169件中 51 - 60件表示
  • ホームレス

    ホームレスから見た武盾一郎

    2005年には、その10周年を記念して「新宿区ダンボール絵画研究会」が結成され、武盾一郎が会長、深瀬鋭一郎が事務局長、深瀬記念視覚芸術保存基金が事務局となり、美術評論家の中原佑介、毛利嘉孝なども参加して、研究叢書として「新宿ダンボール絵画研究」が発刊された。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た再チャレンジ

    日本経済を好循環にのせるためにも、政策の見直し、または、行政による失業者の再チャレンジ支援の充実が切望されている。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たヤミ金融

    ヤミ金融被害によってホームレスにならざるを得なくなる例も報告されている。非合法な取立や嫌がらせにより、家庭と別離し、路上を漂流する人たちもいる。2005年1月9日の産経新聞の記事にも出ているが、中には、数万円を業者から借りたところ、次々に借り換えさせられ、親兄弟まで取り立てが行き、百万円にもなって、路上生活をして身を隠している例などが報告されている。こういったホームレスは、定職につきたくても、新しい職場にイヤガラセなどを闇金融業者などが行うため、まともに仕事につくことができない。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た自殺

    失業し住居を失った男性は「働くことが可能」「弱者ではない」と福祉担当者に判断され生活保護を受けられないため、路上生活・野宿生活を余儀なくされる。女性は都道府県により設置される婦人保護施設や民間の駆け込み寺(女性団体のシェルター)、子供の場合は児童福祉施設など受け入れ施設がある。このような男女差別意識のある社会環境が、男性に野宿生活や自殺が圧倒的に多い要因となっている。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たドメスティックバイオレンス

    ホームレス()は、狭義には様々な理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者のこと。広義には、一時施設居住や家賃滞納、再開発による立ち退き、ドメスティックバイオレンスのため自宅を離れなければならない人など住宅を失う危機にある人のこと。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た2009年

    公民権を剥奪された者が、政府を相手取って国家賠償訴訟を起こしたが、2009年10月23日、大阪地裁(高橋文清裁判長)は原告の請求を棄却し、大阪市と市選挙管理委員会の応対を全面的に認めた。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たペーパーカンパニー

    ホームレスの中には、暴力団など非合法組織に関係し親族・家族に絶縁され家出をし、ホームレスとなり、死亡後に遺体となって家族のもとに帰る者もいる。また近年、ホームレスが中国から覚せい剤の密輸を行う運び屋として逮捕される事件が発生している。また、雇用助成金を騙し取る目的で設立されたペーパーカンパニーの社長に、ホームレスが仕立て上げられた事件も発生している。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たワニブックス

    田村裕著『ホームレス中学生』 ワニブックス 2007年 ISBN 4847017374ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た文藝春秋

    曽木幹太『Asakusa style 浅草ホームレスたちの不思議な居住空間』文藝春秋 2003年5月 ISBN 4163650105ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た東京都

    都道府県別では東京都が最も多く2,672人、次いで大阪府2,500人、神奈川県1,814人の順。市区別では東京23区が最も多く2,396人、次いで大阪市2,171人、横浜市691人の順となっている。ホームレス フレッシュアイペディアより)

169件中 51 - 60件表示

「ホームレス」のニューストピックワード