、さらには入来祐作(本田技研)、大塚晶文(日本通運、今大会は本田技研の補強で出場)、高橋憲幸(日本石油)、小笠原道大(NTT関東、今大会は新日鐵君津の補強で出場)、森慎二(新日鐵君津)、礒部公一(三菱重工広島)など、その後プロ野球で活躍する選手が大勢出場していた大会として、レベルとしてもかなりハイレベルであるとの評価が今でもなされている。現在でも、大会期間中には、この大会で活躍した選手たちの映像が、試合およびイニングの合間に、東京ドームのオーロラビジョンに映し出されることがある。第67回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第12回社会人野球日本選手権大会

    第12回社会人野球日本選手権大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    大会は本田技研が初優勝。ロス五輪代表入りした伊東昭光投手が4試合で完投し、防御率0.79の好成績を残し、MVPを獲得した。また今回から打撃賞と首位打者賞が分離して表彰された。第12回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第36回社会人野球日本選手権大会

    第36回社会人野球日本選手権大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    優勝したのはJR九州。すべての試合で3失点以下と安定した投手陣の力で1936年の第10回都市対抗野球大会以来となる全国大会優勝を成し遂げた。MVPには全試合に登板して4勝した濱野雅慎投手が選ばれた。Hondaは都市対抗に続く2冠を目指したが決勝で力尽きた。第36回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    、都市対抗九州地区二次予選で他の投手の調子が悪かったこともあって敗者復活戦に登板し好投。チームは本大会出場を逃したが、JR九州の補強選手に選ばれて出場した。準々決勝では強打のホンダ相手に好投するなど3試合に登板して優秀選手賞を受賞するなど、スカウトの評価を高めた。同年オフの大学・社会人ドラフトで千葉ロッテマリーンズに4巡目で指名され入団。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤祐太

    武藤祐太から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    高校卒業後は、Hondaに入団。武藤祐太 フレッシュアイペディアより)

  • 河本育之

    河本育之から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    高校卒業後、に社会人野球の新日鐵光に入社してから硬式野球を始めた。翌には日本鋼管福山の補強選手として、初めて都市対抗に出場した。その後、にはチームの都市対抗連続出場に貢献し、には協和発酵の補強選手として本田技研との一回戦で4回を無失点に抑え、勝利投手となっている。1991年のプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから2位指名を受けて入団。契約金、年俸はそれぞれ6,800万円、720万円(いずれも推定)だった。河本育之 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本義隆

    橋本義隆から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    岡山県和気郡日生町(現:備前市)出身。中央大学時代は読売ジャイアンツの阿部慎之助とバッテリーを組んでいた。東都大学1部リーグ通算3勝9敗。大学卒業後は社会人野球のホンダに所属し、角度のある140km/h台中後半のストレートとスライダー、フォーク、チェンジアップなど多彩な変化球を織り交ぜた投球を武器に、2004年の第75回都市対抗野球大会での準優勝に貢献した(敢闘賞にあたる「久慈賞」を受賞)。2004年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから3巡目で指名を受け、入団。背番号は33。橋本義隆 フレッシュアイペディアより)

  • 篠塚和典

    篠塚和典から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    主に1950年代に活躍した映画プロデューサーの三上訓利(丹波哲郎、加山雄三の父、上原謙、金子信雄、高島忠夫らと親交があった)と女優の折原啓子は夫人の父母で、俳優の三上博史は夫人のいとこにあたる。長男の篠塚宜政は青山学院大学硬式野球部に在籍し、2012年春から社会人野球Hondaに所属。2012年4月9日神宮でのHONDAvs立教大戦で、ルーキーとして2点リードの7回に代打で登場し、3球目の直球を右翼スタンドへ社会人初本塁打を放った。篠塚和典 フレッシュアイペディアより)

  • 須田幸太

    須田幸太から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    大学卒業後はJFE東日本に入社してエースとして活躍。の都市対抗野球では自チームでの出場は逃したもののHondaに補強され、抑えとして5試合中4試合に登板して胴上げ投手となり、若獅子賞を獲得した。また翌の都市対抗野球では自チームで出場、チームをベスト8入りに導いている。須田幸太 フレッシュアイペディアより)

  • 西森将司 (野球)

    西森将司 (野球)から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    高校卒業後は、社会人野球のホンダに入社。との2年間所属する。西森将司 (野球) フレッシュアイペディアより)

101件中 51 - 60件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード