1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • シェーン・ビクトリーノ

    シェーン・ビクトリーノから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    は5番目の外野手として開幕を迎えた。アーロン・ローワンドが故障者リスト入りした5月は中堅手として先発出場し、ボビー・アブレイユが7月31日にニューヨーク・ヤンキースへトレード移籍以降、ビクトリーノはその後釜として先発出場した。シェーン・ビクトリーノ フレッシュアイペディアより)

  • フィラデルフィア・フィリーズ

    フィラデルフィア・フィリーズから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    ストライキが発生した翌1994年以降、チームは再び低迷。1994年から2000年まで7年連続で負け越してしまう。しかしこの間、スコット・ローレン、ボビー・アブレイユ、パット・バレルを初めとした若手選手が台頭。2001年には首位ブレーブスに2ゲーム差と迫る86勝76敗でシーズンを終える。2003年にはジム・トーミが加入し、47本塁打で本塁打王を獲得。チームも終盤までワイルドカード争いを繰り広げた。2004年、人工芝が固いベテランズ・スタジアムから天然芝のシチズンズ・バンク・パークに移転。フィラデルフィア・フィリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・シェフィールド

    ゲイリー・シェフィールドから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    は34本塁打、123打点を記録し、3年連続で30本塁打・120打点を達成し、シルバースラッガー賞を受賞した。は手首の怪我により長期欠場し、トレードにてボビー・アブレイユを獲得。守備位置が重なるため、復帰したあとは不慣れな一塁を守ることになり不満を言った。プレーオフではスタメンを外され、球団との亀裂は決定的なものになった。ゲイリー・シェフィールド フレッシュアイペディアより)

  • ユネル・エスコバー

    ユネル・エスコバーから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    1打席あたりの球数は2012年終了時点の通算で3.49で、多くのキューバ出身選手と同様に早打ち傾向にあるが、ストライクゾーン外の球に対するスイング率は通算23.0%という優れた選球眼を持ち合わせており(2011年は21.1%でボビー・アブレイユ、イアン・キンズラーに次ぐ両リーグ3位)、四球は安定して選ぶことができる。2011年からは1番打者として起用されることが多い。ユネル・エスコバー フレッシュアイペディアより)

  • フアン・リベラ

    フアン・リベラから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    には、外野手の控えがトニー・グウィン・ジュニアとボビー・アブレイユ、一塁手の控えがジェームズ・ローニーで、トレードでシェーン・ビクトリーノ、エイドリアン・ゴンザレスが加入などの理由で出場機会が減少した。オフにFAに。フアン・リベラ フレッシュアイペディアより)

  • イバン・ロドリゲス

    イバン・ロドリゲスから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    2月2日、4年契約でデトロイト・タイガースに移籍。移籍1年目に打率.334・19本塁打・86打点と好成績を残し、3年ぶりにゴールドグラブ賞を受賞。翌2005年はオールスターゲーム前日に行われたホームランダービーでボビー・アブレイユに次ぐ2位となったが、レギュラーシーズンは打率.276・14本塁打・50打点と低迷、出塁率もデビュー以来となる3割を切ることとなった。同年にはホセ・カンセコが出版したステロイド剤の使用に関する暴露本において、ラファエル・パルメイロ、フアン・ゴンザレスと共に、1992年にカンセコからステロイド剤を紹介され、使用していたと名指しされたが、本人は一切のステロイド剤の使用を否定している。なお、ロドリゲスと一緒にカンセコからステロイド剤を紹介されたとされるパルメイロとゴンザレスも、暴露本出版当時はステロイド使用を否定していたが、前者はその後薬物検査で陽性反応を示し、ミッチェル報告書にも記載された。後者もミッチェル報告書に記載されており、両者のステロイド使用は限りなく黒に近い灰色である。イバン・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示