138件中 51 - 60件表示
  • ホームレス

    ホームレスから見た銀行

    銀行、事業者金融、消費者金融、ヤミ金融などからの借金を返済できなくなり、取り立てから逃がれるためホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た東京都

    日本においては、比較的冬が寒い東日本に9,225人(富山県、岐阜県、愛知県以西を西日本とした場合)、比較的冬が暖かい西日本に9,339人と、ほぼ同数で、気候条件と分布の相関はそれほどでもない。都道府県別では東京都が最も多く2,672人、次いで大阪府2,500人、神奈川県1,814人の順。市区別では東京23区が最も多く2,396人、次いで大阪市2,171人、横浜市691人の順となっている。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た釜ヶ崎

    大阪市では、あいりん地区(釜ヶ崎)の釜ヶ崎解放会館などに便宜上の住所登録を行うことが黙認されていた。市職員が登録を勧めた事例もあるという(また、横浜市でも寿町会館に便宜上の住所登録が黙認されているという)。しかし、2006年12月に、解放会館の住民票を不正利用した男が逮捕された事件により、大阪市の事例が明らかになった。この事件では単なる被害者であったが、これをきっかけにマスコミ、特に読売新聞は12月16日、市民権行使による参政を「違法投票」と報じるなどの非難報道を行った。2007年2月27日、關淳一市長は「居住実態のない」ホームレスの住民票削除を発表。建設労働者の男性が大阪高等裁判所に削除差し止めの仮処分申請を行い、3月1日に認められたことなどから、大阪市は3週間の延期を発表。市選挙管理委員会は3月26日、早急に住民登録の適正化を図るよう求める依頼書を関市長に提出。選管はホームレスなど側との交渉の席上「野宿者は選挙権を行使できない」と主張したとされる。統一地方選挙による大阪市議選告示前日の3月29日、「選挙が無効となる恐れがある(ホームレスの選挙権行使を理由に、選挙無効で訴えられる恐れがある)」として、大阪市はホームレスら約2,000人の公民権を剥奪した。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た公園

    ホームレス()は、狭義には様々な理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者や車上生活者のこと。広義には、一時施設居住や家賃滞納、再開発による立ち退き、ドメスティックバイオレンスのため自宅を離れなければならない人など住宅を失った人のこと。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た山谷 (東京都)

    東京山谷、横浜寿町、大阪釜ヶ崎(あいりん地区)が「日本三大寄せ場」として有名である。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たホームレスの自立の支援等に関する特別措置法

    ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法では「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所とし、日常生活を営んでいる者」と定義している。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た隅田川

    ふるさとの会 編著『高齢路上生活者 山谷・浅草・上野・隅田川周辺その実態と支援の報告』東峰書房 1997年11月 ISBN 488592040Xホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た社宅

    雇用主から提供されている住居である官舎・社宅・寮に居住していたが、失業したホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た浅草

    曽木幹太『Asakusa style 浅草ホームレスたちの不思議な居住空間』文藝春秋 2003年5月 ISBN 4163650105ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た国家賠償法

    公民権を剥奪された者が、政府を相手取って国家賠償訴訟を起こしたが、2009年10月23日、大阪地裁(高橋文清裁判長)は原告の請求を棄却し、大阪市と市選挙管理委員会の応対を全面的に認めた。ホームレス フレッシュアイペディアより)

138件中 51 - 60件表示

「ホームレス」のニューストピックワード