前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示
  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たマイク・トラウト

    は、バーノン・ウェルズがエンゼルスに加入したため、アブレイユは主にDHを務めることになった。直近2年の打席数が1,100を超えたことで、の900万ドルの契約オプションが自動更新され、翌年の残留が決まった。しかし、年齢的な衰えやマイク・トラウトの台頭でチームの構想から外れ、トレード候補となった。オフにA.J.バーネットとの1対1のトレードでヤンキース復帰が決まりかけたが、バーネットが拒否権を行使したため不成立に終わった。その後も、クリーブランド・インディアンスとの間でルー・マーソンとのトレード交渉が進められたが、不成立となった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たケンドリス・モラレス

    は、ピーター・ボージャスのAAAからの昇進があり、シーズン途中からセンターを守っていたトリー・ハンターがライトを守り、アブレイユはレフトを守る事になった。シーズンでは154試合に出場したが、打率は自己最低の.255に終わった。友成那智は、主砲のケンドリス・モラレスが5月に離脱して以降、打順が2番から3番になり、長打狙いになったことが大きな原因だと分析している。一方で、OPSも自己最低に終わったことを理由に、衰えによる成績の低下を指摘する論調もある。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たゲイリー・シェフィールド

    2006年7月31日、トレード期限最終日にコリー・ライドルとともにトレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍。この時ヤンキースが出した交換要員は、遊撃手C.J.ヘンリー(2005年ドラフト1巡目。フィリーズ移籍、解雇後、ヤンキースに外野手として復帰もバスケットボールへ転向)、左腕投手マット・スミス、捕手ヘスス・サンチェス、右腕投手カルロス・モナステリオスの4人であり、「あまり戦力になりそうもない」と評された。このためフィラデルフィアの地元紙はこのトレードを批判したが、この後フィリーズは快進撃を遂げワイルドカード争いを演じた。一方、移籍したアブレイユもヤンキースの勝利に大きく貢献した。ヤンキースは松井秀喜やゲイリー・シェフィールドの故障離脱を乗り越え地区優勝を果たし、デトロイト・タイガースとのディビジョンシリーズで敗れたが、アブレイユは同シリーズで打率.333、チーム最多の4打点を記録。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たトリー・ハンター

    は、ピーター・ボージャスのAAAからの昇進があり、シーズン途中からセンターを守っていたトリー・ハンターがライトを守り、アブレイユはレフトを守る事になった。シーズンでは154試合に出場したが、打率は自己最低の.255に終わった。友成那智は、主砲のケンドリス・モラレスが5月に離脱して以降、打順が2番から3番になり、長打狙いになったことが大きな原因だと分析している。一方で、OPSも自己最低に終わったことを理由に、衰えによる成績の低下を指摘する論調もある。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見た松井秀喜

    2006年7月31日、トレード期限最終日にコリー・ライドルとともにトレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍。この時ヤンキースが出した交換要員は、遊撃手C.J.ヘンリー(2005年ドラフト1巡目。フィリーズ移籍、解雇後、ヤンキースに外野手として復帰もバスケットボールへ転向)、左腕投手マット・スミス、捕手ヘスス・サンチェス、右腕投手カルロス・モナステリオスの4人であり、「あまり戦力になりそうもない」と評された。このためフィラデルフィアの地元紙はこのトレードを批判したが、この後フィリーズは快進撃を遂げワイルドカード争いを演じた。一方、移籍したアブレイユもヤンキースの勝利に大きく貢献した。ヤンキースは松井秀喜やゲイリー・シェフィールドの故障離脱を乗り越え地区優勝を果たし、デトロイト・タイガースとのディビジョンシリーズで敗れたが、アブレイユは同シリーズで打率.333、チーム最多の4打点を記録。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たシルバースラッガー賞

    には全162試合に出場し、31本塁打・36盗塁で球団史上初めて30本塁打・30盗塁(30-30)を達成。シーズン終了後にFA権を取得するアブレイユに対し、フィリーズはから球団史上最高額となる5年総額6,400万ドル(6年目のオプションを含めると7,800万ドル)で契約延長。にはリーグ最多・球団史上70年ぶりの高水準となる50二塁打を記録した。、MLB公式サイト上のネット投票により「32番目の男」としてMLBオールスターゲームに初出場を果たす。シーズン通算では30本塁打・40盗塁で自身2度目の30-30を達成し、初めてシルバースラッガー賞を受賞した。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たフィラデルフィア・フィリーズ

    のエクスパンション・ドラフトで、アストロズは同じベネズエラ人リチャード・ヒダルゴをプロテクト・リストに載せるためにアブレイユをリストから外した。その結果アブレイユはタンパベイ・デビルレイズ(現タンパベイ・レイズ)に指名されたが、数時間後にケビン・ストッカーとの交換でフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した。その後、アブレイユは短期間でリーグの中でも有望な強打強肩の若手右翼手として台頭し、デビルレイズの短い歴史上最悪のトレードとなった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たコリー・ライドル

    2006年7月31日、トレード期限最終日にコリー・ライドルとともにトレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍。この時ヤンキースが出した交換要員は、遊撃手C.J.ヘンリー(2005年ドラフト1巡目。フィリーズ移籍、解雇後、ヤンキースに外野手として復帰もバスケットボールへ転向)、左腕投手マット・スミス、捕手ヘスス・サンチェス、右腕投手カルロス・モナステリオスの4人であり、「あまり戦力になりそうもない」と評された。このためフィラデルフィアの地元紙はこのトレードを批判したが、この後フィリーズは快進撃を遂げワイルドカード争いを演じた。一方、移籍したアブレイユもヤンキースの勝利に大きく貢献した。ヤンキースは松井秀喜やゲイリー・シェフィールドの故障離脱を乗り越え地区優勝を果たし、デトロイト・タイガースとのディビジョンシリーズで敗れたが、アブレイユは同シリーズで打率.333、チーム最多の4打点を記録。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たルー・マーソン

    は、バーノン・ウェルズがエンゼルスに加入したため、アブレイユは主にDHを務めることになった。直近2年の打席数が1,100を超えたことで、の900万ドルの契約オプションが自動更新され、翌年の残留が決まった。しかし、年齢的な衰えやマイク・トラウトの台頭でチームの構想から外れ、トレード候補となった。オフにA.J.バーネットとの1対1のトレードでヤンキース復帰が決まりかけたが、バーネットが拒否権を行使したため不成立に終わった。その後も、クリーブランド・インディアンスとの間でルー・マーソンとのトレード交渉が進められたが、不成立となった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たブラディミール・ゲレーロ

    シーズンでは当初やブラディミール・ゲレーロ不在時は3番、他は主に2番として出場し、エンゼルスの地区優勝に貢献した。シーズン終了後に2年1,900万ドルでエンゼルスと契約延長をした。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示