前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表から見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    ヨハン・サンタナ、フレディ・ガルシア、カルロス・ザンブラーノ、フランシスコ・ロドリゲスなどを擁する投手陣は、ソーホー監督自ら世界有数と認めるほど強力なものだった。しかし、2次リーグでキューバやドミニカ共和国に敗れ敗退した。チーム打率が.186と貧打(2次リーグ進出8チームの中で最低)で、さらに主砲のボビー・アブレイユとミゲル・カブレラが2次リーグ以降スランプに陥ったのが響いた。2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表 フレッシュアイペディアより)

  • アブレイユ

    アブレイユから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユ - ベネズエラの野球選手。アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・デルーチ

    デビッド・デルーチから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    4月1日に、ロビンソン・テヘダおよびジェイク・ブレイロックとのトレードで、金銭と共にフィラデルフィア・フィリーズへ移籍。同年シーズンは、本職の左翼手にパット・バレル、中堅手には堅守のアーロン・ローワンド、右翼手には主砲ボビー・アブレイユがいることから、主に第4の外野手(控え)や代打として開幕からプレー。しかし、7月末のアブレイユの放出や8月のローワンドの足首骨折などでチャンスを掴み、自己最多となる132試合に出場。アブレイユ放出後は主に右翼手を守り、8月は5本塁打・15打点と打撃好調。ローワンド離脱後に中堅手を務めたシェーン・ビクトリーノらと共に、プレーオフ進出を賭けて激しく争っていたチームを支えた。同年12月6日に、3年契約でクリーブランド・インディアンスへFA移籍。デビッド・デルーチ フレッシュアイペディアより)

  • 選球眼

    選球眼から見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    一打席当たりの被投球数。数値が高いほどカット技術が高く、粘れる(得意筋でないボールもバットに当てファウルボールに出来る)打者であるといえる。MLBにおける2000年代10年間(00-09年)の最高ランクはボビー・アブレイユの4.31、最低ランクはノマー・ガルシアパーラの3.17。なお、アブレイユの投球見送り率は64.9%で2番目に高く、ガルシアパーラは44.9%で5番目に低い。アブレイユの初球スイング率は11.7%で3番目に低く、ガルシアパーラは46.5%で2番目に高いものになっている。選球眼 フレッシュアイペディアより)

  • コリー・ライドル

    コリー・ライドルから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    にニューヨーク・メッツにトレードされ、1997年5月8日にメジャー初登板を果たす。ライドルはメジャーリーグベースボール選手会に所属していない数少ない選手である。これはのストライキの際に代替選手として登録したためである。この後、アリゾナ・ダイヤモンドバックス、タンパベイ・デビルレイズ、オークランド・アスレチックス、トロント・ブルージェイズ、シンシナティ・レッズ、フィラデルフィア・フィリーズに移籍。7月30日、ボビー・アブレイユとともにニューヨーク・ヤンキースにトレードされた。コリー・ライドル フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のメジャーリーグベースボール

    2010年のメジャーリーグベースボールから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    6月2日、ボビー・アブレイユ(LAA)がKC戦で史上51人目の通算500二塁打を達成。2010年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ブロンソン・サルディーニャ

    ブロンソン・サルディーニャから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    9月15日のボストン・レッドソックス戦で、ボビー・アブレイユに代わって8回裏からライトの守備に入りメジャーデビュー。ヤンキースのプレーオフ進出決定後の9月27日、タンパベイ・デビルレイズ戦で8番ライトで先発出場し、3回表にスコット・カズミアーからメジャー初ヒットを打った。ブロンソン・サルディーニャ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のメジャーリーグベースボール

    2009年のメジャーリーグベースボールから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    2月11日 - ニューヨーク・ヤンキースからFAになっていたボビー・アブレイユがロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムに移籍。2009年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・リリアーノ

    ペドロ・リリアーノから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    初奪三振:同上、7回裏にボビー・アブレイユから空振り三振ペドロ・リリアーノ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のワールドシリーズ

    2009年のワールドシリーズから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    11月20日にチーム支配権がジョージ・スタインブレナーから息子のハル・スタインブレナーへ委譲された。同日、シーズン20勝を挙げたマイク・ムッシーナが現役引退を表明。ボビー・アブレイユ、ジェイソン・ジアンビ、カール・パバーノがFAで他球団へ移籍。その代わりにCC・サバシアを7年総額1億6,100万ドル、A.J.バーネットを5年総額8,250万ドル、マーク・テシェイラを8年総額1億8,000万ドルで獲得し、ニック・スウィッシャーをトレードで獲得。2009年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示