64件中 41 - 50件表示
  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たフィラデルフィア

    アブレイユはフィラデルフィアやデラウェア川流域において様々な地域活動に携わってきた。2001年にはアメリカ赤十字輸血キャンペーンの名誉チェアマンを務めた。また、2003年・2004年シーズンには「アブレイユのアミーゴ」プログラムを通じて金曜ナイターの試合に1万ドル分のチケットを購入し、子供たちを招待。練習着やクーポン、試合前の練習風景見学などを見学する機会を子供たちにプレゼントしていた。これらの活動が評価され、2004年にフィリーズ地域活動賞を受賞し、同年のロベルト・クレメンテ賞の式典にチーム代表として出席した。2008年には日本でサイン会などチャリティーイベントを行ったボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム

    2月12日、ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムと1年総額500万ドルで合意。機動力と長打力を組み合わせたエンゼルス野球に対し、アブレイユは「積極的に次の塁を狙っていく。こういう野球をやりたかった」としている。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たディビジョンシリーズ

    2006年7月31日、トレード期限最終日にコリー・ライドルとともにトレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍。この時ヤンキースが出した交換要員は、遊撃手C.J.ヘンリー(2005年ドラフト1巡目。フィリーズ移籍、解雇後、ヤンキースに外野手として復帰もバスケットボールへ転向)、左腕投手マット・スミス、捕手ヘスス・サンチェス、右腕投手カルロス・モナステリオスの4人であり、「あまり戦力になりそうもない」と評された。このためフィラデルフィアの地元紙はこのトレードを批判したが、この後フィリーズは快進撃を遂げワイルドカード争いを演じた。一方、移籍したアブレイユもヤンキースの勝利に大きく貢献した。ヤンキースは松井秀喜やゲイリー・シェフィールドの故障離脱を乗り越え地区優勝を果たし、デトロイト・タイガースとのディビジョンシリーズで敗れたが、アブレイユは同シリーズで打率.333、チーム最多の4打点を記録。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見た打率

    アストロズでは期待されながらも思うような成績を残せなかったアブレイユだったが、フィリーズ移籍後に才能が開花。短期間でリーグの中でも有望な強打強肩の若手右翼手として台頭した。初めてシーズンを通して出場したにはチームトップの打率.312を記録。続くに打率.335(リーグ3位)を記録したが、これはフィリーズの選手としてはにトニー・ゴンザレスが記録した.339以来の高打率だった。シーズン終了後、球団と3年総額1,425万ドルで契約延長した。球団が昨年提示したが合意に至らなかった4年総額850万ドルを上回る契約となった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たタンパベイ・レイズ

    のエクスパンション・ドラフトで、アストロズは同じベネズエラ人リチャード・ヒダルゴをプロテクト・リストに載せるためにアブレイユをリストから外した。その結果アブレイユはタンパベイ・デビルレイズ(現タンパベイ・レイズ)に指名されたが、数時間後にケビン・ストッカーとの交換でフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した。その後、アブレイユは短期間でリーグの中でも有望な強打強肩の若手右翼手として台頭し、デビルレイズの短い歴史上最悪のトレードとなった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たロベルト・クレメンテ賞

    アブレイユはフィラデルフィアやデラウェア川流域において様々な地域活動に携わってきた。2001年にはアメリカ赤十字輸血キャンペーンの名誉チェアマンを務めた。また、2003年・2004年シーズンには「アブレイユのアミーゴ」プログラムを通じて金曜ナイターの試合に1万ドル分のチケットを購入し、子供たちを招待。練習着やクーポン、試合前の練習風景見学などを見学する機会を子供たちにプレゼントしていた。これらの活動が評価され、2004年にフィリーズ地域活動賞を受賞し、同年のロベルト・クレメンテ賞の式典にチーム代表として出席した。2008年には日本でサイン会などチャリティーイベントを行ったボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見た選球眼

    アブレイユの最大の長所は選球眼で、1999年からフランク・トーマスのメジャー記録に並ぶ8年連続で100四球を記録している。また、並外れた長打力があるのにホームラン狙いのバッティングに陥らず、フライの打球よりもゴロになる打球の方が多い。出塁すると足で投手にプレッシャーをかけ、チャンスメーカーとしての機能も高い。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見た二塁打

    には全162試合に出場し、31本塁打・36盗塁で球団史上初めて30本塁打・30盗塁(30-30)を達成。シーズン終了後にFA権を取得するアブレイユに対し、フィリーズはから球団史上最高額となる5年総額6,400万ドル(6年目のオプションを含めると7,800万ドル)で契約延長。にはリーグ最多・球団史上70年ぶりの高水準となる50二塁打を記録した。、MLB公式サイト上のネット投票により「32番目の男」としてMLBオールスターゲームに初出場を果たす。シーズン通算では30本塁打・40盗塁で自身2度目の30-30を達成し、初めてシルバースラッガー賞を受賞した。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たエクスパンション・ドラフト

    エクスパンション・ドラフトで、アストロズは同じベネズエラ人リチャード・ヒダルゴをプロテクト・リストに載せるためにアブレイユをリストから外した。その結果アブレイユはタンパベイ・デビルレイズ(現タンパベイ・レイズ)に指名されたが、数時間後にケビン・ストッカーとの交換でフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した。その後、アブレイユは短期間でリーグの中でも有望な強打強肩の若手右翼手として台頭し、デビルレイズの短い歴史上最悪のトレードとなった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見た中堅手

    は、ピーター・ボージャスのAAAからの昇進があり、シーズン途中からセンターを守っていたトリー・ハンターがライトを守り、アブレイユはレフトを守る事になった。シーズンでは154試合に出場したが、打率は自己最低の.255に終わった。友成那智は、主砲のケンドリス・モラレスが5月に離脱して以降、打順が2番から3番になり、長打狙いになったことが大きな原因だと分析している。一方で、OPSも自己最低に終わったことを理由に、衰えによる成績の低下を指摘する論調もある。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示