前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1950件中 1 - 10件表示
  • 訃報 2009年

    訃報 2009年から見たプロボクシングボクシング

    4月13日 - 小松則幸、プロボクシングOPBF東洋太平洋フライ級元王者(* 1979年)訃報 2009年 フレッシュアイペディアより)

  • ボディコンバット

    ボディコンバットから見たボクシングボクシング

    キックボクシング、テコンドー、空手、ムエタイ、ボクシング、太極拳、カポエイラの動きが取り入れられており、エアロビクスの効果だけでなく、ストレス解消も兼ねたトレーニングとなっている。日本にはボディパンプの次に導入された。ボディコンバット フレッシュアイペディアより)

  • モントリオールオリンピック

    モントリオールオリンピックから見たボクシングボクシング

    レオン・スピンクス(アメリカ、ボクシングライトヘビー級)モントリオールオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ハリトーノフ

    セルゲイ・ハリトーノフから見たボクシングボクシング

    バックボーンはコマンドサンボ、ボクシング。特にボクシングの技術は、ミルコ・クロコップをして「相当高い」と言わしめるほどで、ボディブローの威力は抜群。『PRIDE GP 2004』で対戦したアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラは試合後「あんな強烈なボディブローは受けたことがない」と絶賛した。また、プロ入り前にロシアのアマチュアボクシング・ナショナル大会で準優勝した経験を持ち、オリンピック代表チームに名前が入っていたことがある。セルゲイ・ハリトーノフ フレッシュアイペディアより)

  • 喧嘩商売

    喧嘩商売から見たボクシングボクシング

    全日本体重別選手権決勝戦での村井との因縁の対決を制し五輪代表に内定していたが、金田の策略によりドーピング違反に問われて村井と共に失格となり、柔道への情熱を失って現役を引退する。その後、全日本選手権決勝で関が金田を倒した様子を観戦して奮起しボクシングへ転向、弱小団体王者ながらもヘビー級チャンピオンをスパーで倒す素質を見せる。しかしプロテストで佐川徳夫に一方的に叩きのめされてボクシングを諦め、今度は日本拳法を志して徳夫の弟子となった。喧嘩商売 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原敏男

    藤原敏男から見たボクシングボクシング

    1974年3月、キックボクシングに転向していた元プロボクシング世界フェザー級王者西城正三と対戦。西城は転向後、16試合15勝1引き分け13KOと連勝街道を突っ走っていた。世紀の一戦とマスメディアも煽り立てたこの試合は、1Rから西城がパンチ中心で攻めるのに対し、藤原はパンチ・蹴りと上下に散らし、バランス良く攻める。2Rから藤原の攻めにスピードが乗りヒットし始めると、西城の攻めは空振りが目立ち始める。3Rに入り、西城が一方的に攻められる状態になり、KOなるかの直前に西城陣営からタオルが投げ込まれ、試合を棄権。藤原のTKO勝ちとなった。同年11月26日、東京体育館でBBTVライト級タイトルマッチでジャイディ・ピサラヌンチャン(ラジャダムナン・ライト級王者)と対戦したが4度のダウンを喫し、判定負けした。藤原敏男 フレッシュアイペディアより)

  • 若大将シリーズ

    若大将シリーズから見たボクシングボクシング

    劇中、水泳、ボクシング、マラソン、スキー、柔道、駅伝など当時の人気スポーツのほか、ヨット、サッカー、アメリカンフットボール、フェンシングなど当時マイナーだったスポーツにも挑戦している。若大将シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ビクトー・ベウフォート

    ビクトー・ベウフォートから見たボクシングボクシング

    ブラジリアン柔術・アブダビコンバット・総合格闘技に加え、プロボクシングの試合にも出場しているマルチファイター。ビクトー・ベウフォート フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たボクシングボクシング

    高卒後は定職にも就かずに漫然と日々を過ごしていたが、母親に叱咤され、半ば家から叩き出される形で上京。先に上京していた実兄の紹介で、離婚した実父の経営する会社に就職する。20歳を過ぎたある日、書店で目にしたボクシング雑誌に刺激を受け、自宅近くにあった宮田ボクシングジムに入門する。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たボクシングボクシング

    リング参照。対戦の舞台となるのは3本のロープを四方に張り巡らせたリングで、形状はボクシングなどとほぼ同じ(ただし、ボクシングの場合ロープ数は4本で、コーナーの形状も異なる)。大きさは団体によって異なる。プロレスの特徴として、ロープの反動を積極的に用いたり(ロープワークと呼ばれる)、コーナーに上っての技などがあるため、リングおよびロープは他競技用のものに比べ、頑丈に作られている(ロープの中にはワイヤーが入っている)。デスマッチと呼ばれる試合形式の場合、特殊な加工が施されたリングを用いることがある。詳細はデスマッチを参照。プロレス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1950件中 1 - 10件表示

「ボクシング」のニューストピックワード