138件中 111 - 120件表示
  • ホームレス

    ホームレスから見た家賃滞納

    ホームレス()は、狭義には様々な理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者や車上生活者のこと。広義には、一時施設居住や家賃滞納、再開発による立ち退き、ドメスティックバイオレンスのため自宅を離れなければならない人など住宅を失った人のこと。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た児童福祉施設

    児童の場合は児童福祉施設など受け入れ施設がある。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たビッグイシュー

    イギリスのThe Big ISSUEを発祥とし、日本独自の記事を中心としたストリート新聞「ビッグイシュー日本版」が発行されている。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た不況

    景気の状況により増減があり、バブル崩壊後の不況下でその数は増し、2003年1月?2月の厚生労働省調査では全国で25,296人に達していた。しかし、2007年1月の厚生労働省調査では景気が回復傾向にあるため、全国で18,564人と減少している。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た週刊誌

    彼らの僅かな収入源の一つに、回収業者が廃品の買取をする方法や直接販売可能な廃品の買取がある。前者が段ボールやアルミ缶、後者は週刊誌などの雑誌である。段ボール集めの場合、古紙回収業者がリヤカーを提供し、安い料金で街中の段ボールを無断で集めさせている。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た児童

    親権者に養育されていた児童が、常習的な児童虐待に耐えられなくなりホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たアメリカ合衆国保健福祉省

    アメリカ合衆国の貧困者数は約4,360万人(2009年)。保健福祉省の調査によると、ホームレスは60万人存在するという。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た派遣切り

    2008年末?2009年頃。いわゆる派遣切りなどで職を失ったりした人たちのために、年越し派遣村が都内の公園に設けられた。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た大阪高等裁判所

    大阪市では、あいりん地区(釜ヶ崎)の釜ヶ崎解放会館などに便宜上の住所登録を行うことが黙認されていた。市職員が登録を勧めた事例もあるという(また、横浜市でも寿町会館に便宜上の住所登録が黙認されているという)。しかし、2006年12月に、解放会館の住民票を不正利用した男が逮捕された事件により、大阪市の事例が明らかになった。この事件では単なる被害者であったが、これをきっかけにマスコミ、特に読売新聞は12月16日、市民権行使による参政を「違法投票」と報じるなどの非難報道を行った。2007年2月27日、關淳一市長は「居住実態のない」ホームレスの住民票削除を発表。建設労働者の男性が大阪高等裁判所に削除差し止めの仮処分申請を行い、3月1日に認められたことなどから、大阪市は3週間の延期を発表。市選挙管理委員会は3月26日、早急に住民登録の適正化を図るよう求める依頼書を関市長に提出。選管はホームレスなど側との交渉の席上「野宿者は選挙権を行使できない」と主張したとされる。統一地方選挙による大阪市議選告示前日の3月29日、「選挙が無効となる恐れがある(ホームレスの選挙権行使を理由に、選挙無効で訴えられる恐れがある)」として、大阪市はホームレスら約2,000人の公民権を剥奪した。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た運転免許

    住所不定となるため、住民票が削除されたり(職権消除)、それにともない選挙権が行使できなくなったりすることがある。長年行方不明であったために親族から役所へ失踪の届けがなされ、戸籍が抹消されている例も見られる。住民票を消されると、選挙権・被選挙権を失う他、生活保護や運転免許取得など、行政の手続きが必要な行為のほとんどが実質的に受けられなくなる。ホームレス フレッシュアイペディアより)

138件中 111 - 120件表示

「ホームレス」のニューストピックワード