102件中 51 - 60件表示
  • 小学生クラス対抗30人31脚

    小学生クラス対抗30人31脚から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    第3回以降から海外のチームを1チームないし2チームを招待し、2005年の第10回記念大会ではボビー・オロゴンが率いるナイジェリアのチームが出場、ボビーの父親が監督を務めた。2001年の第6回では中国のチームが海外招待チームとして初優勝を果たした。海外チームと対決して勝利した日本のチームがそのまま優勝することもあった。なお、2002年の第7回は海外招待チームの替わりに地方予選で敗れた学校の中から「作戦に創意工夫がある、30人31脚普及への貢献度、学校の統廃合」等を加味して3校が「特別推薦枠」として選ばれ、全国大会に出場した。小学生クラス対抗30人31脚 フレッシュアイペディアより)

  • 「ぷっ」すまの企画

    「ぷっ」すまの企画から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    お題として出題されるのは特撮・アニメキャラクターや企業などのマスコットキャラクター、芸能人や政治家といった有名人(ボビー・オロゴン、東国原英夫、福田康夫など)などである。「ぷっ」すまの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    2回目ではマリオ完全攻略に挑戦。ゲームオーバーの人は罰として辛いキノコ料理から1品食べる。途中から観客の手も借りながら進んでいったが、罰ゲームの強さが観客と自分とで強さが異なることにキレたボビー・オロゴンが暴走。配線を切ってしまったため強制終了となった。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアントキリング (テレビ番組)

    ジャイアントキリング (テレビ番組)から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    挑戦者:野村将希、アントキの猪木、パッション屋良、福島善成(ガリットチュウ)、ボビー・オロゴンジャイアントキリング (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • マリッジブルーこうもと

    マリッジブルーこうもとから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    物真似を披露することが多く、レパートリーには、江頭2:50、フットボールアワーの岩尾望、小島よしお、出川哲朗、ボビー・オロゴン、さまぁ〜ず(大竹一樹、三村マサカズ)、穴子さんとマスオさん(サザエさん)、中島君(サザエさん)、花輪君(ちびまる子ちゃん)、ピース綾部、平成ノブシコブシ吉村、高田延彦、高田純次、中尾彬、アニマル浜口、藤岡弘、、オードリー春日俊彰、オリエンタルラジオ藤森慎吾、古谷徹の越えのキャラクター、若本規夫の声のキャラクターなどがある。ブリッジとして、様々なアクションをつけながら「ハーイ、マリッジ!」「ハーイ、ネクスト!」と言うものがある。マリッジブルーこうもと フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤弘道

    佐藤弘道から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    フジテレビの『海筋肉王 〜バイキング〜』で、タレント・K-1ファイターのボビー・オロゴンとフジテレビアナウンサーの中村仁美と共に司会を務めた。佐藤弘道 フレッシュアイペディアより)

  • 今夜もドル箱

    今夜もドル箱から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    第40回 2007年1月25日 ゲスト ダチョウ倶楽部 対戦台 CRフィーバーボビーとダチョウ倶楽部の世界紀行(SANKYO)今夜もドル箱 フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしのお笑いウルトラクイズ

    ビートたけしのお笑いウルトラクイズから見たボビーオロゴンボビー・オロゴン

    第20回では、冷凍庫に閉じ込められ、長らくゲストの口演を聞いたうえで、ダジャレに挑戦し、面白くないとロウをかけられるという内容だった。このクイズで、ボビーオロゴンは面白いダジャレを言ったが、たけしに何回も挑戦させられる羽目に。それに怒ったボビーは「お前ロクな死にかたしねぇよ」とキレていた。ビートたけしのお笑いウルトラクイズ フレッシュアイペディアより)

  • 西山 茉希

    西山茉希から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    番組内でボビー・オロゴンのものまねを披露したら浜田雅功にかなり面白がってもらえた。次の出演で色々な人のものまねをやったがウケはいまいちで、浜田の指示によりボビーのものまねで笑いをとった。西山茉希 フレッシュアイペディアより)

  • ガレッジセール

    ガレッジセールから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    2009年8月28日のフジテレビ系『ライオンのごきげんよう』で、初制作の長編映画『南の島のフリムン』について解説した。映画シーン撮影秘話として、出演者ボビー・オロゴンの英語が、本人曰く「話せる…」そうなので実際に演技に入ると、相手に「汚い英語」と全く通じず、英会話スクールに通ってもらった旨の逸話を話した。ちなみに、“フリムン”は沖縄方言で、馬鹿(アホ)の意味だともコメントした。ガレッジセール フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「ボビー・オロゴン」のニューストピックワード