496件中 71 - 80件表示
  • 分岐点 (藤子・F・不二雄)

    分岐点 (藤子・F・不二雄)から見たホームレスホームレス

    浮浪者のような格好をし、食事も繁華街のごみ箱をあさって入手している。この男は茂手木に対し、過去の分岐点に立ち戻り、別の道を歩ませてくれるという。分岐点 (藤子・F・不二雄) フレッシュアイペディアより)

  • ドリトル先生と緑のカナリア

    ドリトル先生と緑のカナリアから見たホームレスホームレス

    ようやく飛行が形になって来た頃、ピピネラは雄のカワラヒワ・ニッピーと出会う。ニッピーはピピネラの母方がカワラヒワであることを知って野鳥として生きる為の術を色々と教えてくれ、ピピネラは次第にニッピーを深く愛するようになった。「カワラヒワの愛の歌」を作曲したのはこの頃である。しかし、ニッピーに連れられて行った森で別の雌鳥に引き合わされたことでピピネラは破局を悟り、ニッピーの元を離れてどこか遠くへ行ってしまいたいと考えるようになる。そして無謀にも南の海へ向かって羽ばたき、気が遠くなるような海の旅を終えてようやくエボニー島と呼ばれる島へたどり着いた。数日後、ピピネラはエボニー島の近くにある小島で窓ふき屋がいつも使っていた雑巾が棒にくくり付けられて旗印になっているのを発見するが、窓ふき屋は既にその場所にはいないようだった。思わぬ所でかつての飼い主の手掛かりを発見したピピネラはあの風車小屋へ帰って窓ふき屋が戻って来るまで待とうと決意し、再び北へ飛び立つが猛烈な嵐に遭い、とある客船の船員に保護される。ピピネラは船内の理容所で飼われることになり、そこで「とぎ皮二重唱」を作曲した。数日後、いかだに乗って漂流している所を客船に保護された男性が理容所で散髪してひげを剃り落としたところ、その男性はピピネラがあれほど探し求めていた窓ふき屋であった。ピピネラが窓ふき屋の知っている歌を口ずさんだり窓ふき屋に仕込まれた芸を披露したりと必死にアピールした結果、ピピネラは再び元の飼い主である窓ふき屋に引き渡されることになりようやく懐かしの風車小屋にたどり着く。ピピネラが窓ふき屋と共に暮らせることを喜んだのも束の間、窓ふき屋が目を離した隙にピピネラの入った籠はホームレスの男に持ち去られ、ウィンドルミアから遠く離れたグリーンヒースのペットショップに売られてしまう。そこで売り物になっている他の鳥から世界でただ1人の、動物の言葉が話せる偉大な医師・ドリトル先生の話を初めて聞かされたピピネラは奇遇にもそのドリトル先生に買い取られ、サーカスの一員となったのであった。ドリトル先生と緑のカナリア フレッシュアイペディアより)

  • キーチ!!

    キーチ!!から見たホームレスホームレス

    しかしある日、通り魔にその両親を突然殺される。父側と母側の祖父母は親を突然に失った輝一と暮らし始めるが、その矢先に輝一は家を飛び出してホームレスの中年女性「モモ」に拾われる。その女性は愛犬を失ったばかりの寂しさを輝一と過ごす事で癒そうとするが、捜索願の出された輝一にかけられていた報奨金に目がくらんだホームレス仲間に密告され、逃げ出す。モモは旧知を頼り伊豆の旅館で仲居をしている秋本の所に身を寄せるが、秋本に援助し愛人関係にあった男性と関係を持ってしまい、姿を消す。秋本は輝一を警察まで連れて行くことにするが、途中で輝一とはぐれてしまい、その道すがらで事故にあってしまう。山中に残った輝一は、魚や虫で飢えをしのぎ、失踪から246日後に保護され、祖父母の下に戻された。キーチ!! フレッシュアイペディアより)

