2674件中 41 - 50件表示
  • ガチバカ!

    ガチバカ!から見たプロボクサープロボクサー

    柿の木坂高校を舞台とする元プロボクサーの新米教師が生徒と奮闘する姿を描く学園ドラマである。キャッチコピーは「生徒に涙は惜しまない」。ガチバカ! フレッシュアイペディアより)

  • 5月7日

    5月7日から見たプロボクサープロボクサー

    1914年 - ピストン堀口、プロボクサー(+ 1950年)5月7日 フレッシュアイペディアより)

  • 稲城市

    稲城市から見たプロボクサープロボクサー

    黒田雅之 - プロボクサー。第34代日本ライトフライ級王者。稲城市 フレッシュアイペディアより)

  • 7月4日

    7月4日から見たプロボクサープロボクサー

    1934年 - ヘビー級プロボクサージョー・ルイスがプロデビュー。7月4日 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 鶴太郎

    片岡鶴太郎から見たプロボクサープロボクサー

    片岡 鶴太郎(かたおか つるたろう、1954年12月21日 - )は、日本の俳優、お笑いタレント、歌手、画家、書家、プロボクサー、ヨーギ(ヨガ実践家)。本名は荻野 繁雄(おぎの しげお)。愛称は「鶴ちゃん」。太田プロダクション所属。絵を描くときのみ左利き。弟は太田プロダクション社員(バラエティマネージメント1部部長)の荻野良乙(よしお)。片岡鶴太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ガチンコ!

    ガチンコ!から見たプロボクサープロボクサー

    番組開始当初はTOKIOのメンバーが司会となり、様々な社会問題に体当たりし、「世の中のためになろう」というコンセプトで色々な職人やプロを養成するという企画を行っていた。主に不良少年を集めてプロボクサーをスパルタ風に育成するという建前の「ガチンコ・ファイトクラブ」シリーズが始まった2000年頃から番組の方向性が固まり、ナレーター垂木勉(番組開始当初から担当していた)による「と、その時!」や「一体どうなってしまうのか!?」などの独特のナレーションやテロップの数々、参加者の不良達による罵声やつかみ合いが頻繁に始まりすぐに乱闘騒ぎへと発展する描写が視聴者に受け、真剣勝負を意味する相撲界の隠語である「ガチンコ」という言葉が広く知れ渡るようになった。しかし、人気番組であり高視聴率を記録し続けた反面、暴力的な場面も多く倫理的に問題があるとして苦情が寄せられたり、出演者の品の無い態度や言葉遣いなどから低俗番組と批判されたりすることも多かった。また、出演者のセリフはつたない発音であることが多く、過激な演出と相まってやらせ番組として広く認識されることになった。「ファイトクラブ」「ラーメン道」など人気コーナーはシリーズ・派生化されることもあった。スタッフが『学校へ行こう!』と一部共通であり、ドッキリ企画や末期の旅企画など企画の流用もあった。ガチンコ! フレッシュアイペディアより)

  • 山田 たかお

    山田隆夫から見たプロボクサープロボクサー

    山田 隆夫(やまだ たかお、(異体字標記)1956年8月23日 - )は、東京都江東区出身の日本の元アイドル、タレント、歌手、作詞家、作曲家、俳優、落語家、プロボクサー(四回戦)。血液型A型。5代目鈴々舎馬風門下で高座名は。東京都江東区深川出身。山田隆夫 フレッシュアイペディアより)

  • 井上尚弥

    井上尚弥から見たプロボクサープロボクサー

    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。ホリプロとマネジメント契約。井上尚弥 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のテレビ (日本)

    2016年のテレビ (日本)から見たプロボクサープロボクサー

    朝日放送『ナイトinナイト』月曜日枠、赤井英和(俳優)とトミーズ雅(漫才師)の元プロボクサーコンビの司会で親しまれたバラエティ番組『ごきげん!ブランニュ』(2001年4月 - )が最終回、15年の歴史に幕。2016年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤利一

    佐藤利一から見たプロボクサープロボクサー

    佐藤 利一(さとう りいち、1916年3月1日 - )は、日本の元プロボクサー。北海道出身。元東洋ジュニアウェルター級王者。戦前の日本ボクシング界を代表する強打者である。佐藤利一 フレッシュアイペディアより)

2674件中 41 - 50件表示

「ボクシングプロテスト」のニューストピックワード