113件中 51 - 60件表示
  • 第72回都市対抗野球大会

    第72回都市対抗野球大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    早川大輔(日本通運(本田技研))第72回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第67回都市対抗野球大会

    第67回都市対抗野球大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    日本代表はアトランタで銀メダルを獲得したことから、メダリストたちが自らのチームに戻って都市対抗に出場する選手(松中信彦(新日鐵君津)、谷佳知(三菱自動車岡崎、今大会はJR東海の補強で出場)、福留孝介(日本生命)、川村丈夫(日本石油)ら)が集結し、さらには入来祐作(本田技研)、大塚晶文(日本通運、今大会は本田技研の補強で出場)、高橋憲幸(日本石油)、小笠原道大(NTT関東、今大会は新日鐵君津の補強で出場)、森慎二(新日鐵君津)、礒部公一(三菱重工広島)など、その後プロ野球で活躍する選手が大勢出場していた大会として、レベルとしてもかなりハイレベルであるとの評価が今でもなされている。現在でも、大会期間中には、この大会で活躍した選手たちの映像が、試合およびイニングの合間に、東京ドームのオーロラビジョンに映し出されることがある。第67回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第12回社会人野球日本選手権大会

    第12回社会人野球日本選手権大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    大会は本田技研が初優勝。ロス五輪代表入りした伊東昭光が4試合で完投し、防御率0.79の好成績を残し、MVPを獲得した。また、この大会から打撃賞と首位打者賞が分離して表彰された。第12回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐英樹

    五十嵐英樹から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    高校卒業後は、社会人野球の三菱重工神戸に入団。にチーム投手陣で最年長となると頭角を表したが、同年の都市対抗野球では1回戦で新日本製鐵大分にコールド負けし、自身の登板も勝敗がほぼ決した後だった。はチームは都市対抗野球出場を逃したものの、同僚の後藤利幸とともに神戸製鋼の補強選手として本戦に出場し、2回戦で先発して本田技研を8回途中まで5安打2失点に抑え、味方の逆転勝利を呼び込んだ。のプロ野球ドラフト会議で横浜ベイスターズから3位指名を受け、契約金と年俸それぞれ6,000万円、750万円(いずれも推定)で入団契約を結んでいる。五十嵐英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 第29回社会人野球日本選手権大会

    第29回社会人野球日本選手権大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    決勝では、豊富な投手陣を誇るホンダと日本生命が対戦。序盤に相手先発を打ち崩した日本生命が12年ぶりの秋王者となった。第29回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第84回都市対抗野球大会

    第84回都市対抗野球大会から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    予選では、昨年まで12年連続本戦に出場していた日本通運、日本新薬の2チームがいずれも姿を消した。一方、浜松市・ヤマハと狭山市・Hondaの2チームは連続出場を10年の大台に乗せた。近畿地区では兵庫県のチームがすべて予選敗退し、第1回大会から続いていた県勢の連続出場が83回で途絶えた。また、前シーズン途中に部内の不祥事で活動を自粛していた大阪市・大阪ガスは近畿地区最後の出場枠を獲得した。初出場チームはなかった。第84回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本義隆

    橋本義隆から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    岡山県和気郡日生町(現:備前市)出身。中央大学時代は読売ジャイアンツの阿部慎之助とバッテリーを組んでいた。東都大学1部リーグ通算3勝9敗。大学卒業後は社会人野球のホンダに所属し、角度のある140km/h台中後半のストレートとスライダー、フォーク、チェンジアップなど多彩な変化球を織り交ぜた投球を武器に、2004年の第75回都市対抗野球大会での準優勝に貢献した(敢闘賞にあたる「久慈賞」を受賞)。2004年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから3巡目で指名を受け、入団。背番号は33。橋本義隆 フレッシュアイペディアより)

  • 冨田康祐

    冨田康祐から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    青山学院大学硬式野球部での同期生に、下水流昂外野手(Honda硬式野球部を経て2013年に広島東洋カープへ入団)や三田友梨佳マネージャー(現在はフジテレビアナウンサー)がいる。冨田康祐 フレッシュアイペディアより)

  • 第38回IBAFワールドカップ日本代表

    第38回IBAFワールドカップ日本代表から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    代表選考の合宿等は行わず、大会に先立つように行われていた第80回都市対抗野球大会での活躍をもとに選手が選抜された。そのため、選手全員が同大会に出場しており、大会出場を逃したチームからの選抜は行われなかった。同大会で橋戸賞を獲得した筑川利希也投手(Honda)は当初代表入りしていたが、大会中に故障したことから、発表後に代表入りを辞退した。主に20代後半の選手が選出され、学生と社会人の混成であった前回大会代表に比べて、年齢が若干高くなった。第38回IBAFワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 小松聖

    小松聖から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    は樋口と町豪将の2人がプロ入りしてチームを抜け、140km/h前後の速球と2種類のスライダーを武器に台頭した。JABA四国大会では敢闘賞を受賞。第76回都市対抗野球大会九州予選では第1代表獲得に貢献する好投でMVPに選ばれた。本大会では、初戦で三菱重工神戸にサヨナラ勝ち、準々決勝ではホンダに勝利。準決勝では日産自動車に敗れたものの69年ぶりの4強入りを果たし、優秀選手賞を受賞。社会人野球日本選手権大会九州予選でも勝ち抜き、本大会では同年の都市対抗覇者三菱ふそう川崎との2回戦で先発して5安打9奪三振で完封勝利を挙げた。小松聖 フレッシュアイペディアより)

113件中 51 - 60件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード