101件中 61 - 70件表示
  • ボクシング

    ボクシングから見たユース王座

    プロボクシングでは、タイトルの価値は、地区(ローカル)・国内(ナショナル)・地域・国際(インターナショナル)もしくは大陸間(インターコンチネンタル)・世界・統一もしくはスーパー王座の順に価値が上昇し、団体によってはユース王座・ジュニア王座を設ける。日本は日本ボクシングコミッション (JBC)が日本王座を認定し、知名度は低いが日本の地区タイトルも存在する。国内王座より上位に位置する地域王座は地域連盟や世界団体の下部組織が認定し、国際(インターナショナル)王座や大陸間王座(インターコンチネンタル)、世界王座やスーパー王座等は世界団体が直接認定している。ここでプロボクシングで4大団体と称される主要な世界タイトル認定団体を下記する。WBAやWBC含むその他の団体はサッカーのFIFAのような組織ではなく王座の認定組織で、“団体aのあり方・運営のされ方に不満を持った人達が、団体bと、bが認定する別の世界タイトルを立ち上げ”て分派した団体もあるため、プロボクシングを統括しているわけではない。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た女子国際ボクシング連盟

    女子国際ボクシング連盟(IWBF、女子最古の団体)ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たフランス

    ボクシング()は、拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツ。拳闘(けんとう)ともいう。ボクシングに似た競技はフランスのサバットのほか、タイのムエタイおよびムエタイをベースにした日本のキックボクシングやシュートボクシング等があり、それらと区別するための俗称として国際式ボクシングと呼ばれることもある。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たコロッセオ

    ローマ時代に入ってギリシア語から(拳での戦い)、(「ピュージリズム」)の言葉が生まれている。奴隷同士が鉄の鋲を打ち込んだ武器のカエストゥスを拳に着けて、コロッセウムなどで見せ物として行われるようになり、観客を喜ばせるためにどちらかが死ぬまで戦わせた。時には床に描かれた円の中で戦わせることもあったが、これが現在のリングの語源となっている。しかし西暦393年に残忍すぎたため禁止となり、ローマで再びボクシングが盛んになるのは17世紀後半になってからである。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たローブロー

    ローブロー。相手のベルトラインより下を攻撃する。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たイギリス

    イタリアやイギリス、オランダなどヨーロッパを中心に、護身として、レクリエーションとして細々と行われていたようだが、剣による護身が一般的であったため定着しなかった。13世紀ごろのイタリアまたはイギリスの神父が「ボクシング」と名付け、近所の若者に教えたことが「ボクシング」の名称の始まりとする説もある。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たオリーブ・オイル

    古代ギリシア語では握りしめた拳をPUGMEといい、それからPUXOS(箱)となった。古代オリンピックでは第23回大会から正式種目となり、オノマストスが月桂冠をうけた。この時代は全裸でオリーブ・オイルを塗り、拳には鋲を皮のバンテージのような物で包んだグローブのような物を着用、腕や肘でも攻撃できたようだ。この当時はラウンドは無く、どちらかが戦闘不能、またはギブアップ(右手の人差し指を天に突き上げるとギブアップになったらしい)で勝負がつく。この競技は第38回大会まで続けられた。この競技からパンクラチオンが生まれた。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た世界ボクシングエンパイア

    世界ボクシングエンパイア(WBE、2007年を以ってWPBFに統合された)ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見たバンテージ

    古代ギリシア語では握りしめた拳をPUGMEといい、それからPUXOS(箱)となった。古代オリンピックでは第23回大会から正式種目となり、オノマストスが月桂冠をうけた。この時代は全裸でオリーブ・オイルを塗り、拳には鋲を皮のバンテージのような物で包んだグローブのような物を着用、腕や肘でも攻撃できたようだ。この当時はラウンドは無く、どちらかが戦闘不能、またはギブアップ(右手の人差し指を天に突き上げるとギブアップになったらしい)で勝負がつく。この競技は第38回大会まで続けられた。この競技からパンクラチオンが生まれた。ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング

    ボクシングから見た奴隷

    ローマ時代に入ってギリシア語から(拳での戦い)、(「ピュージリズム」)の言葉が生まれている。奴隷同士が鉄の鋲を打ち込んだ武器のカエストゥスを拳に着けて、コロッセウムなどで見せ物として行われるようになり、観客を喜ばせるためにどちらかが死ぬまで戦わせた。時には床に描かれた円の中で戦わせることもあったが、これが現在のリングの語源となっている。しかし西暦393年に残忍すぎたため禁止となり、ローマで再びボクシングが盛んになるのは17世紀後半になってからである。ボクシング フレッシュアイペディアより)

101件中 61 - 70件表示

「ボクシング」のニューストピックワード

  • エクアドル代表SBエストゥピニャン

  • エクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャン

  • イタリア人FWフェルナンド・フォレスティエリ