106件中 71 - 80件表示
  • ボウリング

    ボウリングから見たボウル

    なお、ボウリングをすること等を意味する bowl という語は、ラテン語で泡や瘤を意味する bulla に由来する。一方、同じ綴りで食器や容器(ボウル)を意味する bowl や、球を意味する ball は、それぞれゲルマン語に由来し、本質的に異なる。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見た熊手

    ピンセッターの前部にある部品で、この下をボールが通過するとレーン上に降下し、倒れたピン(フレームの2投目では倒せずに残ったピンも含む)を奥のピットへ落とすためのバー。語源は「熊手」を意味する“Rake”。スイープ・バーとも呼ぶ。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見た釧路市

    日本テレビ系「ワールド☆レコーズ」(2004年-2005年)で「100本ボウリング」を放映されたことを切っ掛けに、ボウリング場「X-BOWL」(釧路・小田原・松本)に100本ボウリングのレーンが開設された。番組が「300本ボウリング」を放映後、こちらも300本に変更された。X-BOWLでは1人1球のみの挑戦で料金は300円。300本のピンは手作業で並べるため一度セットするのに30分から40分ほどかかる。そのためこのゲーム自体では採算が取れないが、集客効果が上がったといわれる。後に埼玉県の「アイビーボウル」でも導入された。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見たオイル

    レーンの整備のこと。主にデイリーメンテナンスである、クリーニング(古いオイルやホコリの除去)、オイルドレッシング(新たなオイルの塗布)を指すことが多い。オイルドレッシングのみを指す場合もある。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見たひし形

    しかし倒すピンの数やそれに応じた並べ方も場所や地域によってさまざまであった。それを中世ドイツのマルティン・ルターが倒すピンを9本にし、並べ方もひし形に統一していったことが近代ボウリングのルールの原型になっていったと考えられている。9本という決められた数のピンを倒すという行為は、やがてナインピンズ・ボウリングという一つのスポーツとして派生し宗教家の間では人気のあるスポーツとして栄えた。このことから宗教革命家と知られるルターは、現在のボウリングの基本的なルールを統一した意外な功労者でもあるといえる。また、ドイツの一部の地域では、いまだにその名残としてピンの数が9本でプレイする地域も存在する。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見たカエデ

    材質:ウッド(手前側はメイプル()、奥側がパイン(松)の組み合わせ)、もしくはプラスチック。ウッドレーンには定期的なリコーティング(塗装の塗り直し)、リサーフェス(ボールを受けてヘコむので、表面を削って平らにする補修)が必要であり、主流はプラスチックに変わりつつある。プラスチックのレーンはシンセティック(合成)レーンとも呼ばれ、違和感が無いように表面に木目がプリントされている。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見たジャストポケット!

    ジャストポケット!』(コミック・ガンボに連載)ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見た中指

    現在のボウリングに用いられるボールには通常3つの穴があり、親指、中指、薬指でグリップするのが一般的。子供用のボールなど、5つの指穴が開けられているものもある。昔は2つ穴であった。なおボールには指穴(最大5つ)、空気穴(各指穴に最大1つ)の他に、バランスホールと呼ばれるエクストラホールを最大1つ空けることがルール上許されている。個人用のボールを一般にマイボール、ボウリング場にあるボールをハウスボールと呼び、区別される。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見た親指

    現在のボウリングに用いられるボールには通常3つの穴があり、親指、中指、薬指でグリップするのが一般的。子供用のボールなど、5つの指穴が開けられているものもある。昔は2つ穴であった。なおボールには指穴(最大5つ)、空気穴(各指穴に最大1つ)の他に、バランスホールと呼ばれるエクストラホールを最大1つ空けることがルール上許されている。個人用のボールを一般にマイボール、ボウリング場にあるボールをハウスボールと呼び、区別される。ボウリング フレッシュアイペディアより)

  • ボウリング

    ボウリングから見た悪魔

    もともとボウリングは倒すピンを災いや悪魔に見立てて、それを沢山倒すことが出来たならば、その災いなどから逃れることが出来るという一種の宗教儀式であった。その歴史は古く、紀元前5000年頃には古代エジプトにおいて墓から木でできたボールとピンが発掘された事から、その頃からもボウリングに似たようなものがあったとされている。ボウリング フレッシュアイペディアより)

106件中 71 - 80件表示

「ボウリング」のニューストピックワード