101件中 11 - 20件表示
  • ボクシング

    ボクシングから見た三橋達也

    勝利者(1957年)、出演: 石原裕次郎、三橋達也、北原三枝ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た北原三枝

    勝利者(1957年)、出演: 石原裕次郎、三橋達也、北原三枝ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た平愛梨

    タナトス(2011年)、出演:徳山秀典、平愛梨、斉藤一平ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た梶原一騎

    あしたのジョー(高森朝雄、ちばてつや)ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た木村光一

    ふたりのジョー(梶原一騎、真樹日佐夫、木村光一ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たジーン・タニー

    現在のように世界タイトルマッチのラウンド数の規定はなく、プロモーターや現地のコミッション的組織、対戦選手陣営同士の合意などで初期はその都度変わっており、初期の名選手で黒人初のヘビー級チャンピオンのジャック・ジョンソンの1915年4月5日の防衛戦では全45ラウンド制(※結果は挑戦者の26回KO)だった一方、その2回前の1913年12月19日の防衛戦では、全10ラウンド制(※結果は10ラウンドPTSドロー)でバラバラであったが、自身の防衛戦を全て全10ラウンド制で行ったジーン・タニーの引退後の1930年6月12日に行われた空位の世界ヘビー決定戦以降は、世界タイトルマッチは一部の例外を除きほぼ全15ラウンド制で行われるようになったため、1930年代の半ば前には慣例として『世界タイトルマッチ15回戦制』が事実上成立し、1982年11月13日以降の一連のリング禍事件まで続いた。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たハンフリー・ボガート

    殴られる男(1956年)、出演: ハンフリー・ボガートボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た真樹日佐夫

    ふたりのジョー(梶原一騎、真樹日佐夫、木村光一)ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た岩重孝

    二匹のブル(瀬叩龍、岩重孝ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た日高建男

    満腹ボクサー徳川。(日高建男ボクシング フレッシュアイペディアより)

101件中 11 - 20件表示

「ボクシング」のニューストピックワード

  • エクアドル代表SBエストゥピニャン

  • エクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャン

  • イタリア人FWフェルナンド・フォレスティエリ