169件中 41 - 50件表示
  • ホームレス

    ホームレスから見た企業

    日本の行政・企業・社会は、失業した人間を受け入れる体制を十分には整えていないため、リストラ(=整理解雇)に伴う生活破綻に備えての消費行動の自発的自粛や日本経済の悪循環を引き起こしている。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た再就職

    その根拠として、欧米流のリストラ→再就職の循環による産業構造は、終身雇用制を基準とする日本文化と日本の社会制度(大企業に勤める一握りの人々に限られる文化と制度とする意見もある)に適合しないことがあげられるとする。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た倒産

    失業あるいは事業の失敗・倒産などにより経済破綻することで、住居を最終的に失う場合が多い。ホームレス増加の背景は、景気の長期悪化による影響(景気変動)の他、第二次産業の単純労働の需要の減少や、働き方の変化に伴って第二次産業労働における派遣社員(アウトソーシング)や業務請負登録労働者、外国人労働者の増加、さらに日雇い労働のアルバイト化によって、若くて安価な安定労働力が供給されるようになったことである。その結果、年齢の高い単純労働者は職を失いホームレスになる傾向がある。失業や倒産をした場合、以前であれば建設日雇や住み込み店員になることが可能であったが、最近ではそうした道が閉ざされてしまったことがホームレスの増大を招いている。住み込みで働いていた場合、失業がそのままホームレスになることにつながる。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た不況

    景気の状況によりホームレス人口の増減があり、バブル崩壊後の不況下でその数は増し、2003年1月?2月の厚生労働省調査では全国で25,296人に達していた。しかし、2007年1月の厚生労働省調査では景気が回復傾向にあるため、全国で18,564人と減少している。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た年金

    現在は、70歳以上の高齢者の受け入れ先が就業支援目的の自立支援センターであるが、高齢のため就職先が殆どない。野外に寝泊りする年金受給者から、暴力団が「居場所代」として毎月数万円を巻き上げている例もある。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た統一地方選挙

    大阪市では、あいりん地区(釜ヶ崎)の釜ヶ崎解放会館などに便宜上の住所登録を行うことが黙認されていた。市職員が登録を勧めた事例もあるという(また、横浜市でも寿町会館に便宜上の住所登録が黙認されているという)。しかし、2006年12月に、解放会館の住民票を不正利用した男が逮捕された事件により、大阪市の事例が明らかになった。この事件はホームレスは単なる被害者であったが、これをきっかけにマスコミ、特に読売新聞は12月16日、市民権行使による参政を「違法投票」と報じるなど、ホームレスへの非難報道を行った。2007年2月27日、關淳一市長は「居住実態のない」ホームレスの住民票削除を発表。建設労働者の男性が大阪高等裁判所に削除差し止めの仮処分申請を行い、3月1日に認められたことなどから、大阪市は3週間の延期を発表。市選挙管理委員会は3月26日、早急に住民登録の適正化を図るよう求める依頼書を関市長に提出。選管はホームレスなど側との交渉の席上「野宿者は選挙権を行使できない」と主張したとされる。統一地方選挙による大阪市議選告示前日の3月29日、「選挙が無効となる恐れがある(ホームレスの選挙権行使を理由に、選挙無効で訴えられる恐れがある)」として、大阪市はホームレスら約2,000人の公民権を剥奪した。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た保証人

    働くことを希望しているホームレスが多く、就労による自立が最優先課題であるが、住居・住民票のないことが就職に不利となり、また、アパートなどを借りる際の保証人がいないことが住居を得るうえで障害となっている。住民登録が抹消されている場合は印鑑登録ができず、このため賃貸住宅の契約時に求められる実印の提出ができないことなども障害となる。住み込み労働などについても保証人や現住所が必要な場合が多く、ホームレス脱却の手段とはなり得ない。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たバンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)

    海外においてはカナダで気候が温暖なバンクーバーにホームレスが多く集まっているという事例がある。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たタブー

    ホームレスに身を落とす経緯は千差万別である。ホームレス同士がその経緯を相互に詮索することはタブー視される。一般社会からの乖離(かいり)・疎外が見受けられ、経済的背景と個人的背景が複雑に交絡・交錯している。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た深瀬鋭一郎

    2005年には、その10周年を記念して「新宿区ダンボール絵画研究会」が結成され、武盾一郎が会長、深瀬鋭一郎が事務局長、深瀬記念視覚芸術保存基金が事務局となり、美術評論家の中原佑介、毛利嘉孝なども参加して、研究叢書として「新宿ダンボール絵画研究」が発刊された。ホームレス フレッシュアイペディアより)

169件中 41 - 50件表示

「ホームレス」のニューストピックワード