64件中 11 - 20件表示
  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たピーター・ボージャス

    は、ピーター・ボージャスのAAAからの昇進があり、シーズン途中からセンターを守っていたトリー・ハンターがライトを守り、アブレイユはレフトを守る事になった。シーズンでは154試合に出場したが、打率は自己最低の.255に終わった。友成那智は、主砲のケンドリス・モラレスが5月に離脱して以降、打順が2番から3番になり、長打狙いになったことが大きな原因だと分析している。一方で、OPSも自己最低に終わったことを理由に、衰えによる成績の低下を指摘する論調もある。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たフランク・トーマス

    アブレイユの最大の長所は選球眼で、1999年からフランク・トーマスのメジャー記録に並ぶ8年連続で100四球を記録している。また、並外れた長打力があるのにホームラン狙いのバッティングに陥らず、フライの打球よりもゴロになる打球の方が多い。出塁すると足で投手にプレッシャーをかけ、チャンスメーカーとしての機能も高い。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たリチャード・ヒダルゴ

    のエクスパンション・ドラフトで、アストロズは同じベネズエラ人リチャード・ヒダルゴをプロテクト・リストに載せるためにアブレイユをリストから外した。その結果アブレイユはタンパベイ・デビルレイズ(現タンパベイ・レイズ)に指名されたが、数時間後にケビン・ストッカーとの交換でフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した。その後、アブレイユは短期間でリーグの中でも有望な強打強肩の若手右翼手として台頭し、デビルレイズの短い歴史上最悪のトレードとなった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たA.J.バーネット

    は、バーノン・ウェルズがエンゼルスに加入したため、アブレイユは主にDHを務めることになった。直近2年の打席数が1,100を超えたことで、の900万ドルの契約オプションが自動更新され、翌年の残留が決まった。しかし、年齢的な衰えやマイク・トラウトの台頭でチームの構想から外れ、トレード候補となった。オフにA\.J\.バーネットとの1対1のトレードでヤンキース復帰が決まりかけたが、バーネットが拒否権を行使したため不成立に終わった。その後も、クリーブランド・インディアンスとの間でルー・マーソンとのトレード交渉が進められたが、不成立となった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たバーノン・ウェルズ (野球)

    は、バーノン・ウェルズがエンゼルスに加入したため、アブレイユは主にDHを務めることになった。直近2年の打席数が1,100を超えたことで、の900万ドルの契約オプションが自動更新され、翌年の残留が決まった。しかし、年齢的な衰えやマイク・トラウトの台頭でチームの構想から外れ、トレード候補となった。オフにA.J.バーネットとの1対1のトレードでヤンキース復帰が決まりかけたが、バーネットが拒否権を行使したため不成立に終わった。その後も、クリーブランド・インディアンスとの間でルー・マーソンとのトレード交渉が進められたが、不成立となった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    には全162試合に出場し、31本塁打・36盗塁で球団史上初めて30本塁打・30盗塁(30-30)を達成。シーズン終了後にFA権を取得するアブレイユに対し、フィリーズはから球団史上最高額となる5年総額6,400万ドル(6年目のオプションを含めると7,800万ドル)で契約延長。にはリーグ最多・球団史上70年ぶりの高水準となる50二塁打を記録した。、MLB公式サイト上のネット投票により「32番目の男」としてMLBオールスターゲームに初出場を果たす。シーズン通算では30本塁打・40盗塁で自身2度目の30-30を達成し、初めてシルバースラッガー賞を受賞した。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たロサンゼルス・ドジャース

    2012年5月4日、ロサンゼルス・ドジャースへの入団が決まった。8月1日に40人枠から外され、事実上の戦力外となった。獲得に乗り出す球団はなく、アブレイユがマイナー降格に同意したため、3Aアルバカーキ・アイソトープスでプレーすることとなった。9月2日に再び40人枠に入ってメジャーに復帰し、シーズン終了まで代打として起用された。オフの10月29日にFAとなった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たゴールドグラブ賞

    オールスターゲームに、ファン投票で253万票を得て外野手部門2位に入り、初めてファン投票による出場を果たす。試合前日に行われたホームランダービーでは、フィールドの形状が投手有利とされるコメリカ・パークを舞台にしながら1ラウンド24本・全ラウンド合計41本と2つの新記録を樹立して優勝した。また、同年のシーズン終了後には自身初のゴールドグラブ賞を受賞。しかしながら「強肩ではあるものの打球処理が未熟」「闘争心の不足」「時たま明らかに集中力を欠いたプレーをする」という批判も地元などから多く出ており、受賞に疑問を呈す声も少なくなかった。これについて地元フィラデルフィアの新聞記者は「ボビーのプレーはスムーズすぎて情熱が伝わりにくいため、ファンから誤解を受けていたのだろう」と説明している。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たクリーブランド・インディアンス

    は、バーノン・ウェルズがエンゼルスに加入したため、アブレイユは主にDHを務めることになった。直近2年の打席数が1,100を超えたことで、の900万ドルの契約オプションが自動更新され、翌年の残留が決まった。しかし、年齢的な衰えやマイク・トラウトの台頭でチームの構想から外れ、トレード候補となった。オフにA.J.バーネットとの1対1のトレードでヤンキース復帰が決まりかけたが、バーネットが拒否権を行使したため不成立に終わった。その後も、クリーブランド・インディアンスとの間でルー・マーソンとのトレード交渉が進められたが、不成立となった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たニューヨーク・メッツ

    1月21日にフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだが、3月27日に放出された。3月31日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ。AAA級ラスベガス・フィフティワンズで開幕を迎え、4月21日にメッツとメジャー契約を結んだ。昇格後は67試合に出場したが、1本塁打14打点1盗塁、打率.238と結果を残せず、8月5日にDFAとなった。8月10日にフリーエージェントとなったが、8月16日にメッツとマイナー契約し、9月に再度昇格した。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示