113件中 71 - 80件表示
  • 斎藤義典

    斎藤義典から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    その後、周囲の強い勧めにより1997年から本田技研に入社をするが、翌1998年にかねてから本人が希望をしていた富士重工業に移籍し、社会人1年目から補強選手に選ばれるなど非凡な才能を見せる。都市対抗野球大会などでも活躍を見せ、2002年まで投手陣の主軸として約5年間プレーした。斎藤義典 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤正志

    加藤正志から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    なお、ドラフト会議後の11月2日には、ホンダとの第40回社会人野球日本選手権大会2回戦に8回から2番手投手として登板。同点の局面からの登板だったが、4イニング目の11回裏にサヨナラ二塁打を許したことから、チームは敗退に至った。加藤正志 フレッシュアイペディアより)

  • 勝呂壽統

    勝呂壽統から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    千葉商業高校から日本通運浦和に進む。日通は都市対抗の常連チームであり、1986年の大会では、山越吉洋(本田技研から補強)と二遊間を組み活躍。1986年のドラフト会議で読売ジャイアンツから5位指名を受けた。一時は入団を保留していたが、1987年の都市対抗に出場し、シーズン後に巨人と契約した。勝呂壽統 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    同学年であり同じ外野手である長野久義を、大学時代からの良きライバルとして挙げている。大学時代、長野は日本大学に所属しており、共に東都大学リーグでプレー。当時は、長野が4年時に、リーグで10年ぶりとなる2季連続首位打者を獲得しており、野本も前述の好成績を残していたとはいえ、長野の影に隠れる形となっていた。社会人時代も、長野はHondaに所属し、同じ埼玉県に加盟するチームで戦ってきた。一方、日本代表では長野と同じチームでプレー。2006年のアジア大会では、全員がプロ野球選手の韓国を相手に、野本が柳賢振からタイムリーヒットを打ち、長野が呉昇桓からサヨナラ本塁打を打つ活躍で勝利に貢献。チームメートとしてプレーして以来、グラウンドを離れれば親友のような関係である。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺弘基

    渡辺弘基から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    1969年のドラフトで東映が3位指名するも拒否し、社会人の日産自動車に入社。1970年の都市対抗に本田技研の補強選手として出場する。準々決勝に進み住友金属と対戦。河本昭人をリリーフし山中正竹らと投げ合うが、延長11回裏にサヨナラ押し出し四球を与え惜敗した。渡辺弘基 フレッシュアイペディアより)

  • 早川大輔

    早川大輔から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    卒業後、本田技研工業に入社。狭山野球部に在籍した4年間で都市対抗野球に3度出場し、には新日本製鐵君津、には日本通運の補強選手としてそれぞれチームのベスト4進出に貢献した。早川大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 新井宏昌

    新井宏昌から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    の夏、PL学園高校野球部主将として第52回全国高等学校野球選手権大会に出場。新美敏、田代克業(中大?本田技研)両投手の好投もあり、PLにとって春夏通じて初の甲子園決勝に進出し準優勝。大会第5号本塁打を放ち、一大会12安打の大会記録(当時)も樹立している。同年秋の岩手国体では、決勝で大分商を降し優勝。他のチームメートに1年下の行澤久隆がいた。プロ野球ドラフト会議では近鉄バファローズから9位指名を受けたが、「スカウトマンが挨拶に来た記憶が全くない」という状況でプロ入りを見送り、スポーツ推薦で法政大学経営学部に進学した。新井宏昌 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬哲朗

    広瀬哲朗から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    1982年のプロ野球ドラフト会議にヤクルトスワローズから4位で指名されたが拒否。本田技研工業に就職し同野球部で活動。から2年連続で都市対抗に出場。の社会人野球日本選手権大会では伊東昭光の好投もあって初優勝、同大会の優秀選手賞を獲得する。同年の第7回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表となり、社会人ベストナイン(遊撃手)にも選出されている。なお駒大から本田技研に移る段階では卒業単位を満たしていなかったが、本田技研時代に単位を取得し、卒業している。広瀬哲朗 フレッシュアイペディアより)

  • 須田幸太

    須田幸太から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    大学卒業後はJFE東日本に入社してエースとして活躍。の都市対抗野球では自チームでの出場は逃したもののHondaに補強され、抑えとして5試合中4試合に登板して胴上げ投手となり、若獅子賞を獲得した。また翌の都市対抗野球では自チームで出場、チームをベスト8入りに導いている。須田幸太 フレッシュアイペディアより)

  • 新美敏

    新美敏から見たHonda硬式野球部Honda硬式野球部

    PL学園では、エース、五番打者として1970年の夏の甲子園に出場。田代克業(中大?本田技研)との二本柱で勝ち進み、決勝に進出するが東海大相模に敗れ準優勝に終わる。同年秋の岩手国体では、決勝で大分商の小川清一投手に投げ勝ち優勝。高校同期の新井宏昌、一学年下の行澤久隆がチームメートだった。卒業後は日本楽器に入社。1972年の都市対抗でチームの優勝に貢献し橋戸賞を受賞。同年の第20回アマチュア野球世界選手権日本代表に選出される。新美敏 フレッシュアイペディアより)

113件中 71 - 80件表示

「ホンダ野球部」のニューストピックワード