101件中 41 - 50件表示
  • ボクシング

    ボクシングから見たムエタイ

    ボクシング()は、拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツ。拳闘(けんとう)ともいう。ボクシングに似た競技はフランスのサバットのほか、タイのムエタイおよびムエタイをベースにした日本のキックボクシングやシュートボクシング等があり、それらと区別するための俗称として国際式ボクシングと呼ばれることもある。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たジョン・ダグラス (第9代クイーンズベリー侯爵)

    1867年にロンドン・アマチュア・アスレチック・クラブのジョン・グラハム・チャンバースはルール保証人の第9代クインズベリー侯爵ジョン・ショルト・ダグラスの名を冠した、12条からなる「クインズベリー・ルール」(Marquess of Queensberry Rule) を発表した。これにより、投げ技が禁止されたほか、3分1ラウンドとしラウンド間に1分間の休憩をとるラウンド制、グローブの着用、ダウンした者が10秒以内に立ち上がれない場合はKO負けとすることなどが定められ、現在に通じるボクシングルールが確立した。定着は遅れ以前の「ロンドン・プライズリング・ルールズ」についても1889年7月にジョン・ローレンス・サリバンがジェイク・ロドリゲスと行った防衛戦まで続いた。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た決闘罪ニ関スル件

    ボクシングの試合・スパーリングを挑んだり、実際に対戦しても「スポーツや格闘技である以上」は、それが違法性阻却事由となり決闘罪は成立し得ない。(「決闘罪ニ関スル件」を参照)ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たあしたのジョー

    あしたのジョー(高森朝雄、ちばてつや)ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たサンテレビジョン

    サンテレビジョンで2004年に「めざせ!チャンプ」が放送された。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た平凡社

    『ボクシングはなぜ合法化されたのか―英国スポーツの近代史』松井良明 平凡社 2007年 ISBN 978-4-582-83354-6ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たスポーツ

    ボクシング()は、拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツ。拳闘(けんとう)ともいう。ボクシングに似た競技はフランスのサバットのほか、タイのムエタイおよびムエタイをベースにした日本のキックボクシングやシュートボクシング等があり、それらと区別するための俗称として国際式ボクシングと呼ばれることもある。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たセコンド

    棄権 (Retire):選手本人、もしくはセコンドがこれ以上試合を続けることができないと判断した場合。タオルを投げ込んで合図するのが通例。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た世界ボクシング協会

    プロボクシングにおける階級は、以下の通り。以前は、日本ボクシングコミッションでは「ジュニア○○○級」の呼称を採用していたが、1998年5月1日に世界ボクシング協会(WBA)と世界ボクシング評議会(WBC)とでルールが統合され、両団体で異なっていた呼称も「スーパー○○○級」に一本化されたため、同時に日本ボクシングコミッションでも「スーパー○○○級」に呼称が変更された。それにより、ジュニアミドル級はスーパーウェルター級へ、ジュニアウェルター級はスーパーライト級へ、ジュニアライト級はスーパーフェザー級へ、ジュニアフライ級はライトフライ級へ変更された。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た頭突き

    負傷判定:試合の途中で偶然のバッティングにより負傷した場合、規定のラウンドに達していればそれまでの採点で勝敗を決する。達していない場合は負傷引き分けとなる。ボクシング フレッシュアイペディアより)

101件中 41 - 50件表示

「ボクシング」のニューストピックワード

  • エクアドル代表SBエストゥピニャン

  • エクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャン

  • イタリア人FWフェルナンド・フォレスティエリ