30件中 11 - 20件表示
  • 2014年のメジャーリーグベースボール

    2014年のメジャーリーグベースボールから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    9月26日 - ニューヨーク・メッツのボビー・アブレイユが今季限りで現役引退することを発表したとAP通信が報じた2014年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    も開幕から中堅手として77試合に出場し、17本塁打65打点13盗塁、打率.305と好成績を残したため、2年ぶりにオールスターゲームに選出されたが、7月7日のロサンゼルス・ドジャース戦でフェンスに激突し、7月10日に15日間の故障者リスト入りした。そのためオールスターゲーム出場も辞退した。8月16日に復帰。この年は119試合に出場し、22本塁打90打点18盗塁、打率.299だった。また、ボビー・アブレイユの打撃に刺激を受けて選球眼が向上し、その結果四球が増え、出塁率は過去最高の.366を記録。オフの11月10日に9年連続となるゴールドグラブ賞、11月12日には初のシルバースラッガー賞を受賞した。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • シェーン・ビクトリーノ

    シェーン・ビクトリーノから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    は5番目の外野手として開幕を迎えた。アーロン・ローワンドが故障者リスト入りした5月は中堅手として先発出場し、ボビー・アブレイユが7月31日にニューヨーク・ヤンキースへトレード移籍以降、ビクトリーノはその後釜として先発出場した。シェーン・ビクトリーノ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・リベラ

    フアン・リベラから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    には、外野手の控えがトニー・グウィン・ジュニアとボビー・アブレイユ、一塁手の控えがジェームズ・ローニーで、トレードでシェーン・ビクトリーノ、エイドリアン・ゴンザレスが加入などの理由で出場機会が減少した。オフにFAに。フアン・リベラ フレッシュアイペディアより)

  • ユネル・エスコバー

    ユネル・エスコバーから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    1打席あたりの球数は2012年終了時点の通算で3.49で、多くのキューバ出身選手と同様に早打ち傾向にあるが、ストライクゾーン外の球に対するスイング率は通算23.0%という優れた選球眼を持ち合わせており(2011年は21.1%でボビー・アブレイユ、イアン・キンズラーに次ぐ両リーグ3位)、四球は安定して選べる。2011年からは1番打者として起用される事が多い。ユネル・エスコバー フレッシュアイペディアより)

  • フィラデルフィア・フィリーズ

    フィラデルフィア・フィリーズから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    ストライキが発生した翌1994年以降、チームは再び低迷。1994年から2000年まで7年連続で負け越してしまう。しかしこの間、スコット・ローレン、ボビー・アブレイユ、パット・バレルを初めとした若手選手が台頭。2001年には首位ブレーブスに2ゲーム差と迫る86勝76敗でシーズンを終える。2003年にはジム・トーミが加入し、47本塁打で本塁打王を獲得。チームも終盤までワイルドカード争いを繰り広げた。2004年、人工芝が固いベテランズ・スタジアムから天然芝のシチズンズ・バンク・パークに移転。フィラデルフィア・フィリーズ フレッシュアイペディアより)

  • A.J.バーネット

    A.J.バーネットから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    ヤンキースとの契約期間は2年残っていたものの、チームはトレードによる放出を検討。ロサンゼルス・エンゼルスのボビー・アブレイユとのトレードは東海岸への居住を望む家族の意向でバーネットが拒否したが、2月19日、残りの契約2年3,300万ドルのうち2,000万ドルをヤンキース側が負担する条件のもと、マイナー2選手とのトレードで、パイレーツに移籍した。A.J.バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・シェフィールド

    ゲイリー・シェフィールドから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    は34本塁打、123打点を記録し、3年連続で30本塁打・120打点を達成し、シルバースラッガー賞を受賞した。は手首の怪我により長期欠場し、トレードにてボビー・アブレイユを獲得。守備位置が重なるため、復帰したあとは不慣れな一塁を守ることになり不満を言った。プレーオフではスタメンを外され、球団との亀裂は決定的なものになった。ゲイリー・シェフィールド フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・モイラン

    ピーター・モイランから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のオーストラリア代表に選出された。同大会では、3月9日に行われた1次リーグ第2戦のベネズエラ戦に登板した。1.2回を投げ与四球5と制球に苦しむも、ボビー・アブレイユやマグリオ・オルドニェスなどメジャーリーグのスター選手たちから4つの三振を奪う。オーストラリアはこの試合に0?2で敗れて2次リーグ進出を逃し、モイランの登板はこの1試合だけに終わる。ピーター・モイラン フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のMLBオールスターゲーム

    2005年のMLBオールスターゲームから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    第21回本塁打競争は翌年のワールド・ベースボール・クラシック開催を記念して、各国から選出された打者によって争われた。出場国は出場15カ国の内カナダ、ドミニカ、韓国、アメリカ、オランダ(キュラソー)、パナマ、プエルトリコ、ベネズエラの8カ国の代表戦となった。そのためオールスター選出されていない崔煕渉も特別参加した。ボビー・アブレイユが1回戦で最多記録となる24本を打ちそのまま勝利を収めている。2005年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示