ボクシングプロテスト ニュース&Wiki etc.

プロボクサーとは、プロライセンスを所持し、試合をすることによってファイトマネーを得るボクサー(ボクシングの選手)のこと。個人事業主。 (出典:Wikipedia)

「ボクシングプロテスト」Q&A

  • Q&A

    ボクシングのプロテストって申し込んでからどれくらいで受けれるんですか? 教えて下さい

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年3月23日 00:43

  • Q&A

    46歳でボクシングのプロテストに受験できる国はありますか? firirpinnなん…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年3月10日 23:09

  • Q&A

    ボクシングのプロテストを受けたいのですが肩から手首まで入れ墨が入ってます。 胸までい…

    [続きを読む]

    回答数:9質問日時 - 2017年3月2日 20:06

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「プロボクサー」のつながり調べ

  • ベン・ビラフロア

    ベン・ビラフロアから見たプロボクサー

    ベン・ビラフロア(Ben Villaflor、男性、1952年11月10日 - )は、フィリピンの元プロボクサー。ネグロス島出身。身長166cm。元WBA世界ジュニアライト級(スーパーフェザー級)王者。サウスポー、強打のファイター・タイプで、世界タイトルを2度獲得、連続5度、通算6度防衛した。(ベン・ビラフロア フレッシュアイペディアより)

  • 新妻千秋

    新妻千秋から見たプロボクサー

    主として、双子の兄に警視庁の刑事を持つ担当編集者、岡部良介が持ち込む事件を推理し、事件の概要を聞いただけで真相をほぼ看破するが、いわゆる安楽椅子探偵とは一線を画し、自ら(岡部を伴って)捜査活動を行う。扱う事件は刑事事件がほとんどであるが、いくつかの作品では、いわゆる日常の謎も扱われている。また、具体名は示されていないが、一種の護身術のようなものを元プロボクサーである赤沼から伝授されており、その腕前は、ボクサーとして相当の所までいったという赤沼を凌ぐほど。第2話『眠る覆面作家』では、警視庁の黒帯である岡部の兄が、ある勘違いによって一撃の下にノされている。(新妻千秋 フレッシュアイペディアより)

「プロボクサー」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ボクシングプロテスト」のニューストピックワード