前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
663件中 1 - 10件表示
  • 新歩行者主義

    新歩行者主義から見たホームレスホームレス

    新歩行者主義はケニアの新都市キシマカヤやフロリダ州のタイガーベイビレッジでホームレス問題解決策として提案された。この他にも、現存する地域の復興や町外れの地域や新都市の空隙を埋めるためにもどこにでも使うことができる。新歩行者主義 フレッシュアイペディアより)

  • 生活保護ビジネス

    生活保護ビジネスから見たホームレスホームレス

    生活保護ビジネス(せいかつほごビジネス)とは、公園等で集めたホームレスを「無料低額宿泊所」に住まわせ、食事などの最低限の便益を与える代償に、入所者に支給された生活保護の大半を搾取するビジネス。近畿地方では囲い屋とも俗称される。生活保護ビジネス フレッシュアイペディアより)

  • 小谷真理 (お笑い芸人)

    小谷真理 (お笑い芸人)から見たホームレスホームレス

    小谷 真理(こたに まこと、1983年4月4日 - )は、日本の元お笑いタレントである。みわこたにを解散後、現在はホームレスという肩書で活動中。小谷真理 (お笑い芸人) フレッシュアイペディアより)

  • ネットカフェ難民

    ネットカフェ難民から見たホームレスホームレス

    ネットカフェ難民(ネットカフェなんみん)とは、いわゆるホームレスの一種で、定住する住居がなく、寝泊まりする場としてインターネットカフェを利用する人々のことを指す造語。略称はネカフェ難民(ネカフェなんみん)。ネットカフェ難民 フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス自立支援施設

    ホームレス自立支援施設から見たホームレスホームレス

    様々な理由によりホームレス状態になった人々に対し、一時的な宿泊場所と食事などを提供するとともに、生活指導や就労指導を行い、ホームレス状態の脱却を目的とする施設。ホームレス自立支援施設 フレッシュアイペディアより)

  • ガターパンク

    ガターパンクから見たホームレスホームレス

    ガターパンク(、もしくはウーグル())とはパンクサブカルチャーを取り入れた様々な物理的特徴を表現することが常にではないが多いホームレスもしくは一時的に行ってる人物である。だらしないドレッドロックスや鼻輪、モヒカン刈り、入れ墨をした顔が特徴とされる。時折、「ウーグル」、トラベラーキッズ、ホーボーと呼ばれることもある。一部の自称ガターパンクはやバイス・バーサと区別されるとしている。ガターパンク フレッシュアイペディアより)

  • 自立支援

    自立支援から見たホームレスホームレス

    ホームレス、障害者、一人親家庭、生活保護受給世帯、つまり社会的弱者に対する支援の分野においては、「就労促進」と置き換えることができる。近年、厚生労働省界隈の流行している。2000年にホームレス支援事業が検討され(法律は2002年のホームレスの自立の支援等に関する特別措置法)、2002年に児童扶養手当法と母子及び寡婦福祉法の改正があり、2005年に生活保護受給者等就労支援事業、2006年に障害者自立支援法が制定される。2013年には、障害者自立支援法が改正され、障害者総合支援法が施行となった。自立支援 フレッシュアイペディアより)

  • 箱男

    箱男から見た浮浪者ホームレス

    『箱男』は『燃えつきた地図』の次に書かれた長編であるが、安部公房は『燃えつきた地図』発表直後、次回作の構想を、「逃げ出してしまった者の世界、失踪者の世界、ここに住んでいるという場所をもたなくなった者の世界を描こうとしています」と語り、それから約5年半の間、あさってには終わる感じで時が経ち、書き直すたびに振り出しに戻っては手間がかかり、原稿用紙300枚の完成作に対して、書きつぶした量は3千枚を越えたという。「箱男」の発想のきっかけとしては、浮浪者の取り締まり現場に立ち会った際、上半身にダンボール箱をかぶった浮浪者と直に遭遇してショックを受け、小説のイマジネーションが膨らんだと語っている。箱男 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・アース

    マイケル・アースから見たホームレスホームレス

    2007年にアースは議論の的となっているホームレスの国家的解決先について発議した。それは、彼の言う「現在の一時しのぎのアプローチ」ではなく、車の乗り入れのほとんどない歩行者用の小集落の建設である。原型であるタイガーベイビレッジはフロリダ州デイトナビーチ近辺のために創り出された。これは一時的または永久的ホームレス両者の心理的または精神的ニーズに対応していくのに優れていると言う。また、これは財政面でも減殺のアプローチよりも安く済む。集落の建設や維持、または労働局の設立といった就業機会を設けることで、財政的にも社会的にも存続可能な集落となるであろう。マイケル・アース フレッシュアイペディアより)

  • 水内俊雄

    水内俊雄から見たホームレスホームレス

    水内 俊雄(みずうち としお、1956年 - )は、日本の地理学者、大阪市立大学都市研究プラザ教授、副所長、大学院文学研究科教授(兼任)。専攻は人文地理学、都市地理学、ホームレス問題、政治・社会地理学、現代都市問題、近代都市史研究。水内俊雄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
663件中 1 - 10件表示

「ホームレス」のニューストピックワード