113件中 61 - 70件表示
  • 相馬和夫

    相馬和夫から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    ドラフト会議で、競合した目玉選手の交渉権を見事獲得するそのクジ運から「黄金の左手」と呼ばれた。1982年の1位競合の荒木大輔(早稲田実業学校高等部)、1983年の1位競合の高野光(東海大学)、1983年の2位競合の池山隆寛(尼崎市立尼崎高等学校)、1984年の1位競合の広沢克己(明治大学)、1985年の1位競合の伊東昭光(本田技研)、1987年の1位競合の長嶋一茂(立教大学)、1992年の1位競合の伊藤智仁(三菱自動車京都)の各選手をドラフト上位の競合で交渉権を獲得して、入団にこぎつけた。ドラフトの抽選において、「迷ったら駄目、最初に触ったものを引く」と発言している。しかし、すべてにおいて交渉権を得たわけではなく、1989年の野茂英雄の時のように相馬がクジを引いて外した例もある。相馬和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 西俊児

    西俊児から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    卒業後は本田技研に進み、から3年連続で都市対抗に出場。1987年の大会では、1回戦の新日鐵八幡との対戦で2本塁打を放つ。チームメートに金子誠一、田村勤らがいた。西俊児 フレッシュアイペディアより)

  • 君波隆祥

    君波隆祥から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    熊谷商業高から中央大学に進学。1年上に大学日本代表捕手の長井研介(本田技研)がおり、3年生までは外野手も兼ねる。東都大学リーグでは1年上のエース香坂英典を擁し、1979年春季リーグに優勝。同年の全日本大学野球選手権大会では決勝で早大を降し優勝している。大学同期に高木豊がいる。君波隆祥 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋良太

    石橋良太から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    Honda入社後、1年目から主力として活躍。2014年の第67回JABA九州大会では優勝を果たし、MVPに輝いた。第85回都市対抗野球大会ではリリーフ、第40回社会人野球日本選手権大会では先発で活躍した。2年目は第86回都市対抗野球大会では三菱重工名古屋戦で8回1失点の好投。第41回社会人野球日本選手権大会では初戦のパナソニック戦では近藤大亮と投げ合い、8回途中1失点の好投で勝利すると、準々決勝の日立製作所戦では完封勝利を記録した。決勝では第86回都市対抗野球大会で優勝を果たした、日本生命と対戦し、8回まで1失点の好投を見せていたが、1点リードの9回に打たれサヨナラ負けを喫したが、これまでの活躍を評し、敢闘賞を受賞した。石橋良太 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイズリーグ

    ボーイズリーグから見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    金子洋平:国士舘高 - 青山学院大 - ホンダ - 北海道日本ハムファイターズボーイズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2009年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    リポーター:高畑百合子(花巻東高校リポーター)、枡田絵理奈(Honda硬式野球部リポーター)2009年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    優勝:Honda(初優勝)2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤秀範

    伊藤秀範から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    横浜市立市ヶ尾中学校卒業後、駒場学園高校に入学。那須野巧とは高校の同期で当時エースナンバーは伊藤が背負っていたが、プロ入りは那須野が先となった(伊藤は那須野のことを「身近な目標」と語っている)。卒業後は本田技研工業に入社して狭山野球部に所属。同期に尾形佳紀(現・広島スカウト)がいる。伊藤秀範 フレッシュアイペディアより)

  • 藤村哲也

    藤村哲也から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    卒業後は黒田とともに本田技研に入社、1970年の都市対抗野球に出場。1972年に本田技研鈴鹿に移り、同年の都市対抗にチームとして初出場。1974年には第1回社会人野球日本選手権大会にコーチ兼任で出場。その後は大塚勝秋(久留米商?法大)に続く二代目監督となり以降10年務める。1978年の都市対抗ではチームをベスト4に導いた。藤村哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 三木均

    三木均から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    、鷺宮製作所に入社して同社硬式野球部に所属。同年夏の第80回都市対抗野球大会2回戦(初戦)の対Honda戦に先発するも、1回表にソロ本塁打、2本の二塁打(打者は長野久義と西郷泰之)、単打を打たれわずか8球で降板(失点3)。チームも初戦敗退となった。三木均 フレッシュアイペディアより)

113件中 61 - 70件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード