前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
496件中 1 - 10件表示
  • 新歩行者主義

    新歩行者主義から見たホームレスホームレス

    新歩行者主義はケニアの新都市キシマカヤやフロリダ州のタイガーベイビレッジでホームレス問題解決策として提案された。この他にも、現存する地域の復興や町外れの地域や新都市の空隙を埋めるためにもどこにでも使うことができる。新歩行者主義 フレッシュアイペディアより)

  • 生活保護ビジネス

    生活保護ビジネスから見たホームレスホームレス

    生活保護ビジネス(せいかつほごビジネス)とは、公園等で集めたホームレスを「無料低額宿泊所」に住まわせ、食事などの最低限の便益を与える代償に、入所者に支給された生活保護の大半を搾取するビジネス。近畿地方では囲い屋とも俗称される。生活保護ビジネス フレッシュアイペディアより)

  • ネットカフェ難民

    ネットカフェ難民から見たホームレスホームレス

    ネットカフェ難民(ネットカフェなんみん)とは、いわゆるホームレスの一種で、定住する住居がなく、寝泊まりする場としてインターネットカフェを利用する人々のことを指す造語。略称はネカフェ難民。ネットカフェ難民 フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス自立支援施設

    ホームレス自立支援施設から見たホームレスホームレス

    様々な理由によりホームレス状態になった人々に対し、一時的な宿泊場所と食事などを提供するとともに、生活指導や就労指導を行い、ホームレス状態の脱却を目的とする施設。ホームレス自立支援施設 フレッシュアイペディアより)

  • 村山康文

    村山康文から見たホームレスホームレス

    2006年 大阪靭公園のホームレス行政代執行の取材。日本で初めての本格的な取材。村山康文 フレッシュアイペディアより)

  • 自立支援

    自立支援から見たホームレスホームレス

    ホームレス、障害者、一人親家庭、生活保護受給世帯、つまり社会的弱者に対する支援の分野においては、「就労促進」と置き換えることができる。近年、厚生労働省界隈の流行している。2000年にホームレス支援事業が検討され(法律は2002年のホームレスの自立の支援等に関する特別措置法)、2002年に児童扶養手当法と母子及び寡婦福祉法の改正があり、2005年に生活保護受給者等就労支援事業、2006年に障害者自立支援法が制定される。自立支援 フレッシュアイペディアより)

  • 剛万太郎

    剛万太郎から見たホームレスホームレス

    当初は世界征服をたくらむ科学者にしてクロの宿敵、として描かれていたが、次第にクロとの決着に執着するようになっていき、中盤以降はクロと彼の対決路線がすっかり消え失せてしまったため、悠々自適の生活を送るだけのホームレスと化してしまった。剛万太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 貧困ビジネス

    貧困ビジネスから見たホームレスホームレス

    「貧困ビジネス」概念は、ホームレス支援や貧困問題にとり組むNPO法人『自立生活サポートセンター・もやい』の事務局長を務める湯浅誠により提唱された。貧困ビジネス フレッシュアイペディアより)

  • 放送問題用語

    放送問題用語から見たホームレスホームレス

    バブル景気崩壊後、大企業を中心として急速に進められた「リストラ」あるいは「構造改革」という名の下の「人員整理」すなわち「首切り」と新規採用の手控え、また「下請け切り」などにより、1990年代より顕著になった日本の雇用不安状態、すなわち永続的雇用を望むにもかかわらず、そうなることのできない人が急増、OECD(経済協力開発機構)の度重なる、日本における非正規雇用増加の原因が「非正規社員に比して正社員の解雇規制が強いこと」「非正規雇用への社会保険非適用」にあるとの指摘、労働市場の二極化是正勧告にもかかわらず、抜本的是正対策が何ら実施されないまま今日に至った結果、2011年現在、労働人口の3人に1人は非正規雇用状態、このままでは近々に社会福祉などの国家基幹体制の破綻が確実視されるようになり、従来、「わかりにくい言葉」として使われなかった言葉が、逆に次々と使われるようになっている。すなわち過去、「正社員」「アルバイト」程度とされていた使い分けが、「正規雇用者」「中間的な雇用者」「非正規雇用者」、さらに非正規雇用者などについては、「有期契約労働者」「派遣労働者」「パートタイム労働者」などと使い分けられるようになっており、「日雇い」は慎重な扱い、またそのものズバリ日雇い労働者を指す「ニコヨン」さらには「出稼ぎ」などもおよそ使われなくなっている。また、「定職がない」あるいは「定職に就いていない」といった表現も慎重に用いられるようになっており、特にお笑い番組などでは厳に慎まれるようになっている。似たようなところで、以前は当たり前のように用いられていた「中流」という言葉が用いられなくなり、また「タケノコ生活」(=タケノコの皮を一枚一枚剥いでいくように、衣類や家財を売りながら生活費にあてるような暮らし。)を使用せずにケースバイケースで表現を代える、あるいは「浮浪者」のことを「ホームレス」にするといったことなどがある。いずれも根本の「社会悪」に目を背け「臭い物に蓋」の「単なる言葉の言い換えのみ」の典型例である。ただ、このような戦後日本の放送開始以来未曾有の委縮した雰囲気の中で、概ね2011年年頃から唯一、かなり具体的で明確な基準を有するNHKが言葉ではなく「内容」でかなり露骨に、高度経済成長期以降定着している日本の弱肉強食型、すなわち日本の大資本支配社会体制の批判をし、放送文化全盛期のものに今日的判断を加えた格好の各種番組を制作、放送するようにもなっている。放送問題用語 フレッシュアイペディアより)

  • 炊き出し

    炊き出しから見たホームレスホームレス

    炊き出し(たきだし)とは、避難者(被災者や難民)・貧窮者(ホームレス、失業者、孤児、その他を含む)等の、困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する一連の行動である。英語では "soup kitchen"(en、スープキッチン)がこれに当たる。ボランティア活動の一形態。炊き出し フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
496件中 1 - 10件表示

「ホームレス」のニューストピックワード