1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示
  • 2004年のMLBオールスターゲーム

    2004年のMLBオールスターゲームから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    チームからの選出に漏れた選手の中から各リーグ5名が選ばれ、最後の1枠をかけたファン投票(All-Star Final Vote)が行われた。投票はMLB公式ウェブサイト上でのオンライン投票で実施された。結果は松井秀喜とボビー・アブレイユが選出された。2004年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のMLBオールスターゲーム

    2008年のMLBオールスターゲームから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    オールスターゲーム前日の7月14日に第24回ホームランダービーが開催された。1回戦でテキサス・レンジャースのジョシュ・ハミルトンが2005年にボビー・アブレイユの打った24本の記録を破る28本の本塁打を放った。そのハミルトンも決勝では3本と振るわず、5本を打ったミネソタ・ツインズのジャスティン・モルノーが優勝した。カナダ勢で初の優勝者となった。前年の優勝者ブラディミール・ゲレーロは、オールスターに選出されなかったこともあり休日は家族と過ごすことを選び出場を辞退した。2008年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • エンディ・チャベス

    エンディ・チャベスから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    2005年5月14日にマーロン・バードとのトレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍する。しかし移籍したフィリーズにもケニー・ロフトン、ボビー・アブレイユ、パット・バレルといった強いレギュラー陣がいたため、ジェイソン・マイケルズと共に控えに甘んじ、先発出場は10試合にとどまった。オフの12月21日にFAとなった。エンディ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • オールスターゲーム最終投票

    オールスターゲーム最終投票から見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    2004年は「Ameriquestオールスター最終投票」の名で、2004年7月4日から2004年7月7日までの3日間投票が行われた。 総得票950万票以上のうち、アメリカンリーグは120万票を獲得した松井秀喜が、ナショナルリーグは200万票を獲得したボビー・アブレイユが選出された。 アブレイユは代打で出場し、松井は代打の後、左翼の守備についた。オールスターゲーム最終投票 フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ハミルトン

    ジョシュ・ハミルトンから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    2月15日にレンジャーズと1年契約に合意。開幕から好調で4月、5月と2か月連続で月間MVPを受賞。オールスターのファン投票でア・リーグ外野手部門最多の3,708,709票を得て、初出場を果たした。オールスター前日に行われたホームランダービーの第1ラウンドでボビー・アブレイユの24本の記録を破る28本を放った。決勝では3本で、5本を打ったミネソタ・ツインズのジャスティン・モルノーが優勝したが、モルノーは「皆の記憶に残るのは、僕が勝ったことよりジョシュ・ハミルトンのことだろうね」と言うようにハミルトンが主役だった。8月17日のレイズ戦では9回裏2アウト満塁の場面で敬遠された。満塁での敬遠はア・リーグ107年ぶりの出来事だった。シーズンでは最終的に打率.304・32本塁打・130打点を記録、打点王に輝き、メジャーデビュー2年目にして初の個人タイトルを獲得した。ジョシュ・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • イバン・ロドリゲス

    イバン・ロドリゲスから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    はオールスターゲーム前日に行われた本塁打競争でボビー・アブレイユに次ぐ2位となったが、レギュラーシーズンは打率.276・14本塁打・50打点と低迷、出塁率もデビュー以来となる3割を切ることとなった。同年にはホセ・カンセコが出版した筋肉増強剤のアナボリックステロイドの使用に関する暴露本 『禁断の肉体改造』において、ラファエル・パルメイロ、フアン・ゴンザレスと共に、1992年にカンセコからステロイド剤を紹介され、使用していたと名指しされたが、本人は一切のステロイド剤の使用を否定している。なお、ロドリゲスと一緒にカンセコからステロイド剤を紹介されたとされるパルメイロとゴンザレスも、暴露本出版当時はステロイド使用を否定していたが、前者はその後薬物検査で陽性反応を示し、ミッチェル報告書にも記載された。後者もミッチェル報告書に記載されている。イバン・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • メルキー・カブレラ

