102件中 41 - 50件表示
  • がっぱです。

    がっぱです。から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    番組開始前の番組宣伝のCMにはボビー・オロゴンが「がっぱって何だ?」と言っているものが放送されていた。がっぱです。 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ムウェテ・ムルアカ

    ジョン・ムウェテ・ムルアカから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    2006年1月25日に事務所との金銭トラブルからボビー・オロゴンが暴れたとされる事件では、ムルアカも現場に居合わせて、事務所の人間と共にボビーを取り押さえたと報道される。1月27日にボビーと共に和解会見を開き、ボビーの大暴れや年齢詐称疑惑について、「アフリカではよくあること」とフォローを入れた。K-1でムルアカとボビーが戦う可能性もあると谷川貞治プロデューサーが語り、一部雑誌や新聞で報道されていたが、実現しなかった。ジョン・ムウェテ・ムルアカ フレッシュアイペディアより)

  • ホイス・グレイシー

    ホイス・グレイシーから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    2004年3月、さんまのSUPERからくりTVの企画でボビー・オロゴンとスパーリングマッチ(3分3R)で対戦し、2Rに流血したものの腕ひしぎ十字固めで一本勝ち(同年4月4日放送)。ホイス・グレイシー フレッシュアイペディアより)

  • 三宅式こくごドリル

    三宅式こくごドリルから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    司会は三宅裕司。パートナーはタレントで格闘家のボビー・オロゴンだが、暴行事件の問題からか一時期出演を停止していたことがある。三宅式こくごドリル フレッシュアイペディアより)

  • 豪血寺一族

    豪血寺一族から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    基本的なシステムは前作と基本的に同じだが、版権の都合上、『レイジ・オブ・ザ・ドラゴンズ』からのキャラクターは全て削除された(あるステージの背景にそっくりなゲーム画面があるのはそのまま)。一方、「変身システム」が復活し、一部のキャラクターが再登場、さらにタレントのボビー・オロゴンが追加された。また、オンラインバトル対応、煩悩カードシステムなど、家庭版専用ならではの機能が追加された。豪血寺一族 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のスポーツ

    1966年のスポーツから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    4月8日 - ボビー・オロゴン(ナイジェリア、格闘家)1966年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ゴチャ・まぜっ!

    ゴチャ・まぜっ!から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴン(もっとも:2009年4月11日 - 現在)ゴチャ・まぜっ! フレッシュアイペディアより)

  • あらすじで楽しむ世界名作劇場

    あらすじで楽しむ世界名作劇場から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴン(放送前日のスペシャルのみ登場)あらすじで楽しむ世界名作劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 新春かくし芸大会

    新春かくし芸大会から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    再放送では特別チャレンジ演目に出演したボビー・オロゴンが所属事務所内で暴行事件を起こした事を受け、ボビーの出演部分をカットすると共に当時放送した3局の番組表ではボビーの名前などを省略した。新春かくし芸大会 フレッシュアイペディアより)

  • R&Aプロモーション

    R&Aプロモーションから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    過去にセイン・カミュやボビー・オロゴンが独立をめぐってトラブルになったことがある。セインとは訴訟に発展したが、2009年5月に和解が成立した。また、2006年ボビーとのトラブルが生じたが、和解が成立し、現在は芸能プロダクションのプラチカに所属している。2008年5月には元モーニング娘。の加護亜依が系列の「メインストリーム」に所属。R&Aプロモーション フレッシュアイペディアより)

102件中 41 - 50件表示

「ボビー・オロゴン」のニューストピックワード