106件中 21 - 30件表示
  • ボウリング

    ボウリングから見た新藤恵美

    『美しきチャレンジャー』 - テレビドラマ(1971年、TBS・ABC系列、不二家の時間枠で放送)新藤恵美主演ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見た須田開代子

    日本では1861年6月22日(5月15日)に、長崎の大浦居留地に初めてのボウリング場「インターナショナル・ボウリング・サロン」が開設された。これを記念して現在6月22日はボウリングの日とされており、その日限定で割引サービス等をやっているボウリング場もある。なお当時、坂本龍馬が長崎に居留していた英国人貿易商グラバーと交流があったことから日本ボウリング資料館の開館を報じるボウリングマガジン誌において龍馬が日本人初のボウリングプレイヤーであるかもしれないという願望を含んだ記事が掲載されたが、そのような事実があったという確たる証拠が存在しているわけではない。1970年前後にはスター・プレイヤーである須田開代子・中山律子らの出現などがきっかけとなって、当時は数百メートルごとにボウリング場があったほどボウリング・ブームと呼ばれる流行ぶりを示した。このブームは1973年の石油危機により一旦終息するが1979年頃から人気が再燃し、当初のブームには至らないものの現在でも安定した人気を得ている。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見たグラバー

    日本では1861年6月22日(5月15日)に、長崎の大浦居留地に初めてのボウリング場「インターナショナル・ボウリング・サロン」が開設された。これを記念して現在6月22日はボウリングの日とされており、その日限定で割引サービス等をやっているボウリング場もある。なお当時、坂本龍馬が長崎に居留していた英国人貿易商グラバーと交流があったことから日本ボウリング資料館の開館を報じるボウリングマガジン誌において龍馬が日本人初のボウリングプレイヤーであるかもしれないという願望を含んだ記事が掲載されたが、そのような事実があったという確たる証拠が存在しているわけではない。1970年前後にはスター・プレイヤーである須田開代子・中山律子らの出現などがきっかけとなって、当時は数百メートルごとにボウリング場があったほどボウリング・ブームと呼ばれる流行ぶりを示した。このブームは1973年の石油危機により一旦終息するが1979年頃から人気が再燃し、当初のブームには至らないものの現在でも安定した人気を得ている。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見たマルティン・ルター

    しかし倒すピンの数やそれに応じた並べ方も場所や地域によってさまざまであった。それを中世ドイツのマルティン・ルターが倒すピンを9本にし、並べ方もひし形に統一していったことが近代ボウリングのルールの原型になっていったと考えられている。9本という決められた数のピンを倒すという行為は、やがてナインピンズ・ボウリングという一つのスポーツとして派生し宗教家の間では人気のあるスポーツとして栄えた。このことから宗教革命家と知られるルターは、現在のボウリングの基本的なルールを統一した意外な功労者でもあるといえる。また、ドイツの一部の地域では、いまだにその名残としてピンの数が9本でプレイする地域も存在する。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見た国民体育大会

    ボウリング()とは、プレイヤーに対して頂点を向けて正三角形に並べられた、10本のピンと呼ばれる棒をめがけてボール(英: bowling ball)を転がし、ピンを倒すスポーツ。日本での漢字表記は十柱戯。ワールドゲームズ参加競技、アジア競技大会の正式競技種目、国民体育大会の競技である。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見たオイルショック

    日本では1861年6月22日(5月15日)に、長崎の大浦居留地に初めてのボウリング場「インターナショナル・ボウリング・サロン」が開設された。これを記念して現在6月22日はボウリングの日とされており、その日限定で割引サービス等をやっているボウリング場もある。なお当時、坂本龍馬が長崎に居留していた英国人貿易商グラバーと交流があったことから日本ボウリング資料館の開館を報じるボウリングマガジン誌において龍馬が日本人初のボウリングプレイヤーであるかもしれないという願望を含んだ記事が掲載されたが、そのような事実があったという確たる証拠が存在しているわけではない。1970年前後にはスター・プレイヤーである須田開代子・中山律子らの出現などがきっかけとなって、当時は数百メートルごとにボウリング場があったほどボウリング・ブームと呼ばれる流行ぶりを示した。このブームは1973年の石油危機により一旦終息するが1979年頃から人気が再燃し、当初のブームには至らないものの現在でも安定した人気を得ている。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見たソウル特別市

    1986年(昭和61年) アジア競技大会で(ソウルで開催)日本は12種目中6個もの金メダルを獲得する。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見た文部科学省

    文部科学省の国語審議会では答申「外来語の表記」で、球技を意味する場合は「ボウリング」と表記するという凡例が1991年(平成3年)に出されている。なお、従来から存在している表記「ボーリング」を使用する分にも問題は無いが、掘削(boring)のボーリングと同じ言葉と誤解されることがあるため、一般的には「ボウリング」と表記するのが望ましい。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見た小田原市

    日本テレビ系「ワールド☆レコーズ」(2004年-2005年)で「100本ボウリング」を放映されたことを切っ掛けに、ボウリング場「X-BOWL」(釧路・小田原・松本)に100本ボウリングのレーンが開設された。番組が「300本ボウリング」を放映後、こちらも300本に変更された。X-BOWLでは1人1球のみの挑戦で料金は300円。300本のピンは手作業で並べるため一度セットするのに30分から40分ほどかかる。そのためこのゲーム自体では採算が取れないが、集客効果が上がったといわれる。後に埼玉県の「アイビーボウル」でも導入された。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見た長崎市

    日本では1861年6月22日(5月15日)に、長崎の大浦居留地に初めてのボウリング場「インターナショナル・ボウリング・サロン」が開設された。これを記念して現在6月22日はボウリングの日とされており、その日限定で割引サービス等をやっているボウリング場もある。なお当時、坂本龍馬が長崎に居留していた英国人貿易商グラバーと交流があったことから日本ボウリング資料館の開館を報じるボウリングマガジン誌において龍馬が日本人初のボウリングプレイヤーであるかもしれないという願望を含んだ記事が掲載されたが、そのような事実があったという確たる証拠が存在しているわけではない。1970年前後にはスター・プレイヤーである須田開代子・中山律子らの出現などがきっかけとなって、当時は数百メートルごとにボウリング場があったほどボウリング・ブームと呼ばれる流行ぶりを示した。このブームは1973年の石油危機により一旦終息するが1979年頃から人気が再燃し、当初のブームには至らないものの現在でも安定した人気を得ている。ボウリング フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「ボウリング」のニューストピックワード