26件中 11 - 20件表示
  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユの打撃に刺激を受けて選球眼が向上し、その結果四球が増え、出塁率は過去最高の3割6分6厘を記録。初のシルバースラッガー賞を獲得した。ただしロザンゼルス・ドジャース戦でフェンスに激突し、5週間故障者リストに入っている。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • A.J.バーネット

    A.J.バーネットから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    ヤンキースとの契約期間は2年残っていたものの、チームはトレードによる放出を検討。ロサンゼルス・エンゼルスのボビー・アブレイユとのトレードは東海岸への居住を望む家族の意向でバーネットが拒否したが、2月19日、ピッツバーグ・パイレーツのマイナー2選手とのトレードでピッツバーグ・パイレーツに移籍した。A.J.バーネット フレッシュアイペディアより)

  • エンディ・チャベス

    エンディ・チャベスから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    はホセ・ギーエンの加入やライアン・チャーチの台頭などで開幕をAAA級でむかえる。5月3日に昇格したが7試合の出場機会しか与えられず、クラウディオ・バーガスが故障者リストから復帰した11日には降格されるなど戦力外となっていた。5月14日にマーロン・バードとのトレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍する。しかし移籍したフィリーズにもケニー・ロフトン、ボビー・アブレイユ、パット・バレルといったレギュラー陣がいたため、ジェイソン・マイケルズと共に控えに甘んじ、先発出場は10試合にとどまった。オフにフリーエージェントとなっていたチャベスは、12月22日にメッツと契約、3度目のメッツ傘下入りとなった。エンディ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ウェッジ

    エリック・ウェッジから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    2011年7月24日のロサンゼルス・エンゼルス戦でカウントが3ボールにもかかわらず球審がボビー・アブレイユに四球を宣告、しかしウェッジは抗議をしなかった。試合後になって「アブレイユのカウントが、まだ3-1なのは知ってたよ(I knew it was only 3-1 to Abreu.)」と驚愕の発言を行った上で「私ならカウント3-1から投げたくないよな?私はアブレイユがエンゼルスの中でベストなバッターだと思う」と居直った。カウントミスというあからさまな誤審に関して知っていながら見逃したばかりか、アブレイユに投げたくないから自分に不利な誤審でも四球ならいいと言った態度でウェッジは大きな顰蹙を買った。なお、7月2日のサンディエゴ・パドレス戦でも同様の事件が起きており、この時は「知らなかった」「数えてなかった」と発言している。エリック・ウェッジ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    2月11日 - ヤンキースからFAになっていたボビー・アブレイユがエンゼルスに移籍。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のワールドシリーズ

    2009年のワールドシリーズから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    11月20日にチーム支配権がジョージ・スタインブレナーから息子のハル・スタインブレナーへ委譲された。同日、シーズン20勝を挙げたマイク・ムッシーナが現役引退を表明。ボビー・アブレイユ、ジェイソン・ジアンビ、カール・パバーノがFAで他球団へ移籍。その代わりにCC・サバシアを7年総額1億6,100万ドル、A.J.バーネットを5年総額8,250万ドル、マーク・テシェイラを8年総額1億8,000万ドルで獲得し、ニック・スウィッシャーをトレードで獲得。2009年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ハミルトン

    ジョシュ・ハミルトンから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    は開幕から好調で4月、5月と2か月連続で月間MVPを受賞。オールスターのファン投票でア・リーグ外野手部門最多の3,708,709票を得て、初出場を果たした。オールスター前日に行われたホームランダービーの第1ラウンドでボビー・アブレイユの24本の記録を破る28本を放った。決勝では3本で、5本を打ったミネソタ・ツインズのジャスティン・モルノーが優勝したが、モルノーは「皆の記憶に残るのは、僕が勝ったことよりジョシュ・ハミルトンのことだろうね」と言うようにハミルトンが主役だった。8月17日のレイズ戦では9回裏2アウト満塁の場面で敬遠された。満塁での敬遠はア・リーグ107年ぶりの出来事だった。シーズンでは最終的に打率.304・32本塁打・130打点を記録、打点王に輝き、メジャーデビュー2年目にして初の個人タイトルを獲得した。ジョシュ・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • メルキー・カブレラ

    メルキー・カブレラから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    、ヤンキースの外野手陣には松井の他にボビー・アブレイユやジョニー・デイモンがおり、更に指名打者にもジェイソン・ジアンビを起用予定と、カブレラはポジションを保障されていない状況でシーズンを迎えた。しかし、松井が開幕直後に左太股を痛めて故障者リスト入りすると、前年同様、松井に代わって正左翼手として出場。松井復帰後6月頃からは正中堅手のポジションを奪取。シーズン通算で150試合に出場し打率.273・8本塁打・73打点・16補殺(リーグ3位タイ)という成績を挙げている。メルキー・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 1974年

    1974年から見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    3月11日 - ボビー・アブレイユ、メジャーリーガー1974年 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・トラウト

    マイク・トラウトから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    はAAAで開幕を迎えるが、ボビー・アブレイユの解雇に伴い、4月28日にメジャー昇格。最初の2試合はヒット無しに終わるが、5月に打率.324・5本塁打・16打点・8盗塁、6月に打率.372・3本塁打・16打点・14盗塁を記録し、2ヶ月連続で月間新人MVPを受賞。7月には打率.392・10本塁打・23打点・9盗塁とさらに上の成績を残し、リーグ史上初となる月間MVPと月間新人MVPの同時受賞。マイク・トラウト フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示