663件中 101 - 110件表示
  • 蜃気楼の舟

    蜃気楼の舟から見たホームレスホームレス

    ひきこもりの青年を描いた『今、僕は』(2009)で高い評価を受けた竹馬靖具の監督第2作となる同作は、ホームレスの老人たちを小屋に詰め込み、世話をする代わりに生活保護費をピンハネすることを生業とする「囲い屋」と呼ばれる若者を主人公に描いた人間ドラマ。監督とプロデューサーの自己資金で製作した自主映画でありながら、田中泯の出演、坂本龍一の楽曲がテーマ曲で使用されるなど話題を呼んだ。2016年1月、アップリンク配給により全国順次劇場公開。蜃気楼の舟 フレッシュアイペディアより)

  • ビセートル病院

    ビセートル病院から見たホームレスホームレス

    1656年、ルイ14世の指導により作られた精神障害者、犯罪者、浮浪者のうち男子を収容する施設である。女子はサルペトリエール病院(Hôpital de la Salpêtrière)へ収容された。元々はビセートル城であったがルイ13世が破壊を命じ、その跡地は傷病軍人用の病院に転用させた。病院は事実上、ヴァンサン・ド・ポールによって運営されていた(ル・クレムラン=ビセートルの項を参照)。ビセートル病院 フレッシュアイペディアより)

  • ベーテル

    ベーテルから見たホームレスホームレス

    ベーテル()は、ノルトライン=ヴェストファーレン州ビーレフェルト近郊に位置する、てんかん、知的障害、精神疾患を持つ人々及び、高齢者、社会活動に困難を持つ若者、ホームレスの人々などが生活するキリスト教の活動、共同体ベーテル フレッシュアイペディアより)

  • 番太

    番太から見た浮浪者ホームレス

    番太(ばんた)は、江戸時代に、都市に置ける夜警、浮浪者の取り締まりや拘引、牢獄・刑場などの雑用、処刑などに携わっていた人たちのことである。都市に設けられていた木戸に接した番小屋と呼ばれる粗末な家に住み、多くは非人身分であった。番太郎(ばんたろう)ともいう。番太 フレッシュアイペディアより)

  • レオン・ポウ

    レオン・ポウから見たホームレスホームレス

    1991年、ポウが7歳の時に自宅が火事に遭い、一家はホームレス生活を余儀なくされた。一家はおばや祖母の家、ホームレスのための避難所、粗末なアパートやモーテル、時には廃車の中など、住処を転々とした。極度の貧困は母親を犯罪に走らせ、1994年、ポウが10歳の時に万引きで逮捕され、さらに福祉詐欺でも有罪となった。ソーシャルワーカーの判断により、ポウを含む兄弟たちは全員里子に出され、一家は離散した。その後のポウは麻薬取引にも手を出す不良グループと付き合うようになったが、中学生になってからは次第にバスケットに熱中していくようになる。レオン・ポウ フレッシュアイペディアより)

  • クーリュール・デ・ボワ

    クーリュール・デ・ボワから見た浮浪者ホームレス

    クーリュール・デ・ボワは、北アメリカのあちこちを旅してはいたものの、浮浪者ではなく、毛皮交易に従事する事業者だった。彼らは、出身階層を問わず、大自然の誘惑に屈服した者たちで、小作農や、独立自営農民の退屈な仕事から逃れる手段としての冒険に誇りを持っていた。17世紀の終わりごろまでには、ヌーベルフランスでは、クーリュール・デ・ボワはかなり人数が多くなっており、1680年、であるデュシュノーが、ヌーベルフランスで、すべての家族の息子、兄弟、伯父(叔父)または甥はクーリュール・デ・ボワであると推定している 。クーリュール・デ・ボワをいざなったのは、ただ冒険ができるという仕事であることや、あてもなく自由にうろつき回れることだけではなかった。厳しい宗教的義務を課す教会から、逃れたいという欲望も彼らを駆り立てた。その後、ケベックは独占的な毛皮交易を行ったが、彼らはそれを無視して、自らの力で仕事を仕切った。クーリュール・デ・ボワ フレッシュアイペディアより)

  • ねこきっさ

    ねこきっさから見たホームレスホームレス

    クゥの兄。人間界出身。家出した妹を追って魔界にやってきたが、旅費が無く公園でホームレス生活を送っていた。勇者志望だが弱い。クゥを溺愛しているが避けられている。初登場時に着ていた鎧はカラス軍団にもっていかれ、愛刀(たましい)猫魂はクゥの投げたオルハリコンの皿によって斬られたが後に凶都で刀匠に直して貰い、真・猫魂となる。勇者48手なる多彩な技を使いこなす。またそのなかの一つ勇者加速(ユーシャアクセル)においては、当人曰く速さで負けたことはなく故に"漆黒の弾丸"というあだ名がついたとのこと。勇者としての登場時に"勇者ザッハトルテ"と名乗っているが、それが実の名前なのかは不明。ねこきっさ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ランドレス

    ビル・ランドレスから見たホームレスホームレス

    1980年代末には、サンディエゴでホームレス生活をしていると報じられた。ビル・ランドレス フレッシュアイペディアより)

  • キーチ!!

    キーチ!!から見たホームレスホームレス

    しかしある日、通り魔にその両親を突然殺される。父側と母側の祖父母は親を突然に失った輝一と暮らし始めるが、その矢先に輝一は家を飛び出してホームレスの中年女性「モモ」に拾われる。その女性は愛犬を失ったばかりの寂しさを輝一と過ごす事で癒そうとするが、捜索願の出された輝一にかけられていた報奨金に目がくらんだホームレス仲間に密告され、逃げ出す。モモは旧知を頼り伊豆の旅館で仲居をしている秋本の所に身を寄せるが、秋本に援助し愛人関係にあった男性と関係を持ってしまい、姿を消す。秋本は輝一を警察まで連れて行くことにするが、途中で輝一とはぐれてしまい、その道すがらで事故にあってしまう。山中に残った輝一は、魚や虫で飢えをしのぎ、失踪から246日後に保護され、祖父母の下に戻された。キーチ!! フレッシュアイペディアより)

  • 就職難

    就職難から見たホームレスホームレス

    また住居の維持が困難なほど生活基盤が崩壊している者がネットカフェ難民や路上生活になり、社会問題となっている。就職難 フレッシュアイペディアより)

663件中 101 - 110件表示

「ホームレス」のニューストピックワード