84件中 51 - 60件表示
  • ボクシング

    ボクシングから見たイギリス

    イタリアやイギリス、オランダなどヨーロッパを中心に、護身として、レクリエーションとして細々と行われていたようだが一般には定着しなかった。13世紀ごろのイタリアまたはイギリスの神父が「ボクシング」と名付け、近所の若者に教えたのが「ボクシング」という名称の始まりだという説もあるが、定かではない。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たオリーブ・オイル

    古代ギリシア語では握りしめた拳をPUGMEといい、それからPUXOS(箱)となった。古代オリンピックでは第23回大会から正式種目となり、オノマストスが月桂冠をうけた。この時代は全裸でオリーブ・オイルを塗り、拳には鋲を皮のバンテージのような物で包んだグローブのような物を着用、腕や肘でも攻撃できたようだ。この当時はラウンドは無く、どちらかが戦闘不能、またはギブアップ(右手の人差し指を天に突き上げるとギブアップになったらしい)で勝負がつく。この競技は第38回大会まで続けられた。この競技からパンクラチオンが生まれた。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た奴隷

    ローマ時代に入ってギリシア語から(拳での戦い)、(「ピュージリズム」)という言葉が生まれている。奴隷同士が鉄の鋲を打ち込んだセスタスという武器を拳に着けて、コロシアムなどで見せ物として行われるようになった。敗者は死亡、または再起不能になったと言われている。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たヘッドギア

    アマチュアボクシングでは、選手はトランクス、ランニングシャツ、シューズ、ヘッドギア、グローブを着用する。グローブの重さはシニア(18歳以上)の選手は全階級を通じて10オンス、ジュニア(高校生)はライトウェルター級までの選手は10オンス、ウェルター級以上の選手は12オンスである。また、負傷防止のためマウスピースとファウルカップを着用する。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たオランダ

    イタリアやイギリス、オランダなどヨーロッパを中心に、護身として、レクリエーションとして細々と行われていたようだが一般には定着しなかった。13世紀ごろのイタリアまたはイギリスの神父が「ボクシング」と名付け、近所の若者に教えたのが「ボクシング」という名称の始まりだという説もあるが、定かではない。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た日本IBF

    日本IBF(活動停止中)ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たレクリエーション

    イタリアやイギリス、オランダなどヨーロッパを中心に、護身として、レクリエーションとして細々と行われていたようだが一般には定着しなかった。13世紀ごろのイタリアまたはイギリスの神父が「ボクシング」と名付け、近所の若者に教えたのが「ボクシング」という名称の始まりだという説もあるが、定かではない。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たエジプト

    紀元前4000年ごろの古代エジプトの象形文字からも軍隊で使われていたのが判読されており、クレタ島の紀元前3000年ごろのエーゲ文明の遺跡からもボクシングの図が書かれた壷が発見されている。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たエーゲ文明

    紀元前4000年ごろの古代エジプトの象形文字からも軍隊で使われていたのが判読されており、クレタ島の紀元前3000年ごろのエーゲ文明の遺跡からもボクシングの図が書かれた壷が発見されている。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た投げ技

    投げ技、タックルなどのレスリング行為。ボクシング フレッシュアイペディアより)

84件中 51 - 60件表示

「ボクシング」のニューストピックワード