  • 野中博

    野中博から見たホームレスホームレス

    2007年以降の一時期、極度の金欠状態に陥り、ホームレス、生活保護受給者等から金を借りて飢えをしのいでいた時があった。以来、野中本人は、自分の社会的位置付けは、ホームレス、生活保護受給者と同じか、若しくはそれ以下であると自覚している。野中博 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・アール

    ヘンリー・アールから見たホームレスホームレス

    ヘンリー・アール(、1949年10月24日 - )は、ケンタッキー州レキシントン出身のアフリカ系アメリカ人の無職のホームレスの男で、現在までに1000回以上警察に逮捕された記録を持つことで有名である。ヘンリー・アール フレッシュアイペディアより)

  • ロボとうさ吉

    ロボとうさ吉から見た浮浪者ホームレス

    モデロイールチン(七代目)が元首の人工惑星。全体的にアジアの様な街が立ち並び、出店などは台湾を思わせる。ろくな法律や制度はない為浮浪者があたりをうろついているが街全体は賑やか。ロボとうさ吉 フレッシュアイペディアより)

  • 資源ごみ

    資源ごみから見たホームレスホームレス

    資源ごみ(しげんごみ)は、一般に再資源化が可能なごみの総称。主に缶・ペットボトル・瓶・紙類・電池・金属塊など。資源ごみは特定の業者に持っていくことによって換金できるものもあり(缶・紙類)、ホームレスの生活費稼ぎの一つにもなっているほか、学校や地域コミュニティで持ち込み募金・車椅子寄贈などを行っているところもある。資源ごみ フレッシュアイペディアより)

  • スキャットマンズ ワールド

    スキャットマンズ ワールドから見たホームレスホームレス

    このアルバムは彼がアメリカという多民族社会で体験した問題をテーマにしている。『Popstar(ポップスター)』は一般人の目線からスターを皮肉った楽曲で、 『Quiet Desperation(クイット・デスペレーション)』はホームレスの問題を、そして『Time (Take Your Time)(タイム(テイク・ユア・タイム)』は、彼を長い間苦しませてきたアルコール依存症を歌っている(アルコホーリクス・アノニマス)。スキャットマンズ ワールド フレッシュアイペディアより)

  • クーリュール・デ・ボワ

    クーリュール・デ・ボワから見た浮浪者ホームレス

    クーリュール・デ・ボワは、北アメリカのあちこちを旅してはいたものの、浮浪者ではなく、毛皮交易に従事する事業者だった。彼らは、出身階層を問わず、大自然の誘惑に屈服した者たちで、小作農や、独立自営農民の退屈な仕事から逃れる手段としての冒険に誇りを持っていた。17世紀の終わりごろまでには、ヌーベルフランスでは、クーリュール・デ・ボワはかなり人数が多くなっており、1680年、であるデュシュノーが、ヌーベルフランスで、すべての家族の息子、兄弟、伯父(叔父)または甥はクーリュール・デ・ボワであると推定している 。クーリュール・デ・ボワをいざなったのは、ただ冒険ができるという仕事であることや、あてもなく自由にうろつき回れることだけではなかった。厳しい宗教的義務を課す教会から、逃れたいという欲望も彼らを駆り立てた。その後、ケベックは独占的な毛皮交易を行ったが、彼らはそれを無視して、自らの力で仕事を仕切った。クーリュール・デ・ボワ フレッシュアイペディアより)

  • 玉の井バラバラ殺人事件

    玉の井バラバラ殺人事件から見たホームレスホームレス

    このように遺体をバラバラにした意図について、さまざまな推理がなされたが、解決の糸口が無く迷宮入りになるかと思われていた。しかし9月になりある警察官が、不審尋問をしてあれこれ面倒を見てやったホームレスの男性と被害者の富士額の特徴が一致することに気づき、その男が寄宿していた私娼街の客引きを生業とする家の住民から事情聴取したところ、10月になり犯行を自供した。玉の井バラバラ殺人事件 フレッシュアイペディアより)

496件中 71 - 80件表示

「ホームレス」のニューストピックワード