    メルキー・カブレラから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    、ヤンキースの外野手陣には松井の他にボビー・アブレイユやジョニー・デイモンがおり、更に指名打者にもジェイソン・ジアンビを起用予定と、カブレラはポジションを保障されていない状況でシーズンを迎えた。しかし、松井が開幕直後に左太股を痛めて故障者リスト入りすると、前年同様、松井に代わって正左翼手として出場。松井復帰後6月頃からは正中堅手のポジションを奪取。シーズン通算で150試合に出場し打率.273・8本塁打・73打点・16補殺(リーグ3位タイ)という成績を挙げている。メルキー・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 1974年

    1974年から見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    3月11日 - ボビー・アブレイユ、元メジャーリーガー1974年 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    元チームメイトでヤンキース主将のデレク・ジーターは、「マツイはお気に入りの選手。いいスイングをしているし、好調時は手がつけられない」「彼が考えているのはチームが勝つこと。まさしくプロだ」と語っていた。同じくアレックス・ロドリゲスは「ヒデキは野球をよく知っている。打つだけではなく走塁などのレベルも高い」と評価し、アンディ・ペティットは「マッティ(松井の愛称)は出会ったときからずっと勝負強い選手であり続けた。とにかく勝負強いんだ」と絶賛した。ボビー・アブレイユは「マツイは本当に好人物で、プロフェッショナル」と松井の人柄を高く評価し、トリー・ハンターは、自身のブログで「マツイは日本の伝説の“ゴジラ”。打撃のバランスが素晴らしく、滑らかで、無理のないスイングをする。そして、左投手とチャンスにとても強い」と絶賛した。2002年に松井を獲得するように進言したヤンキースのスカウトのジョン・コックスは、同年50本塁打を放った松井の打撃だけでなく守備にも注目し、「松井は野球をよく知っていて、メンタルミスをしない」と評価していた。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・トラウト

    マイク・トラウトから見たボビー・アブレイユボビー・アブレイユ

    はAAAで開幕を迎えるが、ボビー・アブレイユの解雇に伴い、4月28日にメジャー昇格。最初の2試合はヒットなしに終わるが、5月に打率.324・5本塁打・16打点・8盗塁、6月に打率.372・3本塁打・16打点・14盗塁を記録し、2ヶ月連続で月間新人MVPを受賞。7月には打率.392・10本塁打・23打点・9盗塁とさらに上の成績を残し、リーグ史上初となる月間MVPと月間新人MVPの同時受賞。7月10日のオールスターゲームにはアメリカン・リーグ最年少で出場。初打席となる代打でヒットを放ち、この試合両チームで唯一となる盗塁も記録した。8月にも月間新人MVPに選出されるが、月間打率は3割を下回った。9月30日のテキサス・レンジャーズ戦でダルビッシュ有から30号本塁打を放ち、史上最年少、新人初の「30本塁打・30盗塁」を達成。10月1日のマリナーズ戦で4得点を記録し、ブラディミール・ゲレーロが持っていたシーズン得点数の球団記録を更新。10月3日のシーズン最終戦で盗塁を試みるも失敗したが、これがもし成功すれば史上3人目となる「30-50」となっていた。首位打者は逃したが、49盗塁で盗塁王を獲得。打率.326・30本塁打・83打点・OPS.963と打撃でも大活躍した。11月12日に満票でアメリカンリーグの新人王に選出された。総合指標のWARでは1900年以降のア・リーグでは歴代13位、過去20年ではバリー・ボンズがとに記録した11.6に次いで3番目に高い10.7を記録(Baseball-Reference調べ)。この数値は三冠王のミゲル・カブレラを大きく上回っており、トラウトをMVPに推す声も多かった(仮に受賞ならフレッド・リン、イチロー以来の史上3人目の新人王とMVPの同時受賞となるところだった)。MVPの投票では1位票が6票、2位票が21票、3位票が1票に留まり、1位票を22票、2位票を6票獲得したカブレラに及ばず次点に終わった。セイバーメトリクスでの傑出度よりも三冠王のインパクトとプレーオフ進出の有無が影響したという見方が強い。マイク・トラウト フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示