前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    後半戦に入ると、一部メディアから「戦力外となる可能性もある」とも報じられ、8月8日のタイガース戦では、相手投手が右投手であるにもかかわらずスタメン落ちし、ショックのあまり報道陣を避け、食堂にこもってテレビを見続けたという。事実上、この時点で契約延長の可能性は閉ざされてしまった。当時、松井は打率.244、14本塁打、55打点と低迷。エンゼルスがプレーオフ争いから脱落していたこともあり、地元紙からはボビー・アブレイユ、フアン・リベラと共に「戦犯」の1人として名指しされた。その後は打撃の調子が上がっていたが、9月8日のインディアンス戦では、新人時代の1993年以来17年ぶりに代打の代打を送られる屈辱も味わった。シーズン終了後、エンゼルスGMのトニー・リーギンスからは「こんなに調子の波が激しいとは思わなかった」と失望感を隠さない厳しい評価が下された。11月2日には1年契約が満了しFAとなった。翌日、エンゼルスは同月6日が期限となっていた独占交渉期間中に翌年の契約を提示しないと表明した。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表から見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    ヨハン・サンタナ、フレディ・ガルシア、カルロス・ザンブラーノ、フランシスコ・ロドリゲスなどを擁する投手陣は、ソーホー監督自ら世界有数と認めるほど強力なものだった。しかし、2次リーグでキューバやドミニカ共和国に敗れ敗退した。チーム打率が.186と貧打(2次リーグ進出8チームの中で最低)で、さらに主砲のボビー・アブレイユとミゲル・カブレラが2次リーグ以降スランプに陥ったのが響いた。2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表 フレッシュアイペディアより)

  • ブロンソン・サルディーニャ

    ブロンソン・サルディーニャから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    9月15日のボストン・レッドソックス戦で、ボビー・アブレイユに代わって8回裏からライトの守備に入りメジャーデビュー。ヤンキースのプレーオフ進出決定後の9月27日、タンパベイ・デビルレイズ戦で8番ライトで先発出場し、3回表にスコット・カズミアーからメジャー初ヒットを打った。ブロンソン・サルディーニャ フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・デルーチ

    デビッド・デルーチから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    4月1日に、ロビンソン・テヘダおよびジェイク・ブレイロックとのトレードで、金銭と共にフィラデルフィア・フィリーズへ移籍。同年シーズンは、本職の左翼手にパット・バレル、中堅手には堅守のアーロン・ローワンド、右翼手には主砲ボビー・アブレイユがいることから、主に第4の外野手(控え)や代打として開幕からプレー。しかし、7月末のアブレイユの放出や8月のローワンドの足首骨折などでチャンスを掴み、自己最多となる132試合に出場。アブレイユ放出後は主に右翼手を守り、8月は5本塁打・15打点と打撃好調。ローワンド離脱後に中堅手を務めたシェーン・ビクトリーノらと共に、プレーオフ進出を賭けて激しく争っていたチームを支えた。同年12月6日に、3年契約でクリーブランド・インディアンスへFA移籍。デビッド・デルーチ フレッシュアイペディアより)

  • 選球眼

    選球眼から見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    一打席当たりの被投球数。数値が高いほどカット技術が高く、粘れる(得意筋でないボールもバットに当てファウルボールに出来る)打者であるといえる。MLBにおける2000年代10年間(00-09年)の最高ランクはボビー・アブレイユの4.31、最低ランクはノマー・ガルシアパーラの3.17。なお、アブレイユの投球見送り率は64.9%で2番目に高く、ガルシアパーラは44.9%で5番目に低い。アブレイユの初球スイング率は11.7%で3番目に低く、ガルシアパーラは46.5%で2番目に高いものになっている。選球眼 フレッシュアイペディアより)

  • コリー・ライドル

    コリー・ライドルから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    にミネソタ・ツインズと契約し、にミルウォーキー・ブルワーズに移籍。にニューヨーク・メッツにトレードされ、1997年5月8日にメジャー初登板を果たす。ライドルはメジャーリーグベースボール選手会に所属していない数少ない選手である。これはのストライキの際に代替選手として登録したためである。この後、アリゾナ・ダイヤモンドバックス、タンパベイ・デビルレイズ、オークランド・アスレチックス、トロント・ブルージェイズ、シンシナティ・レッズ、フィラデルフィア・フィリーズに移籍。7月30日、ボビー・アブレイユとともにニューヨーク・ヤンキースにトレードされた。コリー・ライドル フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・モイラン

    ピーター・モイランから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    モイランは3月9日に行われた1次リーグ第2戦のベネズエラ戦に登板。1.2回を投げ与四球5と制球に苦しむも、ボビー・アブレイユやマグリオ・オルドニェスなどメジャーリーグのスター選手たちから4つの三振を奪う。オーストラリアはこの試合に0?2で敗れて2次リーグ進出を逃し、モイランの登板はこの1試合だけに終わる。しかしモイランの投球はメジャーリーグのスカウトの目を引き、大会直後にアトランタ・ブレーブスと契約を結ぶことになった。代表チームのある投手コーチがブレーブスとの間に人脈を持っていたという。ピーター・モイラン フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のMLBオールスターゲーム

    2005年のMLBオールスターゲームから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    第21回ホームランダービーは翌年のワールド・ベースボール・クラシック開催を記念して、各国から選出された打者によって争われた。出場国は出場15カ国の内カナダ、ドミニカ、韓国、アメリカ、オランダ(キュラソー)、パナマ、プエルトリコ、ベネズエラの8カ国の代表戦となった。そのためオールスター選出されていない崔煕渉も特別参加した。ボビー・アブレイユが1回戦で最多記録となる24本を打ちそのまま勝利を収めている。2005年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のMLBオールスターゲーム

    2004年のMLBオールスターゲームから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    チームからの選出に漏れた選手の中から各リーグ5名が選ばれ、最後の1枠をかけたファン投票(All-Star Final Vote)が行われた。投票はMLB公式ウェブサイト上でのオンライン投票で実施された。結果は松井秀喜とボビー・アブレイユが選出された。2004年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のMLBオールスターゲーム

    2008年のMLBオールスターゲームから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    オールスターゲーム前日の7月14日に第24回ホームランダービーが開催された。1回戦でテキサス・レンジャースのジョシュ・ハミルトンが2005年にボビー・アブレイユの打った24本の記録を破る28本の本塁打を放った。そのハミルトンも決勝では3本と振るわず、5本を打ったミネソタ・ツインズのジャスティン・モルノーが優勝した。カナダ勢で初の優勝者となった。前年の優勝者ブラディミール・ゲレーロは、オールスターに選出されなかったこともあり休日は家族と過ごすことを選び出場を辞退した。2008年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示