64件中 51 - 60件表示
  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見た30-30クラブ

    には全162試合に出場し、31本塁打・36盗塁で球団史上初めて30本塁打・30盗塁(30-30)を達成。シーズン終了後にFA権を取得するアブレイユに対し、フィリーズはから球団史上最高額となる5年総額6,400万ドル(6年目のオプションを含めると7,800万ドル)で契約延長。にはリーグ最多・球団史上70年ぶりの高水準となる50二塁打を記録した。、MLB公式サイト上のネット投票により「32番目の男」としてMLBオールスターゲームに初出場を果たす。シーズン通算では30本塁打・40盗塁で自身2度目の30-30を達成し、初めてシルバースラッガー賞を受賞した。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たプロ野球選手

    ボブ・ケリー・アブレイユ(Bob Kelly Abreu, 1974年3月11日 - )は、ベネズエラ・アラグア州マラカイ出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見た韓国

    開幕前の3月に第2回WBCのベネズエラ代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした。ベスト4進出に貢献したが、準決勝の韓国戦では集中力を欠いた守備で大量点を与えるきっかけを作ってしまった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    開幕前の3月に第1回WBCのベネズエラ代表に選出された。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見た外野手

    ボブ・ケリー・アブレイユ(Bob Kelly Abreu, 1974年3月11日 - )は、ベネズエラ・アラグア州マラカイ出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たアルバカーキ・アイソトープス

    2012年5月4日、ロサンゼルス・ドジャースへの入団が決まった。8月1日に40人枠から外され、事実上の戦力外となった。獲得に乗り出す球団はなく、アブレイユがマイナー降格に同意したため、3Aアルバカーキ・アイソトープスでプレーすることとなった。9月2日に再び40人枠に入ってメジャーに復帰し、シーズン終了まで代打として起用された。オフの10月29日にFAとなった。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たコメリカ・パーク

    オールスターゲームに、ファン投票で253万票を得て外野手部門2位に入り、初めてファン投票による出場を果たす。試合前日に行われたホームランダービーでは、フィールドの形状が投手有利とされるコメリカ・パークを舞台にしながら1ラウンド24本・全ラウンド合計41本と2つの新記録を樹立して優勝した。また、同年のシーズン終了後には自身初のゴールドグラブ賞を受賞。しかしながら「強肩ではあるものの打球処理が未熟」「闘争心の不足」「時たま明らかに集中力を欠いたプレーをする」という批判も地元などから多く出ており、受賞に疑問を呈す声も少なくなかった。これについて地元フィラデルフィアの新聞記者は「ボビーのプレーはスムーズすぎて情熱が伝わりにくいため、ファンから誤解を受けていたのだろう」と説明している。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たアラグア州

    ボブ・ケリー・アブレイユ(Bob Kelly Abreu, 1974年3月11日 - )は、ベネズエラ・アラグア州マラカイ出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見た四球

    かつては「メジャーで最も過小評価されている選手」と呼ばれていた。MLB史上3人目の8年連続100四球・5年連続出塁率.400・4年連続100打点・3年連続30盗塁(打点以外はいずれもまで)といった記録を達成しており、それに加えてにシルバースラッガー賞を受賞している。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たデラウェア川

    アブレイユはフィラデルフィアやデラウェア川流域において様々な地域活動に携わってきた。2001年にはアメリカ赤十字輸血キャンペーンの名誉チェアマンを務めた。また、2003年・2004年シーズンには「アブレイユのアミーゴ」プログラムを通じて金曜ナイターの試合に1万ドル分のチケットを購入し、子供たちを招待。練習着やクーポン、試合前の練習風景見学などを見学する機会を子供たちにプレゼントしていた。これらの活動が評価され、2004年にフィリーズ地域活動賞を受賞し、同年のロベルト・クレメンテ賞の式典にチーム代表として出席した。2008年には日本でサイン会などチャリティーイベントを行ったボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

64件中 51 - 60件表示