496件中 91 - 100件表示
  • 美祢社会復帰促進センター

    美祢社会復帰促進センターから見たホームレスホームレス

    居室が他の刑務所と比べて格段に快適と評されているため、ホームレスとして過ごしたり安宿に宿泊するよりも快適といわれており、味を占めた受刑者の再犯率が高まるのではないかと懸念されているが、収容分類級に書かれたような受刑者だけを収容することから、その心配は少ないと思われる。なお、当所に限らず、刑務所に居場所を求めるが故の再犯が近年問題視されている。美祢社会復帰促進センター フレッシュアイペディアより)

  • ベーテル

    ベーテルから見たホームレスホームレス

    ベーテル(ドイツ語 Bodelschwinghschen Foundation Bethel、英語 Bethel Institution)は、ノルトライン=ヴェストファーレン州ビーレフェルト近郊に位置する、てんかん、知的障害、精神疾患を持つ人々及び、高齢者、社会活動に困難を持つ若者、ホームレスの人々などが生活するキリスト教の活動、共同体ベーテル フレッシュアイペディアより)

  • 制服捜査

    制服捜査から見たホームレスホームレス

    本部捜査員が密行を行うために、住人らの夜回りを中止させた日、大路の事務所で5件目の火災が発生する。そして時を同じくして、容疑者と思しきホームレスが住居不法侵入罪で逮捕された。だが、取り調べに対して男は、5件目の犯行だけは否認する。制服捜査 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・トライアングル

    ブラック・トライアングルから見た浮浪者ホームレス

    逆さのブラック・トライアングルは、レズビアンまたはフェミニストの誇りと団結の象徴である(ただし後述のように、現代ではレズビアンの象徴としてラベンダー色が使われることが多く、黒を使うことは少なくなっている)。これはナチス・ドイツに起源がある。そこでは、異なる囚人の種類を表す強制収容所で使われた逆三角形の紋章の一つであった。ブラック・トライアングルは、浮浪者やロマ同様、レズビアンや売春婦のように「反社会的」(すなわち、ナチの家族観に対する脅威)だと考えられた女性であることを示した。レズビアン・プライドの象徴として、ゲイの象徴であったピンク・トライアングルの女性版と考えられている。ナチドイツにおける同性愛者、レインボー・フラグも参照。ブラック・トライアングル フレッシュアイペディアより)

  • ブルーシート

    ブルーシートから見た路上生活者ホームレス

    こういった特徴から、工事用以外にもアウトドアキャンプ用や花見用などで地面に座るためのござの代用品、あるいはそのござの下に敷いて地面からの湿気を防ぐために一般家庭用としても広まった。また手軽で安価、耐候性の高いことから路上生活者の仮設住居の材料として常用されている。ブルーシート フレッシュアイペディアより)

  • 民主正義党

    民主正義党から見たホームレスホームレス

    党名は、「社会正義を具現する」との全斗煥の考えを反映している。この「社会正義」の実践として、全斗煥の政権掌握直後には、多数のやくざ者やホームレス、非行少年が強制収容所(三清教育隊)に送られた。民主正義党 フレッシュアイペディアより)

  • ゴキちゃん

    ゴキちゃんから見たホームレスホームレス

    3年前ゴキちゃんを飼っていたホームレスの男性。うああ公園に住むホームレスだが自分なりの信念を持って行動しているようであり、3年前、ヨシエと結婚するべきか悩んでいた旦那に「生身のままで生きていることはすばらしいことだ」と諭す。しかし、その直後病気で死んでしまった。ゴキちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 麦倉哲

    麦倉哲から見たホームレスホームレス

    麦倉哲(むぎくらてつ )はホームレス自立支援、福祉のまちづくり、多文化共生のまちづくり、いじめ自殺、放火、暴力バーの研究、スウェーデン研究などの研究者。東京女学館大学教授。麦倉哲 フレッシュアイペディアより)

  • 手配師

    手配師から見たホームレスホームレス

    主に日雇い労働者(自由労務者)・ホームレス(生活困窮者)が多数集まる寄場{公共職業安定所周辺(山谷、あいりん地区、寿町など)}といわれる場所に出没するが、寄場では中高年の自由労務者の割合が高いため、ここ数年のネットカフェ難民などに代表される、若年層の潜在的生活困窮者が増加した影響で、現在では歓楽街など人の多数集まる場所にも現れ、一般の通行人(生活困窮者との区別がつき難い為)でも気軽に声を掛けてくるようになった。手配師 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年中国における日本人死刑執行問題

    2010年中国における日本人死刑執行問題から見たホームレスホームレス

    瀋陽の拘置施設に収監。2004年2月に麻薬密輸罪で一審で死刑が言渡され、2007年10月に死刑が確定。中国当局によれば、Mは2003年7月29日に瀋陽桃仙国際空港に日本行きの航空機に搭乗しようとした際に覚醒剤1.25キログラムを腰ベルトに隠しているところを発見され拘束された。この際、一緒にいた別の氏名不詳の日本人男性がいたが、こちらは逃走した。日本にいた当時はホームレスで運び屋として中国に入国したとされている。「副食品代金1,000人民元(当時の為替レートで約15,000円)を毎月支払わないといけないが、食事はうまいし段ボール生活よりはるかにマシ」というコメントを2007年に寄せている。2010年中国における日本人死刑執行問題 フレッシュアイペディアより)

496件中 91 - 100件表示

「ホームレス」のニューストピックワード